FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
長野県はリンゴの王様「サンふじ」の収穫真っ最中!
紅葉がほぼ終わり、周囲は「サンフジ」の季節です。

毎年「つがる」にはじまり、秋映、シナノスイートと出回る品種が移り変わり最後に「サンフジ」でフィナーレを迎えます。

云わずと知れたリンゴの一種ですが、数あるリンゴの中で、この品種だけは特別です。

保存の仕方によって来春以降も日持ちするという品種特性もあり、生産量は断トツNo.1.
しかし、何よりも味、香り、食感の良さは他の新種の追随を許しません。

毎年この時期になると県内のあちこちで

ふじまつり

なるイベントが開かれ、共撰所には多くの買い物客でにぎわいます。
「つがるまつり」や「秋映まつり」など存在しませんが、ふじだけはその単一品種だけでまつりが開かれるという、つまりそれだけ特需があるのがサンフジなのです。


かくある私、あらゆる果物の中でサンフジが一番好物です。
いつもこの時期になると食べ比べをします。

実は産地や作り手によって味が全く違うのがサンフジ。

「サン」とは、無袋状態で、圃場の地面にアルミシートを張り巡らし、四方八方から太陽光を照射して熟度を高めた品種を指しますが、実はふじにもいくつかの種類があります。

まず大きく分けて2種あります。

果実表面に縞の入った「縞ふじ」
CIMG9408.jpg

濃い赤の「ベタふじ」です。
CIMG9407.jpg

さらに、ベタふじの中でも、青森のフジを見たことのある方ならお気づきでしょうが、青森産のふじは、非常に赤味が強いのが特徴です。
信州では見かけない、まるで秋映と見まがうような濃い赤をしています。

実はこれ、農家さんの間では「着色重視品種」などとも呼ばれているようです。

理由はこうです。

青森は長野よりも積雪が早く、収穫時期はおしなべて長野県よりも早いです。

中野あたりの農家さんは、熟度を増すためにが12月になるまで収穫を待つケースもありますが、青森では11月初旬には収穫のピークを迎えます。

つまり、樹上に実っている期間が信州よりもおしなべて短いのです。
そのために、見栄えをよくするためにあえて着色が早く進む青森仕様の品種が主体となっているようです。

こうした情報はネットを調べてもなかなか出てこないのですが、農家さんがそう言うのですから、間違いありません。


ではどこのサンフジが一番オイシイのか?

実はこれは食べてみなくては判りません。
まず完熟度合いが重要です。

縞ふじの場合は、縞々の間の色の薄い部分が「オレンジ色」であれば、超完熟のしるしです。
ベタふじの場合は、もちろん色が真っ赤であること。

専門家いわく、どちらも味は変わらないというのですが、確率的には「縞ふじ」に「大当たり!」が多く含まれているという私なりの経験値です。

また、有名ブランドの産地のものが一番オイシイかといえばそうともいえません。

実際食べてみて比べたのでそれは間違いがありません。

今から10年以上前、りんごの食べ比べイベントをやったことがあります。

1.「志賀高原」のシールが張られた1個350円のもの
2.木島平村柳久保産のもの (一個120円)
3.中野の直売所でかったもの (1個100円)

この時は木島平産が一番オイシイとの評価でした。


3年前、諏訪地区の直売所で、1個500円の安曇野産(三郷)のリンゴを買って食べたことがあります。
もちろん美味しいのですが、あの当時常食していた中野市竹原の山本園さんのりんごには敵わないと感じました。

産地や作り手によってよって味が異なり、まるで福引を引き当てるような面白さがあるのがサンフジ。
本当の完熟モノに当たると、口内を突き刺すような甘さ、梨のごとくあふれる果汁、そしてシードルを飲んでいるようなわずかな微炭酸を感じます。

そんな究極のサンフジを求める面白さ。
コブ滑走スキー指導と同様、凝り性な私にとってまたとない果物と言えます(^^)

とはいえ、美味しい個体の基本的見分け方を知らなくては話になりません。
ただ赤いというのではなく。。。。。

中玉くらい
ざらついている
裏の中心部が少し裂けている

そうした基準で選んで買ってみたのがこれ。
46447661_1198664343605217_7635750582912811008_n.jpg

46500940_1198664366938548_115314949865078784_n.jpg

46441701_1198664400271878_7169369752211554304_n_20181119133911078.jpg

「シードル感」はありませんでしたが、おおむね80点位の及第点を引き当てました(!)

どうぞ参考になさってみてください。

週末土曜日におけるシングルルームの空きは1月、2月中はすでに満室となりました。
ドミトリ(男女別相部屋)であればまだ空きがございます(1月5日、6日のコースは満席)

➡2019冬シーズン早割★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓↓↓↓↓↓ 気になるただいまの順位は??
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



別館ログハウス楽天トラベルにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg


スポンサーサイト
朝ドラでにわかに人気の五平餅ですが
朝ドラで何かと話題の五平餅。


岐阜や木曽の観光地では必ず見かける観光客向けのファストフードといってもよいかと思います。

しかし私にとっては、あまりに乱立しているので、これまで自分の意志で買って食べるなどということはほとんどありませんでした。
おやきと同じで、食べるまでもなく「推して知るべし味」の先入観が購買欲を失わせてしまっていたというのが正直なところでしょう。

どうせ甘い味噌の味しかしない

しかし今から4年前、そうした既成概念を覆されるお店に出会いました。
それは木曽の寝覚ノ床入り口の国道沿いに建つ、私と同じ名前の店。




注文したのは珈琲&五平餅セット

そして5分後運ばれてきたのがこれ。




これで600円とはなかなか良心的です。

さっそく一本。

美味しい

本当に美味しいと思いました。

美味しいと二回繰り返すということは、本心から美味しいと感じた証拠とお考えください(笑)。

もちろん味噌がベースになっていますが、そこに黒ゴマの風味と絶妙の甘さが絡み合い、口いっぱいに広がります。
もちろん餅の食感も抜群。

五平餅がこんなに美味しいものだったとは知りませんでした。
他のお店がどうかは知る由もないのですが、少なくとも中村さんの五平餅は間違いなく美味しいです。

うるち米の餅に甘い味噌だれというありきたりの材料ゆえに、本当に美味しいと思わせるには、かなりの工夫が必要だと思うのですが、究極の味を完成させるのに、相当な試行錯誤があったと察せれます。

美味しさのあまり、家に5本土産に買って帰りました。
美味しくなきゃ土産に買ったりしませんものね~。

木曽にお越しの際はぜひお立ち寄りを。



【業務連絡】
1月5日からの第一回会期は満員となりました。

➡2019冬シーズン早割★申し込み受付中

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

★スキーブログランキングに参加中★
↓↓↓↓↓↓ 気になるただいまの順位は??
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー