【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
須坂市立日野小学校
須坂市立日野小学校3年生のスキー指導でした。
初心者に近い3人班でしたが、意外にみんな上手に滑っていました。

やまびこコースも、スカイコースも、第二リフトも。ウェーブも。
乗れるリフトには全て乗って、行けるところは全て滑りました。

次のスキー指導は2月5日の木島平小学校です。

明日は本業(?)のコブ専門で参ります!!!



スポンサーサイト
言行不一致の写真例
いくらレッスンを受けても目標の級に合格しないというケースですが、これは指導員の言行不一致がひとつの原因となっていることには間違いがありません。

スキージャーナル2月号の「脱中級・めざせ上級者」の特集記事にその象徴を見て取れますので、実際に見てみることにしましょう。

基礎界において「中級者」とは、おそらく1級を目指して鍛錬中のスキーヤー層だと考えられます。
少しでも上手くなろうと、上手い人の真似をしがちです。

しかし、良かれと思って真似た滑りが、無情にもメッタ斬りに遭うという悲しい現実が待ち受けています。


例1

良しとされるナショナルデモンストレータの滑り。
体幹は伸びきり、思い切り内側に倒れています。


中級者にありがちな、内倒していて「イケナイ」と駄目出しされた滑り。つまり一級が不合格になってしまう駄目なすべり。
しかし、よく見るとデモのすべりの方がずっと内倒しているようにも思えます(笑)


さらにこちらは昨年の全日本技術選での実際の選手のすべり
11041003_20121224165318.jpg

11041001_20121224163743.jpg
写真を見る限りは、いずれも決してカッコいい滑りではありません。しかし、競技会ではクラウン合格レベルを軽く上回る82-83点をマークするらしい(?)すべりなのです。
上の1級が不合格になるすべりの写真とどこがどう違うのか、全く判別不能です。


例2

深回りしながらローテーションさせて、スピードコントロール重視のすべり(良い見本)


ローテーションしていて駄目とされたすべり


いずれの例も良・不良の明確な違いを見て取ることができず、何が良くて何がイケナイのか、明確に伝えられていない現実を関係者は思い知るべきです。

一瞬のシルエットだけでは判断出来ない。あくまですべり全体のバランスが重要だ。

と、間違いなく有識者(?)言い訳するのでしょう。
しかしそれならば、それこそ重箱の隅を突くようなフォームの駄目出しなどせずに、本当に効率的安定的な滑りをする人を評価すべきです。ましてや一瞬を切り撮っただけのスチル写真を使っての技術解説など、本当に無意味だと思います。

それとも、ナショデモは内倒OKで素人は駄目とでも??

技術選の全国大会でも、過去の優勝者がジャッジに加わるという噂もありますし、一定のムーブメントを期待したいところはありますね。

いずれにせよ、こんなことを続けていたら、みんなそのうち基礎スキーやめちゃいますよ。(笑)

マジで。


正常な技術競争合戦になれるのか!?
苗場スキー場で開催されたスキー技術選手権甲信越大会。

木島平から唯一出場した高橋直美選手が27人中7位の好成績を収め、長野県の選抜メンバーに選ばれました。
これにより、3月に白馬八方尾根で開催される全国大会に出場することになりました。

なんだかんだいって、3年も前から足しげく八方の競技会会場に足を運んでいる私。興味はあるのです。

しかし、あまりにイージーな斜面と、同じような種目が続くゆえ、整地種目は見ていても全く面白くありません。


YOU TUBEなどを眺めていますと、昔の技術選は本当に見る人を圧倒する種目とバリエーションがあったようですが、素人の大学教授が教程作りに携わるようになって以降は、全く意味不明な振り付け合戦に成り下がっている印象はぬぐえません。トホホ。。。

本部の人たちもさすがに、技術選のつまらなさに苦情が殺到していることを認識しているようで、昨年7月のスキージャーナルには、こんな記事が掲載されました。


=====

『技術選をよりおもしろい大会にするために必要なものは?』

~~~技術選が求めるスキーのうまさを端的に言えば、速いターンスピードで円くきれいな弧を描いて滑る能力といえる。それをさまざまなシチュエーションのなかで見せることが、高いパフォーマンスの発揮ということになるだろう。そしてそれを評価するとき、ベースとなる理論が谷まわりの運動だということに異論を挟む人はそれほど多くないはずだ~~~

=====

これを一言で要約するなら

谷回りをベースとして速いターンスピードで円くきれいな弧を描いてすべる能力を計るのが技術選。


しかしですよ。技術選に出るような人に、

山回りで
遅いスピードで
円くない弧を描いて

滑るような人が存在するはずもなく、こんなことを真面目に語る本部の人たちの脳内構造を思わず疑ってしまいたくなるというものでが、やはり判っていないようです。(x_x)

綺麗な弧かどうかなど、空撮カメラを使用するわけでもなし(笑)
どうしてココまでお偉方が「綺麗なターン弧」という言葉に執着するのかが全く理解できない今日この頃。
スピード云々と言うならば、ポールセットしてタイム計測すれば良いだけの話ですし。

そんなことよりも何よりも

難しい斜面を華麗に滑り降りるという、一般スキーヤーが憧れてしまうような、本当に上手な人を活躍させてあげて欲しいと思うのであります。

今年は審判団を歴代優勝者からも選出するらしいので、少し違った展開になるのではと期待しています。
見に行こうかな?


急斜面も良いですが ~低速練習のススメ
第七リフトが金土日限定運行と知って失望している方も多いようです。

第七が動かないと滑るところがない

などと言われる方も実に多く、関係者としては少々残念に思います。

でも

第七命な貴方。

乗り位置は完璧ですか?

本当にスキーの真ん中に乗っかって滑っていますか?
残念ながら、自称上級者の90%は、微妙に後傾で滑っていると断言できます。

そんな貴方は、11リフトとか6リフト、10リフト沿いで乗り位置改善低速練習をしてみては如何でしょう?

乗り位置が完璧に決まった時の足裏感覚は、実に気持ちがいいものです。

あ~来てる~!!!

って感じの、ある種のエクスタシーな感覚が得られます。
その感覚をどんな斜面でも常に得られるようにするための低速練習です。


そんな練習は、とにかく緩斜面でやるのです。第7ではあまり効果がありません。

この2年間、修学旅行の生徒を相手にする機会がぐっと増えました。
今日は須坂の小学3年生を相手にしていました。

ひたすら超低速のプルークを反復していました。

2年前の私の滑りと今の滑り。

全く違っていると自分で自覚できます。

乗り位置が確実に改善されたからです。


欧米ではポジショニングの練習に相当な時間をかけるそうです。日本でももっともっと乗り位置改善のための練習に時間を割くべきだと最近強く思うようになりました。

スキーの真ん中に乗れるようになると、世界が開けてきます。
私はまだまだ修行の身ですが、ほんの少し開けてきました。

第七がなくても、スキーは上手くなります。本当です。

コブの練習はイマイチ不十分ですが(笑)


タダでは帰しません!!宿主直伝・コブ漬け5DAYS CAMP
日時:3月15日~20日(5泊10食)30,000円

ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓



【コブ滑走研究・プライベートレッスン】
コブ好きオーナーがついに始動!完全プライベート保証、不満があれば返金保証の画期的コブスペシャルレッスンです。

▼日時:1月28日(日)以降の平日毎日 *講習時間は約2時間
▼費用:3000円 リフト代別途 ビデオ撮影料金込み
▼対象者
①小回りは難なくできるが、コブが全く出来ない人
②コブに入ると即脱線してしまうという人
③1級を持っているが、コブは得意でない人
④滑れるがコブで加速してしまう人

*前日または当日の二食付き宿泊が条件となります
*講習終了後も滑走感覚に全く変化が見られない場合、代金は全額お返しします


気温上昇後の快適コブ
今朝の最低気温はなんと7度。

おかげでコブは春の如くやわらかく、最高のコンディションでした。

Sさんと一緒にコブを楽しみました。
互いに撮影しあって。。。。

背筋を伸ばして滑ると、楽できますネ。



2年ぶりに整地のすべりも動画におさめてみましたが、予想通りあまり上手くはありませんね(笑)
しかも、自分のイメージしている姿とは少し違っていました。


ただ、左足にもかなりの重さを掛けられるようになったので、この点は予想した通り、納得のアンギュレーション姿勢が見て取れて、ほっと一安心。ココの部分だけはかなり改良されていました。

改良すべきところは

左ターンへ入るとき、ニュートラルポジションがほとんど作れていない。
コブと同様、もっと足を揃えてもいいかも。

こんなところでしょうか。

たまには真面目に整地練習するのも悪くありませんネ。

プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク