FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
上達しないのは他人のせい?
先日お馴染み様とスキー談議に花が咲きました。
楽しいですよね。

その方いわく

スキーほど上達しないのを他人のせいにしたがるスポーツも珍しい

なるほど。
フムフム。
その通り。

非常に共感してしまいました(^^)


これって、日本のスキー業界ならではの根深いものが根源にあるような気がします。

まず、スキーほど上達を狙ってのスクール依存の強いレジャースポーツは存在しません。

日帰りテニススクールなどというものはあまり見たことがありません。
登山ガイドは登山テクニックを学ぶものではなく、同行ガイドです。
マラソンは流行っていますが「マラソンスクール」などもあまり一般的ではありません。
スイミングスクールは沢山ありますが、単発のレッスンなど聞いたことがありません。

スキーは長い歴史の中で「スクールに入ってこそ上達するもの」という固定観念が存在しています。
確かにスキーという道具を扱うには相当複雑な要素が絡み合いますので、ある程度は習うことも必要です。

ですが、一定のレベルに達すると少々習ったくらいでは簡単に上達はしません。
例えば、「プライズ対策レッスン」などと銘打っている特別コースであっても、結局は一個人の内面に深く立ち入り、出来ない原因にメスを入れ、正しく導く方法を知っている人など、実はほとんど存在しないと私は考えています。
数々の同類DVDを見ていると、それを強く感じるところでもあります。

スピードをアップしたらプライズに近づくのか?
身振り手振りを修正すればテクニカルに近づくのか?

そんな簡単なものではありません。

さらに、スキー界が長らく培ってきた封建主義、階級主義が上下の意思疎通を膠着させてしまったことも無視できません。
スキーレッスンは大抵イントラからの一方通行です。理解できている否かの確認作業のないまま淡々と進行していくことがほとんどです。
話がうまく、指導が得意な人に当たれば満足度は高いのですが、逆の場合も多々あります。
多くの指導者は見本を見せるのは得意ですが、指導技能の研鑽が不足している場合が少なくないので、そうした場合は「ハズレ」となる可能性が大です。

でも、イントラに逆らえない雰囲気が何故か周囲を支配していて、結局沈黙を保って時間終了。
俺が上手くならなかったのはあのイントラのせいだ。と結論付けてしまうのです。

さらに、イントラによって言うことがまちまちなのが諸悪の根源だったりします。

ゴルフ業界は指導方法の統一が図られていると云います。
しかしスキーは違います。

教程は存在しますが、それは絶対的なものではなく、あくまで「推奨」なのだそうです。

それゆえに、自分の感覚に合わないセオリーを主張するイントラに当たるとこれまた不平が続出することになります。


さらに

何度検定を受けても合格しないのはイントラのせいなのか?

それも一理あるかもしれません。

どうやったら合格するのか、指針が誤っている。もしくは無駄に遠回りを強いられている。
そう考えるならば、教える側に責任があるとも言えます。

しかし根本はそうではありません。 十分な練習を積むことなく、準備を整えず受験を繰り返す人に一番責任があります。

無駄に「74」とか「69」をちらつかせ、「惜しい!」と思わせぶりなスコアリングが与えられる検定システムもまたどうかしていますが、結局は

自ら考え、正しい判断を下すことが出来なくなっている

そんな事実を個々人がもう少し冷静に考えるべきではないかと思います。



ちょっと深い話になりましたが、スキー、ことに基礎スキーを話題にするときは「バトル」にならないよう気を配ることがくれぐれも重要です。

宗教と同じで、相手を論破しようなどと思っては絶対にイケマセン。
さもないと本当の喧嘩に発展しかねませんので。(^^)


というワケで、明日が木島平講習会の最終会。
安全第一で、熱血指導してまいりますよ~。

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019春シーズン受付中
➡2020冬シーズン★先行受付は4/1に開始
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み

スポンサーサイト
グループレッスン受講心得/指導者心得
プライベートレッスンは自分で講師を独占できるメリットがありますが、グループレッスンにはまた別のメリットがあります。

常にひとさまの滑りを見る機会があるということです。

同じ受講生の中にも上手な人が必ず存在します。
手本を示すひとは講師だけでなく、受講生の中にも存在する可能性が高いのです。

たとえば、コブの中においてストックの使い方の上手な人の滑りは明らかに「コントロール」された滑りを実践できます。

1.構え方
2.突く方向
3.突く場所
4.突くタイミング
5.突く力



ストックを突き刺すという運動だけでも、これだけの要素に分類できます。

あのひと、上手だな。何故上手なのかな?
そんな観察をしつつ、自分の滑りと比較し、修正を加える作業をレッスン中に行うことが可能です。

上手くない人と上手い人。当然講師のアドバイスの仕方も違います。
現場のイントラは、上手い人には上手いとはっきり口にするでしょう。
今一つな人に対しては(多少の表現は変えるにしても「NG」を出すでしょう。

同じ運動を行うにしても、自分と他人との比較がイントラのコメントからも伝わってきます。

講習中は常に人の滑りを凝視し、そしてその滑りに対するイントラのコメントに耳を傾けるべきです。

さらに

分からないことはわからないと、質問する勇気を持つべきです。

誰かが質問したことは、必ず周囲の人にとっても有益な質問なはずです。
それを

「あいつ、イチイチ遮るなよ」

などと言ってはイケマセン。

いや、担当指導者はそう言わせない雰囲気を作るべきです。

ダンマリを決め込まれ、あとになって


あのイントラ、ワケわからんことばかり言いよった


そんな陰口をたたかれるのは多分誰だっていやなはず。


質問攻撃を受ける機会を増やせば指導力の強化にもつながります。
受講生、指導者双方にとってWINWINの関係になれるのです。


難しい言葉を使って、煙に巻くなどということだけは絶対にあってはならないのです。
普段何気なく使っている用語が実は内輪にしか通用しない専門用語がかなり多く含まれていることを肝に銘じるべきでしょう。

角を立てる  → スキーを傾けエッジを突き刺す
ズラス → 雪を削る
スピードコントロール → ブレーキを掛ける
ローテーション → 上半身が回りすぎて横を向いてしまう
外向傾 → 五木ひろしのポーズ
正対 → スキーと体の向きが同じ方向を向く
フォールライン → 真下
トップ → スキーの前半分
トップを止める → スキーを前に向かって走らせない

世のスキー指導者の皆さん、くれぐれも気を付けましょう。


【最新予約状況】


3月23日(土)~24日(日) 5名様 残席1
3月25日(月)~26日(火) 0名様 *木島平開催最終回

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント


➡2019春シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声




プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー