【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
木島平コブ滑走訓練所所長のプロフィール
最近ことに視線を感じるようになりました。
後ろから聞き耳を立てるスキーヤーさんが増えてきた印象です。

木島平で毎日のようにコブ講習を開催していますが、今日にいたっては同じコブレーンで講習を行う別のグループのインストラクターさんからも「ナカムラセンセイ」などと呼ばれてしまい、若干驚きを隠せません。

ネットでは「木島平の人」などと呼ばれているようですが、私が一体何者なのか、どのようなスキー歴を持つものなのか、プロフィールを紹介させていただきます。

中村英孝
1968年8月4日生
出身地
大阪府交野市
20161212065850195.jpg


1986年3月
府立高校2年時に、人生初のスキーを修学旅行で体験。
志賀パレスホテルに宿泊し、前山の急斜面をさっそうと滑り降りるイントラの姿に圧倒される。
3日間の行程で、とりあえず「シュテムターン」をマスターした(と認識)

1987年4月
京都市北区等持院北町にある某大学に入学。

1988年2月
友人に誘われスキーバスツアーに参加。場所は奇しくも木島平で、宿泊はホテルユングフラウ(現パノラマランド木島平) あまりに格好の悪いレンタルウェアに滑る気をなくす。
主に牧ノ入ゲレンデで滑ったと記憶しており、同行の福井県出身の2つ上の先輩に同ゲレンデの最上部斜面に連れていかれ、滑走不能でスキーを外して歩いて降りる羽目になる。
その頃から、「うまい人は結局格好つけるばかりで下手な人間の気持ちを理解しないものだ」と認識する。

1991年
東京の海運会社(現商船三井)に入社、おもに木材チップ運搬船や液化ガス運搬船の運行業務を担当。
折からのスキーブームに乗っかり、神田のビクトリアで3点セットを29800円で買う。
ブーツは真っ白い白い「グローヒル」、スキーは「ブルーモリス製」。

1992年1月
愛車ジムニーでほぼ毎週スキーに出かける。
はじめて自力で向かったスキー場は会津の台鞍。その後羽鳥湖、高畑など、比較的混雑の少ないスキー場を狙って出かける。
ユースホステルのスキー合宿プランに参加し、鹿沢ハイランドで人生初のスキーレッスンを受ける。
担当イントラがとてつもなく優柔不断で、頼りなく、重度のスクールトラウマに陥る。
同時並行的に会社の仲間とも当時契約保養所のあった峰の原、妙高赤倉を拠点に頻繁に出かける。

1996年ころ
突如としてスキー熱が冷める。
会社の仲間と志賀高原に出かけるも、グローブを忘れてしまう。
普通ならば安ものを調達して是が非でも滑るものだが、グローブを買ってまでも滑りたくはないと、仲間を置いて単独ドライブに出かける。

1998年5月
ユースホステル開業準備のため7年間務めた会社を退職する。親しいスキー仲間が当時使用していたOGASAKAの初代ケオッズ190cmを餞別にとプレゼントしてくれる。

同7月から10月
釧路のユースホステルで住み込み修業する

12月
立科白樺高原ユースホステルで住み込み修業をはじめる。
マネージャー氏(現日本ユースホステル協会理事長)からせっかくスキー場隣接宿に住み込んでいるのだからとシーズン券購入を強く勧められ、38000円でパスを購入するが、スキー熱は完全に冷めており、シーズン通じて自らの意志でスキー場に足を運んだのはわずか3回にとどまる。

1999年2月
静岡県の県立高校のインストラクターに派遣されてしまう。
しかもデモンストレーションの一団に加えられてしまい困惑の度を深める。

1999年5月
観光バスの乗務員のアルバイトを始める

2000年3月
木島平スキー場わきにユースホステルの建築工事がはじまり、2週間に一度木島平通いが始まる

2000年7月
高社山麓みゆきの杜ユースホステルを開業、同時に結婚する。

スキー場隣接なるも最初の数年間は自らの意志ではほとんどスキーをしない日々を送るが、スキー関係のイベントは細々と実施する。
ARAIスキー
タコチコース滑走
志賀高原スキーなど。

2003年
志賀高原スキーにゲストと出かけるが、奥志賀高原の第二エキスパートコースで暴走大転倒し、首からぶら下げていたカメラを胸と膝で強く挟み込みろっ骨を骨折する。

2004年以降、再びスキー熱が完全に冷める。

2008年1月
小学校入学前の長男を木島平の子供レッスンに入校させる。(スキー教室までに一人でリフトの乗り降りが出来なければヤバイという風のうわさを聞いたため)
付き添っているうちに、ブーツ(1993年購入品)の経年劣化がス気になり、スポーツデポで新しいものを購入する。
ブーツの性能が滑りに及ぼす影響に驚き、感動を覚え。スキーの面白さに三たば気づく。そしてハマる。
1992年以来、16年ぶりにスクールに入る。木島平スキー学校のカモシカ先生に教わり、その指導力に舌を巻く。

2009年3月
SAJ2級検定受験→合格する
同12月ATOMIC VF2 DEMOを入手する

2010年3月
SAJ1級検定受験→合格する
しかしコブはまともに滑れず、どうにかしなければと悶々としたスキーライフを送る。
年間滑走日数110日に達する。

2011年2月
木島平スキー場に来る修学旅行生のイントラデビューを果たす。

同3月
レンタルスキーショップから中古品でブルーモリスの「桜田紋」安く譲ってもらう
VF2とは大きく異なるコブへの適合を見出し、コブ滑走にハマる。

2012年3月
Reism KO-BXが4割引きで売られているのを量販店で見つけて購入する。

2013年
こぶ専門スクールを試験的に開講する。
ブログを開設しランキングに参加する。

2014年
正式に木島平コブ滑走訓練所(当時は「研究所」)を開講する。
2月 長野朝日放送の取材を受ける

以降、年間100名以上のゲストを迎え、コブに特化した異色のスクールとして今に至る。



★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村



1月20日現在の予約状況


*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

【1月】

22日~23日 2名
24日 休講
25日~26日 2名
27日~28日 3名 *宿泊満員

プライベート講習先約のある平日日程

第09回.1月29日(月)~30日(火)
第11回.2月01日(木)~02日(金)
第12回.2月05日(月)~06日(火)
第15回.2月15日(木)~16日(金)
第22回.3月05日(月)~06日(火)




➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


スポンサーサイト
リフトが無料となる早割は11月28日を申込み期限とさせて頂きます
富士山麓ではスキー場がオープンし、刻一刻とスキーシーズンが近づいていることを実感する今日この頃。

当木島平コブ滑走訓練所にもすでに10組さま以上の早割申込みを頂いています。

早割特典として、一日2名様限定でご提供致しております、レッスン日の2日間無料リフト券つきプランのお申し込みは、11月28日を期限とさせて頂きます。

春に続き、11月29日からお馴染みゲストと一緒に海外トレッキングに出かけます関係で、約2週間、リアルタイムな連絡が取れない環境下に入りますので、早割特典ご希望の方は、どうぞお早めにお問い合わせ、お申し込みをお願い致します。


今朝は7度まで下がりました。
先週のスキーラックの整備に続き、今週は除雪機の整備です。
ログハウス譲渡の際、備品としてオマケしてくれました。(ToT)


オマケといっても、新車導入からまだ3年しか経っていない、10馬力型。
メーカ小売希望価格95万円の高級車です。

大切に使わせて頂きます。



===

2018年予約先取り情報

●満員の日(プライベート講習先約を含む)
1月18日~19日、2月1日~2日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク