【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
2017年のはじまりは、わたしのスキー事始め。
あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

昨日はようやく初滑り。

ホームゲレンデ木島平のコブ練習会場の下見に出かけました。

今年はコブ斜面をカバーするペアリフトが休止されました関係で、新たに連絡通路が設けられました。

その現場のコースを初進入。動画でご紹介いたします。



★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声



スポンサーサイト
イントラの皆さん、正しい敬語を使っていますか?
今日はちょっと趣向を変えて、言葉遣いについて語らせてください。

イントラの皆さんは、正しい敬語使っていますか?
最近はシニア層も非常に多いですから、昔のように若者ばかりを相手にしている訳でもなく、特別ワタシは言葉遣いには気をつけています。

指導させていただきます

もしくは

指導申し上げます

とも言わなくもありませんが、「指導」という高圧的な表現は話し言葉としてはあまりふさわしくないと思っているので、もっぱら

お供させていただきます

乃至

お供いたします

と現場では表現することが多いです。

そこで

上の表現について

~させていただきます

は誰でも使う比較的簡単な敬語表現として定着しています。

しかし

致します

を使う人はそんなに多くない気がするのですが、気のせいでしょうか?

今に限った話ではありませんが、最近は特に間違った敬語が非常に耳障りに思うことがあります。

以前東京都議の野次問題で、当該の議員が

貴方は結婚しているのか?

の公開質問に対し

結婚させていただいております

と返答しましたが、あれには猛烈な違和感を覚えました。
配偶者の親族に対してならまだしも、本人と無関係な大衆に向かって発する表現ではありません。

袋のネズミ状態に陥って逃げ場を失い、とりあえず、限界まで遜らねばという切羽詰まった心理がそういう言葉を使わせたのでしょう。
しかし、それを言うなら

結婚いたしております

と発するべきでした。

若い人が良く使うまちがった「させていただきます言葉」も挙げればキリがありません。

見させていただきます。
やらさせていただきます。
行かさせていただきます。

みんな間違い。でも多くの人が使っているので、気にならない人も多いようです。

しかし正しくは

見せていただきます。
やらせていただきます。
行かせていただきます。

過剰な謙譲表現を「させていただきます」で代用した結果、かえっておかしな表現になりがちです。
何でもかんでも「させていだきます」は改めるべきでしょう。

デモの後ろを滑らせていただいた

この表現、いいのか悪いのか(^_^)

皆さんも気をつけましょうネ。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク