fc2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
残念なお知らせ
全国的な雪不足がスキー場にとって深刻な状況となっていますが、ここ木島平でも同じです。

昨日まではかろうじてコブ講習会を開催しておりましたが、本日降り続いている前線による雨により、コブ斜面がリセットされました。
スキー場関係者の話では明日以降、またコブ斜面の再生を試みるとのことですが、雪の層は極めて薄く、掘れすぎを防止するためピッチを短く造成するとのこと。

つきましては、当訓練所の本来の指導メソッドを発揮できないと判断し、明日以降の木島平スキー場で実施予定でしたコブ斜面攻略講座は中止といたします。

せっかくの機会をお申込みいただいていた皆さんの中には、「整地のレッスンでも木島平コブ滑走訓練所メソッドは生きるはずなので、それでもOK」とおっしゃる方もおいでですが、やはりそれは私の本望ではなく、今期の開催はいったん見合わせとすることとなりました。


3月10日からの地獄のコブ5DAYSにつきましては、野沢温泉やまびこゲレンデにて出張にて対応いたしますので予定通り開催といたします。

あと3部屋空きがありますので、よろしければこちらにエントリーいただければ幸いです。


よろしくお願いいたします。

2_20240221224933beb.jpg

【地獄の特訓5DAYS】
現在3名様のお申込みアリ。
引き続き募集中です。(残り3室)
お申込みはこちらから


====

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当訓練所主催の講習の5大特長

➡必見★当訓練所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト



今週末開催のビッグイベント
今日スキー場に行ったら、今週末24日開催のライブコンサートの会場設営中。

1_2024022015155126d.jpg

1_202402201535399ae.jpg

2_202402201535405f7.jpg


昨日の風と雨で、各ゲレンデは少しずつ土が露出し始めていますが。。。
2_2024022015155387c.jpg

ファミリーコースはまだ何とか。
3_20240220151555557.jpg


しかし、最下部のリフト乗り場アクセス部分は完全雪どけとなってしまったため、雪を盛っての「廊下」を作ってしのいでいます。
4_20240220151555bbb.jpg

予想以上に猛烈な勢いで雪解けが進んでいます。

今週末はいったん寒気が流れ込むとのことですが、果たしてどの程度のリカバリーがあるのか。


期待してましょう。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★スキーブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

【レギュラー講習会空き状況】*2月19日現在

2月21日(水)~23日(金) X
2月25日(日)~27日(火) X
2月28日(水)~3月1日(金) X
3月03日(日)~05日(火) x
3月06日(水)~08日(金) x


【地獄の特訓5DAYS】
現在3名様のお申込みアリ。
引き続き募集中です。(残り3室)
お申込みはこちらから


====

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当訓練所主催の講習の5大特長

➡必見★当訓練所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


目線は遠くに!は初心者にとっては百害あって一利なし
指導する人によって言うことがまちまちなのが実に悩ましいスキー業界。
いったい何が正しいのかよくわかりません。

私の手ほどきは、人の受け売りは全くありません。
自分の上達過程、そしてお客様を指導する中で発見する10年間で得てきたさまざまな気づきの蓄積により展開しているものです。

なので、誰が何といおうとこれだけは間違いない!

という理屈がたくさんあります。

コブでは全身力んで滑る
腕に渾身の力を込めて滑る
コブは上半身の誘導によって滑る


挙げればキリがないのですが、目線の移動についても確固たる「成功の元」が存在します。

それは


次の標的に目力を注入する


ということです。

コブ斜面における「標的」とは、スキーをズラス場所。そしてその結果たどり着くコブの底です。


大回りにおいても、目線の移動により、ターン弧が変化するのを実感したことがある人は多いと思います。
基本的に目線を合わせた場所に向かってスキーが運ばれていくのです。

なので、コブにおいても


次に削る場所を見る
コブの底を見る


この目線移動によって、的確なブレーキ、等速制御が可能となるものです。


削る場所を見れば、確実にそこにスキーが当たり、ズラス運動が行われます。
コブ底を見れば、そこを目指してスキーがズレていくので、無駄に早い切り替えをしてしまって暴走する失敗を防ぐことにもつながります。

最近の映像メディアを見漁っていますと、昔に比べると「目線は出来るだけ遠く!」の論調は鳴りを潜めた感があって実に好ましい限りですが、いまだにコブ指導でそんな根拠のないことを言う人がいますので、注意が必要です。

規則的に並んだモーグル競技のお椀コブではあるまいし、間隔や幅が微妙に異なるゲレンデのコブ斜面、無駄に遠くに目線を送っていたら、確実に足元をすくわれ危険な目に遭います。

コブは自らに襲い掛かる危険の連続。
それをストックと名付けられた武器を使い、モグラたたきゲームのごとく一つ一つ撃退しながら降りていくゲームなのですから。


1_20240213162247492.jpg


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★スキーブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

【レギュラー講習会空き状況】*2月19日現在

2月21日(水)~23日(金) X
2月25日(日)~27日(火) X
2月28日(水)~3月1日(金) X
3月03日(日)~05日(火) x
3月06日(水)~08日(金) x


【地獄の特訓5DAYS】
現在3名様のお申込みアリ。
引き続き募集中です。(残り3室)
お申込みはこちらから


====

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当訓練所主催の講習の5大特長

➡必見★当訓練所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声
融雪ススム木島平
ゲレンデクローズのニュースばかりが流れてくる昨今ですが、木島平はかろうじて生きながらえています。

19日現在、ベース部分の一部で土が露出し、スキー場ゲレンデから我が家までのアクセス路(スキー走行可能)が遮断されてしまい、途中からスキーを脱いで歩かなくてはならない状況になっています。
1_20240219212007d20.jpg


メインゲレンデの一部はやはり地肌が露出し、19日日中に吹き荒れた南風、そしてその夜から降り始めた雨のおかげで融雪が進みました。

気になるコブ斜面ですが、2レーンあるうちの手前の深く掘れたラインでは、65個あるうちの半分以上のコブ底に地肌の露出が見られます。
2_20240219212008045.jpg

3_20240219212010736.jpg

今週後半は再び寒波が押し寄せ、降雪の予報が出ていますが、果たしていつまで木島平でコブ講習会が可能なのか、先行きが怪しくなってきたところではあります。

現在企画中のこのプログラム。
1_20240219211722e3d.jpg


おそらく野沢温泉スキー場への出張通いとなる公算が大ですので、あらかじめご了承ください。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★スキーブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

【レギュラー講習会空き状況】*2月19日現在

2月21日(水)~23日(金) X
2月25日(日)~27日(火) X
2月28日(水)~3月1日(金) X
3月03日(日)~05日(火) x
3月06日(水)~08日(金) x


【地獄の特訓5DAYS】
現在3名様のお申込みアリ。
引き続き募集中です。(残り3室)
お申込みはこちらから


====

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当訓練所主催の講習の5大特長

➡必見★当訓練所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声



プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー