【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
白馬五竜出張講習会
昨日から、今季最後の?出張講習会。
満員御礼7名様のご参集でした。


今回はかなりの数のお申し込みをお断りせざるを得ず、申し訳ありませんでした。



それにしてもこの時期の白馬五竜はモーグラーさん&コブレッスンの聖地ですね。

今日は、さらに違ったアプローチで講習を進めますよ。\(^_^)/


スポンサーサイト
1ターンしか出来ない人がその日の午後には20ターン出来るワケ
おかげさまで昨日までの延べ受講者数は56。昨年実績のすでに半数に達しました。

コブを専門に単純な仕組みを教えて差し上げるだけなのですが、どうやらそれが出来る人が世の中にはあまり存在しない模様です。

コブの滑り方を文字にして解説したメディアがが世の中には少なくはないのですが、正直なところ理解不能なもの相当数にのぼります。
ズラせと命じてもそれを連続させられないから困っているのに、どの解説も「ずらせ」「捻れ」「ニュートラル」の一点張り。
コブ攻略のためのさまざまな方法論を展開していますが、重要度の優先順位がさっぱりわからず、結局は何が一番大切なのかに触れられずじまいです。

全くと言っていいほど出来ない原因にメスが入れられていません。
残念ながらコブ滑走指導は、整地と違って「振り付け指導」で誤魔化せるものではありません。

ワタシは決して振り付け指導はしません。見た目はどうでもいいのです。ただし行うべき運動方法についてはしつこいくらいに連呼します。

しかしその運動が達成できると、午前中に1ターンしかできなかった人が午後には水を得た魚のようにクルクル回転しはじめます。

魔法でもあるまいしそんなバカな!?

馬鹿ではありません。ウチに限らず、そうした「魔法」を駆使しているスクールさんが存在します。

初めてでもできるコブの滑り方

受講生さんの感想をブログ記事に掲載されていますが、受講前は足がすくむばかりだったのが、レッスン後は連続ターンができるようになったとの事。

ナゼそうなったかは私にはわかります。
私はもちろん受講したことがありませんが、向いているベクトルはかなり似ているような気もします。


しかし、少なくとも言えるのは、

半日受講して手ごたえがない
言っていることが理解できない

そのようなイントラさんには、残念ながらコブを教えるノウハウはありません

スキーが下を向かないから弾かれる

などとマジメに言うイントラさんが存在しますが、とんちんかんにも程があるというものです。(^_^)
雑誌なんて読んでもほとんど役には立ちません。

スキーグラフィックの先月号(1月号)の佐藤麻子連載DVDはかなり役に立つとは思うのですが、展開されている論がどの程度重要なのかが今一つ伝わってきません。

10個の方法論を毎月連載し、すべてを並立的に扱おうとするから、見る側は困るのです。


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:miyukinod










コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走研究所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
レッスンプログラムをはじめ豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

カテゴリー

リンク