【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
プレス発表がありましたが。。。。
兵庫県の総合レジャー企業グループ

マックアースさんのWEBSITEでも発表があったようですが、水面下で動きのあった、牧の入スノーパークが一部復活するようです。
私の耳入っている情報では、木島平に隣接する数本のリフトを運転するとのことです。

関係者が夢にまでみた高社山を囲む巨大スノーリゾートエリアが誕生することになります。

それにあわせて、数年ぶりにパンフレットの意匠が劇的に変更される模様です。
5d768cdfe550ad2f835ea3bbed903ab9.jpg


あとは相互の連絡移動のスムースさをいかに図っていくか、、、

特によませと高井富士の行き来が現状においてはあまりうまくいっていないので、斜面造成を含めて何らかの対策が講じられることを期待しています。




スポンサーサイト
昨日付けの信濃毎日新聞記事
信濃毎日新聞に掲載されました。



引用//

 スキー場など運営のマックアース(兵庫県養父市)の子会社が今冬から、北志賀よませ温泉スキー場(下高井郡山ノ内町)と北信州牧の入スノーパーク(中野市・同郡木島平村の境)を借り受けて運営することが19日、分かった。同社が昨季から運営するX―JAM高井富士など、高社山周辺の五つのスキー場の共通リフト券発行などで「県内3位の規模」(マックアース)のスキーエリアを形成、「Mt・KOSHA」の名でPRする。2014年度の北陸新幹線延伸開業でアクセスが大幅に改善することも視野に、一体的に集客を図る狙いだ。

 運営する子会社はマックアースリゾート山ノ内(山ノ内町)。「Mt・KOSHA」としてPRするのは、3スキー場のほか、下高井郡木島平村出資の第三セクター木島平観光が運営する木島平スキー場と、マックアース山ノ内が今季から「やまびこの丘スキー場」の名称で運営を始める木島平スキー場の一部。5スキー場の面積は計約234ヘクタールで「志賀高原、野沢温泉に次ぐ規模」(マックアース)となり、多様なゲレンデがそろう。

 よませ温泉はこれまで、地元住民出資の「よませリフト」がリフト4基を運営。牧の入はリフト6基を備え、大和観光興産(東京)が運営してきたが、スキー客減少で昨季まで2季連続で休止していた。マックアース子会社は両社から施設を賃借する。

 各スキー場のリフトを使用すると、交互に行き来が可能だが、共通リフト券は木島平と高井富士の2スキー場しかなかった。

 今回の2スキー場の賃借はマックアース側が提案。マックアースの一ノ本達己社長は、北陸新幹線の長野―金沢間開業で「木島平が北陸新幹線飯山駅から最も近いスキー場となる」と説明。「一帯でまとまってエリアを広げ、開業前から集客の基盤を作りたい」としている。

 マックアースは県内のほか、兵庫県や福島県などで、スキー場やホテル、外食店などを運営し、グループ全体の11年9月期の売上高は62億円。県内ではこのほか、菅平高原パインビークスキー場(上田市)、黒姫高原スノーパーク(上水内郡信濃町)を運営。今季から乗鞍高原温泉スキー場(松本市)など2施設の運営も始める。

//引用終わり

スゴイですね~。冬が待ち遠しいです。


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク