【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
木島平での最終回は3名様にお供してまいります ~5月の月山出張講習会も受付中です
週一日の休みで突っ走ってまいりました木島平コブ滑走訓練所の講習会もいよいよ明日からの週末コースが最終回です。

2月中旬までは今年は寒い冬だとおののいていたのですが、その後ほとんどまとまった雪が降ることなく、2月20日以降は一度も除雪機を動かすことがありませんでした。

そしてこの1週間はずっと晴れ。暖かいままです。
シーズン最終日を待たずにコブ消滅かと、一時は開催が危ぶまれたものの、今日の涼しさ(?)でなんとか持ちこたえました。

4月以降は野沢温泉、そして5月下旬は月山での開催となります。

すでにこちらも申し込み開始しております。
ご希望の方はお早めに参加表明をお願いいたしたく存じます。

今日は講習終了後、昨年7月以来となるバイクでのお出かけを試みました。


里はすっかり春ですが、スキー場はかろうじて雪が張り付いています。
あっというまの3か月でありました。。。。。。


➡2018春シーズン講習予定一覧

➡2019冬シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

★スキーブログランキングに参加中★
↓↓↓↓↓↓ 気になるただいまの順位は??
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
いまさらですがストックを突くことの重要性を再度。
昨日本日と今季最大の7名様をご案内しました。
皆さん一様にストックワークに苦労されていました。

コブが苦手なエントリー層にとっては何はなくともストックワークを含めた上体の動かし方を徹底的に鍛錬する必要があるのはいうまでもありません。

技術論「バトル」においては頻繁に、

ストックを突くべしと言えば、ストックに頼らないというのも一つの手であると反論
ストックは長いほうが良いといえば、邪魔になるのでストックは短いほうがいいと反論
コブは一つ先を見て安全かつ確実にターンを行うのが良いと言えば、いや、三つ先を見るべしとこれまた反論

悩める子羊たちはどっちがいいのかと路頭に迷います。

しかし、アドバイスを送る人が、どのくらいのレベルの人に対して発しているのかによって、受け止め方は柔軟であるべきです。

コブが苦手でどうしようもない(=ほとんど連続ターンが出来ない)という方を対象にするのであれば、

ストックを突く癖が身についていない人は、とにかくストックを地面に当てることを強く意識する
ストックは長めにして突き刺さることによりターンに好影響をおよぼす挙動を感じやすくする
次に削る場所をしっかりと凝視し、そこへ向かって体が自然と移動し、自動的にズレてブレーキがかかる挙動を体感する


そうした意識が必要です。

私はあくまで、コブが苦手な人へのメッセージを発し続けています。
そして、常に「出来ない人」の弱者目線に立った指導を重要視しています。

ストックを突くことの重要性を説いた過去の記事がありましたので、再度引用しますので是非ご参照ください。


====

何度も口酸っぱく申し上げています通り、多くの方がコブが出来ずに困るのはターンが遅れて加速+暴走するからなのですが、遅れずにターンをもたらす道具はストックなのであります。

昔からスキー指導では頻繁にこんな言葉が聞かれました

「ストックは前に!!!」
かくある私も1992年の2月に草津高原ユースホステルのスキー合宿でひたすらそう連呼されました。

今となってはその理由がとてもよくわかるというものですが、今も昔もスキーの原則が変わることはありません。
コブでヤジロベエする人などいるはずもなく、

モーグラーも
デモも
普通のコブ好きも

みんなもれなくストックを前に構えています。

前に構えるだけでなく、回転操作を瞬時にもたらしてくれる優れものである以上、しっかりと突きささなくては話にならないわけであります。

突いて回るためには二つの考え方があります。

ひとつは

ストックを突いて能動的に回る


もうひとつは

ストックを突いた結果、受動的に回される


これらの動きは似ていますが、スキーヤーの受ける印象は異なります。
受動的に回される方が、楽に回れるのです。
ポイントとしては、最後までストックを差し込んだままにすることです。
しかもこの時、足の動きに関してはほとんど何もする必要がありません。

ただし、突いた時にしっかりと前乗りになっていなくてはなりません。

前ノリを強く意識したターン


コブでは、これらの要素をミックスさせてストックを最大限に活用し、瞬時の回転動作を行う癖をつけるのがまずは上達の早道&得策と私は考えています。

どんなにズラしの練習を積み重ねても、どんなに横滑りの練習をしても、結局のところ連続ターンの方法を知るすべがなければコブは滑れないのですから。


ちなみに、ストックを突いてもターンするたびに足が開いてしまう人は、完全に後傾です。
後傾とは、モモが寝た状態で、お尻が落ちてしまった状態です。前ノリになるには意識を持った反復練習が必要なのはもちろんですが、ブーツの前傾角度を疑ってみる必要もあります。

お悩みの貴方はぜひ一度コブ滑走訓練所にご相談ください。メールでもお答えしますヨ!

気になる(?)木島平コブ滑走訓練所のただいまのランキングは・・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ




【お知らせ】
夢のコラボ ★岩渕隆二 x 木島平コブ滑走訓練所 
Reismスキーニューモデル独占試乗会&講習会

3月24日(土)~25日(日) 開催

コブキャンプ参加の場合=1泊2食+講習会=17,000円
試乗会のみ参加の場合=1泊2食+試乗会=8,000円

お申込み受付中です。




=================
木島平コブ滑走訓練所1泊2日キャンプ
=================

お問い合わせ、お申込みは
0269-82-4551(8:00~9:00/16:00~22:00の間にお願いいたします)
またはメール
miyukinoyh@nifty.com
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
中村英孝まで

3月18日8時現在のご予約実数(各回ともに定員6名)
*赤字は週末コース

*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

3月19日~20日  2名
3月21日 休講
3月22日~23日  2名 
3月24日~25日  4名
3月26日~27日  プライベート講習先約あり
3月28日 休講
3月29日~30日
3月31日~4月1日 0名  

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル




プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク