FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
人の足元を見てさじ加減を変えるのは如何なものか
3級はかなり甘い。2級も割と甘い。
シニアにはもっと甘い。

そんな定説が以前からささやかれていました。
真意のところはわかりませんが、今なおそれは当たらずとも遠からずでしょう。

検定であまり厳しくしてスキーをやめられてしまっては困る


そんな指導員さんの話も聞いたことがあります。

シニアの1級受験は、わりと甘めにつけると明言する指導員さんも存在するようです。


逆にプライズ検定の場合は、これでもか!!とばかりに落第点を連発します。

プライズを受けるような人ですから、筋金入りの基礎スキーマニアです。
どっぷりその世界に浸かっている人達は、簡単にスキーをやめたりはしません。

無駄に74を連発し射幸心を煽ります(^^)

落ちれば落ちるほどスクールに入り、受験を繰り返す、教育本部にとっては優良顧客ともいえます。


しかしですね。


人の足元を見て判断基準を厳しくしたり甘くしたりするのはどうかと思います。
誰しもが人間としてのプライドというものがあります。

たとえば、年寄扱いされて嬉しい人は多分存在しません。

あの人はシニアだからと、甘めに合格をもらって心底喜ぶ人がいるでしょうか?

ワタシがその立場なら、


君たちは俺を年寄りだからと馬鹿にしているのか?


とクレームを入れるかもしれません。(笑)


実際、メールでいろいろな相談をお受けすることがあります。

以前、シニアスキーヤー様からこんなお便りをいただいたことがあります。

====

2級を受けるために、スキースクールに入りました。個人レッスンも受けました。
イントラに「どうでしょうか?」と聞くと、「おそらく大丈夫」という返答。
しかし4年間で7回くらい挑戦しましたが合格しませんでした。
その教官が検定員で64点を付けているのですから(笑)。
この間「まぁ、いいんじゃないですか」とか言うばかりで具体的な指導内容はほとんど記憶に残ってません。

その後とあるスキー場で検定を受けたのですが、初めてイントラから
「その滑りでは古い」と言われ修正し、その次の検定でようやく合格しました。

中村様の言われる通りで、スキースクールでは見本を見せてこうやって見ろ
と言うだけ、今のは良かった・悪かった、もっと加重しろとか言いますが、
その加重の仕方がわからないからスクール入っている訳なのですが・・・。
質問しようにも次の人が滑って来る訳ですから時間ありません。

====

一言でいうなら「無責任」ということになりましょうか。

人の足元を見てさじ加減するのはやっぱりイケないことだと、私は断じてそう考えています。

1a1CIMG9971.jpg

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み

スポンサーサイト
【改訂版】2019年シーズン開催要綱 

2019シーズン開催要綱



コブは怖くない★初心者向けスペシャル

コブを見ただけで怖くなる。コブに入ってもすぐに弾かれる。練習の仕方さえわからない。そんな悩めるあなたにコブ滑走訓練所所長が愛の手を差し伸べます。
コブを滑るためには何はなくとも怖いという気持ちを取り除くことから始まります。
たった1日でコブがスイスイ滑れるというワケではありませんが、少なくとも「練習の仕方」は確実に体得いただけるものと確信しています。
●1月26日(土)~27日(日)
●2月16日(土)~17日(日)
●3月09日(土)~10日(日)


目指せ1級★コブでの連続ターン体得!

1級の大きな壁となる不整地小回り。1級の検定種目での必須種目となっているにもかからわらず誰もまともに教えてくれないと嘆き悩む貴方。
ワタクシコブ滑走訓練所長が、誰も語ろうとしない必須の策をみっちり伝授させていただきます。
世に出回るコブハウツーメディアにうんざりされている方、は是非だまされたと思っておいでください。
目から鱗、落としてさしあげましょう(^^)
●2月2日(土)~3日(日)
●2月23日(土)~24日(日)
●3月16日(土)~17日(日) *満員


ワタシは1級だ★クールにコブをキメよう

1級をもっているけれど、おまけで合格してしまった。準指導員だけれど不幸にもコブなし不整地に遭遇して合格してしまった。
そんな、若干負い目を抱えて日々スキーライフを送る、コブが今一つ得意になり切れない整地専門エキスパートスキーヤーに送るスペシャルです。
もう悩まない。どんどんコブに突っ込みたくなる2日間をお約束します。
●2月09日(土)~10日(日)
●3月02日(土)~03日(日)
●3月23日(土)~24日(日)



平日会期(3月27日まで開催)
月曜日~火曜日(毎週)
木曜日~金曜日(毎週)

*原則として木島平での開催ですが、雪不足等で会場が変更になる場合があります。
その場合は前もってお申し込み者様にご連絡を差し上げるとともに、参加料金の変更がありますことあらかじめご承知おきください。

遠征講習会


野沢温泉
●4月12日(土)~13日(日)
20,000円(1泊2食講習代金込み)
対象:コブ初心者限定

【日程】
4月13日(土)9:30 長阪ゴンドラ乗り場集合
4月14日(日)12:30 長阪ゴンドラ降り場解散 

月山
●5月28日(火)~30日(木)
25,000円(講習会代金のみ)
宿泊は各自「月山リゾートイン」をご予約ください。
対象:一応コブが出来る。でも連続ターンをするとすぐに加速してしまう方

【日程】
5月28日(火)10:00リゾートイン月山前集合
5月30日(木)12:30月山ペアリフト乗り場前解散


定員:各回6名さま

木島平会期の講習時間:
第一日10:00~12:00、13:45~15:45 *夜のビデオ講習会20:00~21:00
第二日09:30~12:30 講習後解散  
*当日ご到着の場合は8:00~8:30の間に当宿へお越しください
*動画ご希望の方は二日目終了後、コピーして差し上げます。メディアをお持ちください(SDまたはUSBメモリ)
最少催行人員:1名さま(遠征講習会は3名様)


【お申し込み方法】
参加ご希望の場合、メールにて下記をお知らせのうえ、代金(講習代+宿泊料)をお振込みの上お申し込みください。
お振込先は追ってお知らせいたします。
*お名前
*ご住所
*お電話番号
*参加希望期日、到着予定
*スキー歴
*こぶ滑走レベル(できるだけ詳細に)
*受講によって目指したいもの
送信先: miyukinoyh@nifty.com


【キャンセル料規定】
原則として1週間前までキャンセル料はかかりません。



木島平開催講習代金込み一泊二食付き料金

1.1名様でご参加の場合
16,000円(男女別相部屋)
17,500円(シングルルーム)


2.ふたり割(お友達orご夫婦でご参加の場合)*1名様当り
15,000円(男女別相部屋)
17,000円(ツインルーム)


3.リピート割(同一シーズン中2回目以降ご参加の場合)
14,000円(男女別相部屋)
16,500円(シングルルーム)


4.プライベート講習 平日限定にて開催
35,000円(1名様あたり)*リフト代込み
1名増えるごとに10,000円(1泊2食込み)
*最大4名様まで可能です。2名様分リフト券無料
おひとりで、お友達どうしで、ご家族同士で、水入らずの時間を提供させていただきます。



*ユースホステル会員の方は上記金額より1名様当り600円割引となります。

オプション

リフト券
2日券 大人(~49歳) 5,000円  シニア(50歳~) 4,000円
3月中旬以降は春スキーシーズン料金(後日ご案内)

前日泊
朝食付き 4900円(男女別相部屋)
二食付き 6200円( 同上 )
*シングル/ツインの場合1200円プラス
*ユースホステル会員は1泊あたり600円引き



*相部屋プランは前日遅着でのご利用はできません。


【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み

コブでリラックス、できます?たぶん多くの一般スキーヤーはそんなことしていません
あらゆる運動で共通して語られることの多い

リラックスしましょう


の常套句。

コブの滑走においてもそんなことが技術指南メディアで語られることが少なくありません。

しかし果たしてそうでしょうか?

私思うに違うと思います。

たとえば同じ1分間の連続滑走をしたとします。

整地の大回りで1分の連続運動をしたとしても、たぶん息が上がることはありません。
しかしコブでは、どんなに上手い人でもコブでの連続ターンを1分間やり続けたら、きっと息が絶え絶えになってしまいます。

スキーグラフィックの付録DVDで以前

全力コブ坂

なる連載がありました。

有名スキーヤーがコブの名物バーンを休むことなく連続ターンしている様子をただ追っているものなのですが、皆さんもれなく滑走後に疲れ果て、(多少演出もあるにせよ)横たわったり、立ちすくんだり、たいそうお疲れの様子です。

たとえ短時間であっても、力を入れ続けると、無酸素運動になり、結果運動終了後に極端に呼吸が荒くなります。

大相撲がいい例です。

わずか数十秒の取組後、激しい攻防戦を繰り広げた勝利者インタビューを見るともれなく力士たちはおお汗かき、呼吸が荒くなっています。

コブも同じです。

コブという地面からの波状攻撃を受けながら足の屈曲で一個一個クリアします。迫りくるコブの盛り上がりに対してストックを構え迎え撃ち、退治する如く力を入れながら、凸部を乗り越えていきます。

息が上がるのは、常に体の至る所に力がかかっている証拠でもあります。
無意識のうちに、力ずくで危険回避操作を行うのがコブ滑りだったりします。

ひょっとしたら一流のモーグラーはリラックスしている可能性がありますが、少なくとも一般スキーヤーはそんなことはなく、コブとの渾身の力をこめてコブと戦っています。

だったら最初から力入れて滑ってみましょう。

ストックを渾身の力を込めて握り、足を緊張させ、ストックはまるでXCスキーのそれと同じく、力を入れてコブを乗り越える「漕ぐ」操作。

きっと普段以上にブレーキがかかり、安心感を感じつつターンすることが出来るはずです。

コブは力んでナンボ。

一般人にとって危険回避操作でもあるコブ滑りには、一定以上のパワーが必要なのです。


昨日ライン付けした3列目のコブが本日ほぼ完成の域に達しました。
4.5m間隔「基礎スキーコブ」です。

全長200mの斜面にモーグルコブが2列、約50ターン、基礎コブが1列約40ターン分。
面白いですよ~(^^)



【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み




プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー