FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
人の足元を見て判断するのは如何なものかと
3級はかなり甘い。2級も割と甘い。
シニアにはもっと甘い。

そんな定説が以前からささやかれていました。
真意のところはわかりませんが、今なおそれは当たらずとも遠からずでしょう。

検定であまり厳しくしてスキーをやめられてしまっては困る


そんな指導員さんの話も聞いたことがあります。

シニアの1級受験はわりと甘めにつけると明言する指導員さんも存在するようです。

逆にプライズ検定の場合は、これでもか!!とばかりに落第点を連発します。

プライズを受けるような人ですから、筋金入りの基礎スキーマニアです。
どっぷりその世界に浸かっている人達ですから、簡単にスキーをやめたりはしません。

落ちれば落ちるほどスクールに入り、受験を繰り返す、教育本部にとっては優良顧客ともいえます。


しかしですね。


人の足元を見て判断基準を厳しくしたり甘くしたりするのはどうかと思います。
誰しもが人間としてのプライドというものがありますし、年寄扱いされて嬉しい人は多分存在しません。

甘めに合格をもらって心底喜ぶ人がいるでしょうか?

ワタシがその立場なら、

君たちは俺を年寄りだからと馬鹿にしているのか?

とクレームを入れるかもしれません。


実際、メールでいろいろな相談をお受けすることがあります。

以前、シニアスキーヤー様からこんなお便りをいただいたことがあります。

====

2級を受けるために、スキースクールに入りました。個人レッスンも受けました。
イントラに「どうでしょうか?」と聞くと、「おそらく大丈夫」という返答。
しかし4年間で7回くらい挑戦しましたが合格しませんでした。
その教官が検定員で64点を付けているのですから(笑)。
この間「まぁ、いいんじゃないですか」とか言うばかりで具体的な指導内容はほとんど記憶に残ってません。

その後とあるスキー場で検定を受けたのですが、初めてイントラから
「その滑りでは古い」と言われ修正し、その次の検定でようやく合格しました。

中村様の言われる通りで、スキースクールでは見本を見せてこうやって見ろ
と言うだけ、今のは良かった・悪かった、もっと加重しろとか言いますが、
その加重の仕方がわからないからスクール入っている訳なのですが・・・。
質問しようにも次の人が滑って来る訳ですから時間ありません。

====

一言でいうなら「無責任」ということになりましょうか。

人の足元を見てさじ加減するのはやっぱりイケないことだと、私は断じてそう考えています。

1a1CIMG9971.jpg

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み

スポンサーサイト
イントラも実はライバル心メラメラ(^^)
今から6-7前は木島平スキー場の非常勤インストラクターとして頻繁にお世話になっていました。
調布市の中学生団体の指導員として、スキーがはじめてという子供たちを相手に四苦八苦していたことを思い出します。

常勤の百戦錬磨な人もいれば、私のように非常勤の人も、そして垣根を超えてSIAの指導員さん達も総出で団体をサポートしていました。

生徒にとっては皆同じレベルの指導員として映りますが、当然のことながら指導スキルは千差万別です。

基礎スキーヤー同士での妬みやっかみ、ライバル心は言うまでもなく、実は指導員同士でも密かな視線バトルが繰り広げられています。

スキーが全くはじめての子供たちをいか早く自由にターンが出来るようにさせられるか、実は互いに気にしていたりします。
まだまだブレーキ操作が不自由なこどもたちを中斜面に連れて行って、もがき苦しむ子供の群れを横目に


あんな所に連れて行っちゃだめっしょ~誰だ?あのイントラは~


的な視線が注がれ、その担当のイントラは少なからず屈辱めいた感覚を覚えるものなのです。


木島平のコブ斜面においても、2月中旬以降になると、週末になれば拙者のみならず、何組ものコブレッスングループが出没します。
当然、ライバル心に火がつきます。(^^)


とあるグループのコブが上手くいかないスキーヤー(レッスン生)に対し



君がすぐに外に弾かれてしまうのはスキーが下に向けられていないからだよ



などという先生のもっともらしいコメントが聞かれたりします。
生徒さんは黙ってフムフム聞いています。


心の中で私はつぶやきます。


どうやったら下を向けられるのか、教えてあげたほうがいいのではないですかネ。先生(^^)


そんな例は枚挙に暇がありません。

私はコブが苦手で困り果てるスキーヤーを専門にお供し、独自のハウツーを研究開発してきたてきたスペシャリストとしての自負があります。
加えてものごとを伝えるという話術にもそれなりの自信を持っています。
初心者向けコブ専門指導者という分野においては、おそらく普通の公認インストラクターには負けません。


でも、周囲の講習風景が気にならないかといえばやはりそれは嘘になってしまいます。


来週末、木島平スキー場が主催するビッグイベントが開かれます。

1a21a1CIMG024323_20190119194608ebb.jpg

参加資格が「ゆっくりでもコブが通しで滑れる人」というのがかなり気になります。
指導する者の視点からすると、コブ初心者はNGという風にもとらえられ、かなりハイレベルな人たちが集うのではないかと察せられます。

いずれにせよ来週末は


野田鉄平氏 VS 木島平コブ滑走訓練所所長


の様子が木島平スキー場ダウンヒルコースで展開されることになります。

野田氏は私のことなど眼中にないのでしょうが、私はちょっとライバル心燃やしています(笑)


なお、当訓練所の講習会は現在3名様のご参集です。
部屋が満室となっていますので、通いでの受講も承ります。

野田氏の講習を横目に見ながら当訓練所のスペシャルメソッドをどうぞ体感しにおいでください。


本日、左の3.5Mピッチコブレーンに加え、4.5Mピッチバンクコブの造成が始まりました。
ますます練習環境が良くなる木島平コブコースです。
50343465_1225544834261558_4443280561204625408_n.jpg

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み


プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー