FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

リンク

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
結果にコミットする
当ブログに掲載の受講者さんレビュー。
特別こちらから投稿をお願いしているわけではありません。投稿フォームがあるわけでもありません。

嬉しいことに、受講から数日後にメールで頂戴したものだけを掲載しているものです。

消費者目線でみるならば、人はサービスに「非常に」満足した時か、とてつもなく不満だった時にのみ自発的に感想を述べる習性があると私は考えています。

あるサービスが「まあまあ」だった時は、たぶん何も発することはありません。人に勧めることもしません。
人に勧めるという行為は一定の責任を伴いますので、下手なことは言えないのです。

どれくらい優れたサービスであるかについては、消費者目線でいえば、予約サイトや通販サービスの口コミ情報が重要な情報源となりますし、飲食店なら食べログ。観光地ならトリップアドバイザーが代表的なサイトです。

運営者サイドとしては「実績」を示すことで一定の安心感を得ているといえるでしょう。

予備校や塾なら合格実績が何よりもの客観的尺度になります。

最近では大学も在校生や卒業生が口コミを投稿できるようになっていて、大学選びの指針にもなります。


しかし

スキースクールに関してはそうした広く知られた口コミサイトがあまり一般的ではありません。

講師のプロフィールは紹介されてはいても、どの程度の上達実績があるのかがわかりません。
検定合格者輩出数などを全面的に打ち出しているところなときいたことがありません。
全ては講師の肩書のみによってスクールの実力を示そうとしているところが圧倒的多数なのです。

これは世の中の消費社会スタンダードからするとかなり異質であり、オカシイ所でもあります。

消費者目線でいうならば、肩書よりも、いかに成果が得られるか、いかに楽しいレッスンが受けられるのかが重要です。

減量プログラムサービスの「XXザップ」ではありませんが、


結果にコミットする



この部分が完全に抜け落ちているのがこの業界の最大の特徴であり、改善すべきところではないでしょうか。


たとえば、木島平スキー学校にはデモはいません。
全日本技術選に出場するような人もいません。

しかし、先日、ウチに宿泊された福井県のファミリーのお母さん(50代)からこんなお話を伺いました。
ちなみにその方は、はじめてスノーボードに挑戦され、そのために受講を志願した方です。


イントラの竹内昭芳さん、これまでのスクール入校経験の中で、最高でした。


その日は雪。視界も悪く、テンションが下がるばかりのコンディションだったにもかかわらず、担当の竹内氏のとてつもなく楽しいレッスンを展開に終始感動しっぱなしだったそうです。
そんなお話を熱く、そして半ば涙ながらに話してくれたのです。

彼の家とウチとは家族ぐるみの付き合いなのですが、氏の話術は誰もが一目を置いています。
人当たりの良さも群を抜いています。
スキー指導員とスノボ指導員の両刀使いです。

残念ながら木島平スキー学校には立派なHPがありません。
当然のことながらゲストレビューもありません。

レッスンの様子をおさめた動画もありません。

実に惜しいと思います。


スキー場はマイナーでも

有名スキーヤーはいなくとも


結局のところは生身の人間が行うサービスです。



名より実


スキースクールは原則として楽しさを享受し、上達のキッカケをつかむ場です。


そんなことをあらためて感じたのでした。


肩書が凄くても話ベタでは充実したレッスンを行うのは難しいでしょう。
競技者としての実績が凄くても教え方を研究したことのない人にはまっとうなイントラは務まりません。

スキーがとてつもない上手な少年を取っつかまえて

「君、スキー上手いに。おじさんに教えてよ」と乞うたところで、少年はお手上げ状態です。

私には肩書はありません。

でも、コブを教えるというサービスには一定の自信をもって取り組んでいます。

なので、その目に見える成果を映像とお寄せいただくゲストレビューで紹介させていただいている次第なのです。

そんなワタクシでよければ、是非一度、門をたたいてみください。

お待ちしています(^^)


【コブが苦手で困り果てる貴方は必読かも(^^)】
コブ斜面の滑り方/コブ斜面の練習の仕方/コブ斜面攻略のヒント

➡2019冬シーズン★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声

コブの基本練習ならココ。
2019年度「公式」にコブ斜面保全を宣言!北信州木島平スキー場
1a1a1TWICE_201812231938257d8.jpg

別館ログハウスAIR B&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg

*北信保健所指令許可証取得済み



スポンサーサイト
暫くはゲレンデを潤すほどのまとまった雪はなさそうです(X_x)
一昨日の雪は長野県内にはさほどの恵みとはなりませんでした。
新潟中越地方の山間部でそこそこマトマッタ雪となった模様で、お馴染みさん情報ではかぐらでは昨日暫定OPENとか。

ですが、今回の冬型も長続きはせず、向こう一週間も甲信越地方にまとまった雪をもたらすほどの強い冬型は期待できそうにもありません。

CIMG9418_20181125191642cfb.jpg

CIMG94182.jpg

CIMG941823.jpg

11月30日から12月1日にかけて一時的に弱い冬型の予想です。
ですが、長野での最高気温が10度程度では、寒気の流れ出しもさほど強いものではなさそうです。

本当に強い寒波ならば、新潟の予報も雪マークがつきますので。

白馬界隈や野沢温泉あたりでのOPENは早くても12月5日以降との見方が大勢を占めているようです。

さて木島平はどうなりますか。
今のところ12月22日OPEN予定にはなっていますが。。。。。。

【おしらせ】

週末土曜日におけるシングルルームの空きは1月、2月中はすでに満室となりました。
ドミトリ(男女別相部屋)であればまだ空きがございます(1月5日、6日のコースは満席)

➡2019冬シーズン早割★申し込み受付中
➡木島平コブ滑走訓練所とは?  
➡当研究所主催の講習の5大特長
➡必見★当研究所の受講成果一例
➡参加者の喜びの声


別館ログハウス楽天トラベルにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg





プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー