【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックワークが遅れると後傾き→発射につながります
先週末は6名様のご参加でした。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

今季最もお上手な方々がお集まりでした。
自己流でそれなりにコブが滑れる方ばかりです。

しかし、コブを支配するということを鑑みるならば、より強い

プレッシャーコントロール

が必要です。

要するに常に摩擦&除雪抵抗を発生し続け、コブにもてあそばれないための滑りを目指さなくてはなりません。

そのためには、口酸っぱく申し上げているストックワークが重要です。

まずはCさまビフォー。


よくある腕を回しながらストックを突く手法。これですと、微妙にストックを突くタイミングが遅れます。


アフター

より瞬間的に顔の前にストックを構えるために

マイク!!

と言葉を発しながら瞬時の腕の構えを意識していただきました。

かなり気持ちよくターンできるようになりました。

ほんのわずかの差ですが、その差こそがコブでの滑走感の向上をもたらしてくれるものです。

お疲れさまでした!

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト
「バンク滑りの練習なら遠慮したい」と申し出られるケース
世のコブレッスンによくあるパターン。

第一段階
横ズラシ

第二段階
バンク滑り、ズルドン

それぞれがあまりリンクしているとは言い難く、受講生の方の欲求不満も少なくはないのではないでしょうか?

特に、コブ初心者へのバンク滑りに関しては、どちらかというとコブを避けて遠回りしながらの小回り運動であることが多く、滑らされる人にとっては、残念ながらコブを攻めたという充実感に乏しいともいえます。

実際、

バンク滑りの練習がメインなら遠慮したいが。。。

という方々が、意外と少なくありません。

レッスンを受ける人の願いはやはり「コブを征服した」という充足感でしょう。

バンク滑りでコブをクリアしたとしても、なんだか狐につままれたような、はたまた猫だましに遭ったかのような感覚に陥るに違いありません。

当講座においては、バンク滑りはあくまで脇役。いや、殆んどやりません。

メインとなる方法論はコブの裏側(カーブの内側の法面)に入って正しく削る方法が主体となります。

ご安心下さい。

昨日、本日とプライベート講習を受講されたご兄弟のビフォーアフターです。


お兄様

訓練前 整地小回り


訓練前 コブ


訓練後 コブ


弟様

訓練前 整地小回り


訓練前 コブ


訓練後 コブ



見事な覚醒ぶり。おめでとうございました!!

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


プロフィール

Author:miyukinod










コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走研究所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
レッスンプログラムをはじめ豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

カテゴリー

リンク