FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
最も劇的に化けるスキーヤーの典型です【増補版】
どんな人が対象なのか?
というお問い合わせを頂くことも多いのですが、基本的に整地の小回りが出来る人ならば誰でもOKです。

1級以上の人でプライズを目指しているという方はもちろん、準指導員、指導員さんも歓迎です。

1級ごときが上の肩書スキーヤーに教えるとは何事か!?

と目くじら立てる権威主義に染まったスキーヤーさんはご立腹かもしれませんが、全く問題ありません。

コブが苦手で困る指導員さんも沢山おいでですし、私の教えは普通のスキースクールでは語られないことばかりですので、おそらくどんな方が聞いても、とても新鮮に映るレッスンであることは間違いないのです。

非の打ちどころのない完ぺきな手本を見せることで満足するインストラクターとは異なり、コブ滑走の原理原則を平易なことばと体験に基づき段階を追ってステップアップを図る木島平コブ滑走訓練所です。

昨日から本日(12日)のスキーヤーさん Oさま。
連休最終日スタートの平日の会にお申込みいただきました。

ビフォー

なかなか切れ味あるショートターン
でも、スキーを横に向けないSAJ推奨の暴走系小回りです。
斜度が急になると確実に速度超過に陥る典型でもあります。

ストックワークもかなり粗削りです。手の施し甲斐のあるスキーヤーさんです。(^^)

まずはお手並み拝見

完全なコブ不能スキーヤーさんです。

最初に1回転の練習からスタート。これを何度もなんども繰り返します。
テールを振ってコブの中の馬の背を削る運動の正確度をひたすら上げるべく訓練します。


正確性が認められれば、いよいよ連続ターン。
世のコブハウツーメディアには、この「ターンの仕方」について触れられているものが極端に少なく、コブ不能スキーヤーさんが壁にぶち当たるところでもあります。

1.ストックを突き回転始動
2.テールを振りつつ
3.反対の手をすかさず前方に構え
4.雪を削りブレーキを掛け
5.両スキーが揃った状態で着地
6.その瞬間前方に構えたストックを出来るだけ前方に突き刺す
7.重心が前に移動しつつ
8.上り坂を登りながら
9.次のターンへ向かう

その手順を叩き込み初の連続ターンに挑戦しました

できました。

上手くいけば3回転


最後の一本は5回転に挑戦し、みごと成功

削る動きがまだまだ甘いのですが、とりあえずは腕を前に運び、弱いながらも前方にストックが当たっているので、ターン始動の原動力として生きています。

削る動きをもう少し正確に行うために、整地ではこのような訓練も同時並行的に行います。

でも、やっぱりコブ滑りの練習はコブでしかできません。

そして今日。
コブが新雪に埋もれましたが、1時間かけて掘り出しまして、10:30から本格トレーニング開始。

昨日に比べて柔らかい雪で、難易度がさがりました。チャンスです。
みるみる上達しまして、11時過ぎにはこの通り。


12時15分頃、かなり掘れてきた状況下で最終チャレンジ。


自分ですすんで練習ができるようになれば、私の役目はひとまず終了。
お役に立てて光栄です。

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み

スポンサーサイト
小回りが大事だと云ってどんなに整地でその練習を繰り返してもコブには直結しないのが現実
今日は2名さまにお供してまいりました。

検定などは受けたことはないものの、これまでコブの滑り方を称する講習会には参加されたことがるとのことです。

どんなことを習いましたか?

とお尋ねしたところ、整地での小回り練習をやりましたとの由。

たしかにそれは必要です。
もちろんウチでもやります。

しかし、デモンストレータを筆頭に、各種研修会で語られる小回りは、SAJ小回りであって、不整地(溝コブ)に対応できる滑りではありません。
昔ながらのテールを振りまくる超小回(ウェーデルン)りが出来ないことにはハナシにならないのですから。

しかもどんなに整地でそれを練習したところで、究極の制限滑降である溝コブ小回りにはなかなか対応することはできません。

整地で出来ないことはコブでもできない


とはよく言いますが、


整地で出来てもコブでできるとは限らない

ということも同時に肝に銘じておくべきです。

あくまで、コブのテクニックは全てに制限のかけられたコブ斜面でしか身に付かないと私は常日頃から思っています。

本日の2名様のビフォー映像

その1

足を強引に持ち上げ振り回す挙動が目立ちます。

その2

地形に沿ってとりあえず突っ込んではみたものの、ブレーキの掛け方がわからず、即コースアウト。
整地での小回りはできても、コブは完全不能です。

ちなみにこちらの方の整地滑りはこんな感じです。

決して悪くはありません。


アフター映像

その1


その2


コブ滑走訓練所のメソッドを体験すれば、これくらいの大化けは日常茶飯事です。
ご本人はたいそう驚いていらっしゃいましたが、それは単にコブの滑り方、ことにコブでのターンの仕方について誰も明快に教えてくれなかったからに他なりません。

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み


プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー