【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
Yahoo知恵袋にみる「コブの滑り方」
Yahoo知恵袋に見る「コブの滑り方」。

実に多くの方が質問し、回答を寄せています。

例えばコレ。実にイイ質問です。





コブの滑り方を教えて下さい。

僕は、コブがまったく滑れません。
2つ、3つ超えたら、コースアウトです。
昔のコブは、中華マンが並んでいるみたいな綺麗な山の連続で、自分に向いたライ ンを選べてたと思います。(僕は滑れんかったけど)

でも、一昨年から15年ぶりにスキーを再開して思ったのですが、最近のコブは「このラインで滑りなさい」みたいなコブになっています。
そのラインから外れると、つんのめたりします。

先生に、コブの入門者の練習の仕方を教わりました。
それは、山は、横滑りで降り、山の一番下、溝で止まる。本当に止まる。そして、次の山も横滑りで降りる。コレを繰り返し、慣れてきたら、「止まる」時間を、徐々に短くしていく。

この方法は、いいなと思い、やりました。
以前よりもずっと頭が整理された気がして、諦めかけていたコブ斜面を今後、挑戦していこうと思いました。

しかし、先生と離れた後、さっそく壁にぶち当たりました。

それは、溝で「止まる」と言っても、溝の形状に合わせて(ラインどうりに合わせて)板を止めようとしても、溝自体に斜度があり、板が前に進んでしまいます。
前に進むということは、次の山、次のターンのタイミングを、通り過ぎてしまうという事です。(もちろん、ターン技術がないから)。ターン技術がないのに、溝自体に斜度があると、この練習方法でも、僕にとっては、飛躍です。
何か、この練習方法の1つ手前。もう一段階易しい練習方法が有ったら教えて下さい。

コブ斜面でない所での、コブ斜面修行でもかまいません。

よろしくお願いします。


それ対して多くの回答から選ばれたベストアンサーは。。。。。


コブは流れを止めない事が重要です。
足元の動きより上半身は一歩先の動作に入っている必要が有ります。
目線はさらにその先の二歩先が最低条件です。
重要なのはラインの先読みと滑るイメージです。
足元は意識しないで3個位先のコブを見てラインを意識する事が出来れば余裕が出来ます。

次にゆっくり滑る技術的なポイントは板に体重を最大限に乗せることです。
板は横向きではなく極力トップを下に向けながらズラシます。
ズラスのも板のトップ部分を雪面を当てるように行う意識が重要です。
主にブーツの裏やテールでズラスようじゃスピードは落ちません。
コブについてはいろんなポイントがあるので書ききれませんが、今日書いたことを試しに意識してもらえれば少しは変わると思います。


春はコブシーズンなのでお互い楽しみましょう!




回答者さまがスキー指導者か否かは知る由もないのですが、正直、是ではスキー雑誌の解説の域を出ていません。

ブレーキ
ストック

というキーワードが出てこないこと自体、初心者目線を忘れてしまっています。

昨年、同様の質問に一度回答したことがあるのですが、案の定、ベストアンサーをゲットしましたヨ( ^ω^ )

コブに悩む貴方の気持ちに寄り添うコブ滑走研究所所長ならではの手ほどきで、必ずや覚醒させて見せます!


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●4月1日6時現在の講習予約状況●

3月31日~4月4日 休講
4月05日 3名 *タングラム斑尾にての講習
4月06日 4名 *同上

*週末コースの最終回は4月5日、6日。
タングラム斑尾の比較的斜度のゆるいこぶ斜面が練習場となります。(上級コースコブ斜面は閉鎖)
初心者の方も安心してお越し下さい。




スポンサーサイト
視線の重要性
数日前に掲載した備忘録的なコブの滑り方4十数箇条。

重要度はまちまちですが、先週末に講習を実施したスキーヤーへの即効性が一番感じられたのは、

次に削る場所を見る


ということ。

見るだけではなく


目ヂカラを注入する



とあえて申し上げておきましょう。

整地での練習でも視線移動によってスキーが回転していくと習いますよね?

実際、そうすることによってスキーがその方向に向かって進んでいくことを皆さん実感すると思います。

ここでも理屈は同じ。視線を送った場所になぜかスキーは向かって進み、そこを削ろうとします。


3つも4つも先のコブを見ていては、目指す方向が定まりません。

高速で駆け下りる上手い人は無意識でターンしている部分もあり、常にとおくに視線を送っているのでしょう。

しかしながら、少なくとも、コレからコブを上手くなりたい発展途上スキーヤーにはその概念は不要です。

次に削る場所の目力注入作戦


初心者には極めて即効性のあるセオリーです。

是非お試しを


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●4月1日6時現在の講習予約状況●

3月31日~4月4日 休講
4月05日 3名 *タングラム斑尾にての講習
4月06日 4名 *同上

*週末コースの最終回は4月5日、6日。
タングラム斑尾の比較的斜度のゆるいこぶ斜面が練習場となります。(上級コースコブ斜面は閉鎖)
初心者の方も安心してお越し下さい。

なぜ初心者向け指導が存在しないのか
今に始まったことではありませんが、コブの滑り方について、初心者向けに語られたメディアが非常に少ない、いやほとんどないと思われるのはなぜなのでしょうか。

それはズバリ、雑誌の記事を執筆ないし監修する日本の基礎スキーのトップシーンに君臨する人たちが、初心者目線に立ったコブの滑り方の指導方法を認識していないと言う事にほかなりません。

しかしコブの滑り方に関する特集を組むことで販売部数を伸ばすことが出来るので、とりあえずは派手な見出しばかりが目立ちます。

しかしながらそれらの内容がどの程度初心者に役に立ったかと言うことについての検証がほとんどなされていないと思われ、いつまでたっても同じような内容の繰り返しに終始しています。

こういった現状について雑誌の編集部がどのように考えているのか、いちど真面目に聞いてみたい気もしますが、そのことについては知る由もありません。

同じことがスキースクールにも言えるような気がします。

昨年まで、ひたすら谷回りの連続について講釈を述べていたと思われる日本各地のスキースクール。

講習の満足度についての顧客満足度を常に測っていたのかと言うと、それは大変に怪しいものがあります。

整地練習ばかりのコブ指導についてもしかり。

お金を頂く以上は基本的に、目標となる課題技術を時間内に向上乃至、向上の指針を指し示すのが指導者に課せられた使命です。

しかし、コブが全く出来ない人に、整地での練習しか課すことの出来ない人は、もっと指導修業が必要です。
いや、お金を貰ってのコブ指導をやってはイケマセン(^o^)

有名デモならば、タレント料乃至キャラクター料としての意味合いもあると思われますが、やはり講習料を頂くからには、それなりの技術向上という裏付けも必須です。

私がいつも講習を実施していて思うのが、スキースクールに入校した経験の多い人ほど、講習中はひたすら黙っているというケースが多いように思われます。


毎度申し上げていますが、エキスパートと、一般スキーヤーには滑走感覚に大きなギャップがあります。

例えば昨年まで盛んに言われていた谷回り局面におけるスキーのずらし操作。
多くの指導員がそれをやれと講習生に命じていたようですが、いざやってみると、大変に難しく、実際そんな操作をやったところで大した意味はなかったと言うのが今になっての本音ではないでしょうか。

イントラの言う事は100パーセント正しいわけではありません。
もちろん私も間違ったことを言う可能性もありますし、説明がわかりにくいことがあるかもしれません。

ただ、講習中は理解した振りをしてひたすら押し黙り、他所で不平を漏らすということだけはやめましょう。お互いにとって何ひとつ良いことはありません。

わからない、できない。

そんなことがあれば、互いがハッピーな気分になれるよう、遠慮なくモノ言う姿勢が求められると思います。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●4月2日14時現在の講習予約状況●

4月05日 3名 *タングラム斑尾にての講習
4月06日 4名 *同上

*週末コースの最終回は4月5日、6日。
タングラム斑尾の比較的斜度のゆるいこぶ斜面が練習場となります。(上級コースコブ斜面は閉鎖)
初心者の方も安心してお越し下さい。

今週末は今季最後の講習
今週末はいよいよ今期最後の講習です。
お申し込みは只今4名様。残席はあと3。興味のある方は是非お早めに申し込み下さい。

タングラム斑尾での出張ですので、いつもよりも長めの講習時間を確保しています。

お待ちしています。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●4月3日10時現在の講習予約状況●

4月05日 4名 *タングラム斑尾にての講習
4月06日 4名 *同上

*週末コースの最終回は4月5日、6日。
タングラム斑尾の比較的斜度のゆるいこぶ斜面が練習場となります。(上級コースコブ斜面は閉鎖)
初心者の方も安心してお越し下さい。




常に新しい指導方法の開発を
こぶの指導に限らず、ものごとを教える方法は常に新たな手法の開発を怠ってはいけないと考えています。
それは決して「新しい技術」を無理やり提案してそれを教える方法について説くということではありません。

スキー指導は往々にして新しい概念の提案があって、その方法を指し示す方法についての考察がなされてきました。

今年からは内足。だから内足で滑るための方法の教え方。
今年は谷回りの連続。谷回りの局面でブレーキをかける方法の教え方。
今年は外足。だから横滑りの仕方を教えよう。

そんな繰り返しです。

しかし

財団法人が提案する年毎のテーマには全く興味のない人も当然の如く存在します。

むしろ永遠のテーマでもある

後傾の直し方

これはかなりの人が思い悩む「欠点」でもあり、克服したい欠点でもあります。
さほど必要でもない「谷回りでのブレーキング」よりもずっと重要なことです。

私の講習を受けるスキーヤーさんが、自分の動画を見てかっこ悪いと感じる

「足が開く」症状

それらの誰しもが思い悩む共通の症状について、実はもっと画期的な矯正方法があるのではないかと思うのです。
そうした症状を克服する練習方法や指導方法についての関係者間による、より深い考察があってもいいのではないかと思うのです。

スキーヤーが目指すのはあくまで「斜面対応能力」向上であり「困難克服能力」体得だと考えています。
レジャースキーヤーにとって必要なのは普遍的かつ根本的技術。

内だの外だの二軸だの。コロコロ出てくる新しい技術は実はさほど重要ではありません。

私の場合、コブの滑走方法をの指導法について常に画期的な方法がないかと試行錯誤しています。
日々改良を重ねています。

来年もさらに効率的な指導が出来ないか、日々考える今日この頃です。(^_^)


先週受講のHさまのすべりを掲載いたします。









★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●4月4日22時現在の講習予約状況●

4月05日 3名 *タングラム斑尾にての講習
4月06日 3名 *同上

*週末コースの最終回は4月5日、6日。
タングラム斑尾の比較的斜度のゆるいこぶ斜面が練習場となります。(上級コースコブ斜面は閉鎖)
初心者の方も安心してお越し下さい。



プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク