FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブが出来ない人にとって、ライン取りのパターンなどどうでもいいのです(^^)
コブ斜面攻略のハウツーによくみられる


ライン取りには3つのパターンがある


の文言

ハッキリ申しまして、そんなものはコブ不能スキーヤーにとって


どうでもいいのです


ライン取りとは、つまるところ何処を通るかということを意味しますが、コブ不能スキーヤーは、ブレーキを掛けるためのもっとも手っ取り早い方法を知りたいだけなのです。

ライン取り云々というのは、こぶが上手い人が


おれはいろいろな滑りができる。とくと見たまえ




とテクニックを誇示しているようにも見えます。

実は知らないうちに、悩める子羊たちを上から目線で見下していることに気づいていないようです。

基礎スキー業界の「手本至上主義」がコブ指導にも如実に表れているひとつの例ともいえます。


コブを滑るには大まかに言って、

1.バンクターン
2.スライドターン
3.ポーパスターン(モーグル滑り)

この三つに分類されます。

コブ不能スキーヤーがまず身に付けるべきは2.のスライドターンです。

もっともブレーキの掛かりやすいターンだからです。

基礎スキー業界では1.のバンクターンをとっかかりとして推奨する例が多いようですが、横移動の多いバンクターンにおいては、縦溝の凍結バーンではあまり役に立ちません。加速要素が強いのもまた恐怖心を助長する可能性もあります。

ポーパスターンについては、モーグル用の滑りであり、踵でコブを蹴っ飛ばしながら速度超過を防ぐというかなり異質な滑りでもあります。
超エキスパートも含め、ほとんどの基礎スキーヤーはこれができません。つまり、全く異質な滑りと言っても過言ではありません。

コブではブレーキを掛けてナンボ。

でも、ズルドンではありませんので念のため。

ブレーキ=ズルドン

などと短絡的に考えている人は、この際、是非考えを改めていただきたいと思います。

ストックがきちんと使えれば、ブレーキがしっかりかかった「円いターン」になりますから。

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み

スポンサーサイト
先落としとは何か?
昨夜の冷え込みで、ザクザクのコブは一気に凍結しました。
P2050023.jpg

P2050024.jpg


そんな時こそ五木ひろし~!!!!と唱えての「外向傾」を強めてやらなくてはなりません。

ブレーキの重要性を実感する本日のコンディションでありました。

昨日からのプライベート受講のYさま。

「ようやく掴んだ気がします(^^)」

と、ご満悦。

ところで、皆さん。

コブでの先落とし。出来ますか?

コブ斜面を滑るうえでの必須テクニックのように語られますが、別に必須というワケでもありません。
少なくともバンクコブを横移動しながら滑る分にはさほど重要でもないかもしれません。

しかしながら、落差のある階段のようなコブを滑る場合にはできないよりも出来たほうが良いともいえます。

何故なら、先落としとは、スキーが常に地面から浮かされないようにするための操作だからです。

しかしながら、よく語られる


トップを押さえる意識で


などと言うのは簡単ですが、やろうとしても出来ないのが先落としでもあります。


トップを押さえるためには如何にするべきかが重要なのですが、そのためにはまずは何はなくとも前方向絵の重心移動が肝要であるのは言うまでもありません。

ではどうやったら前方向に重心が移動するか。

もっとも簡単な方法は、しっかりとストックを前方向に突くということに尽きます。

ストックの付き方で、先落としの度合いがどれほど違うのか、実証写真がありますので連続写真にてご紹介しておきます。


本日までご参加のYさまのケース



苦手な左手でのストックを突く動作の瞬間です。
1a11aaa11a.jpg

前方ではなく、かなり手前に突いています。
実はこの時点でかなり後傾となっています。
1a11aaa11ab.jpg

1a11aaa11abc.jpg

重心が前方向へ移動することなく、スキーが大きく飛び出し
1a11aaa11abcd.jpg
なんとか着地しましたが、かなり暴走しています。



いっぽうで上手にストックの使えている向きでの連続写真です。

1a11aaa.jpg
利き腕の右ストックが前に突き刺さる向きでは、しっかりとスキートップ脇にストックが地面を捉えています。

1a11aaa1.jpg
その結果、スキーが飛ばされることなく、重心が前方向にキープされ、結果的に先落とし運動が行われています。

1a11aaa11.jpg


ご本人は「トップを押さえる意識で」などというつもりはないのですが、ストックのさばき方が正しいので、結果的にそのような挙動を示しています。

先落としはやろうとしてもできるものではなく、上達の結果、自然と起こる現象なのだろうと私は考えています。

【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み



プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー