【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
講習生は何故ダンマリを貫き通すのか?
いつもしつこい位に申し上げています


わからないことがあったら遠慮なく尋ねてください。遮ってください。
みなさん分かります?よろしいですか??



私が見聞きする限り、これほどまでにイントラ側が講習生に対して執拗なまでに分かったか分からないかを問い詰めるケースは少ないのではないかと思われます。


私の講釈はすべて私の実体験に基づいています。
自分がコブを克服する中で試してうまくいったこと、効果のあったことのみを実験してもらい、それを有効な運動として体験して頂くという、私の指導の根底をなす理念でもあります。

だから、理解してもらっているかどうかを逐一確かめたくて仕方がないのです。

それでも多くの皆さんはダンマリを決め込んでいるケースが少なくありません。
理解している人は大体表情でわかるものですが、中にはそうでない方もいらっしゃいます。

ある時、お客さんに尋ねてみたことがあります。

スキースクールって、何故かみんな黙ってますよね?何故ですか?と。

スキーマニアのある方がこう答えました。


「俺の言うことは黙って聞いておけ」的な雰囲気が無きにしも非ずですね。


基礎スキー界独特の封建制度が末端にも及んでしまっている悪例のひとつと言えるでしょう。

右も左もわからない初心者相手なら、有無を言わせず講習するケースもあるでしょう。
何故なら講習を受けているほうは何もできないから。知らないから。
彼らにしてみれば、ただ言われるがままにやるしかありません。頼りになるのはただ一人、目の前にいる先生以外にいないのです。

しかし、スキーマニアはそうではありません。
スキー理論やテクニックについてはそれ相応の知識は持ち合わせていて、自分なりの薀蓄も備わっています。
しかし、そんなスキーマニアでさえ、イントラを前にすると、たちまちおとなしくなります。

それはなぜか?


それは、知らず知らずのうちに基礎スキー界特有の技術的乃至肩書きが劣るスキーヤーを見下す如き封建社会に洗脳乃至影響されているからではないかと考えられます。
スキーの上手い先生の講釈に対しては堂々と「貴方の言っていることは理解できない。」とは言えない心理です。

講釈を垂れる側も、研修会で拡散された意味不明な造語を意味もなく使ってみたり、自分がフリーで滑っているときは決して行っていないであろう「ハイブリッドスキー」を講習生に強要したりするわけですが、結局多くの人が誰も楯突いて突っ込みを入れないので、結局イントラのやりたい放題。

悲しいかな無駄な時間が過ぎていくばかりです。

2年前、某SSからは「誰も理解していないハイブリッドスキー」なるDVDが発売されましたが、それがまさに最たるものであります。
現場で教えようと試みたものの結局はカルト過ぎて伝わりませんでした。
また、聞いている側も理解困難でした。摩訶不思議なスキー理論でしたと吐露しているも同然であります。

それゆえに、何年もの間ナショナルデモのプライべートレッスンを受講しまくったのに、いつまで経っても1級にさえ合格できない可哀想極まりないスキーヤーが存在するのです。

そして、陰であのイントラはダメだったの、あそこの誰それは良かっただの、ネットでの陰口がひたすら拡大していくという悪循環に陥っていたのだろうと推察されます。


もし現場で講習生の意見をリアルタイムで吸い上げるシステムが存在していたのならば、巷で陰口叩かれるような「失われた10年」などということは起こらなかったでしょう。

失われた10年の根源は、消費者の声を聞くシステムが皆無だったスキースクール業界特有の伝統にあるのではないかと今ふと思うこのごろ。

テーマなんてどうでもいいんです。
言葉なんてどうでもいいんです。
余計な振り付け指導はいいんです。

ただ単純にどうやったら先生のような上手な滑りに近づけることができるのか。
それだけを教えてもらいたいだけなんです。

コブに対しては手も足も出ない

そんな貴方はぜひおいでください。
難しいことは一切申しません。

1日で自己練習ができるレベルに引き上げることが可能です。

出来なければお金はいただきません。神に誓って申し上げます!!!



★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
画期的だと思う「コブの教え方を教えます」
ウチ門をたたく方の多くから聞かれる声として圧倒的に多いのが

コブレッスンを受けるものの、周りは結構上手い人が多い

ということが挙げられます。

昨今、スキースクールは二極化が進んでいるように思われます。

第一グループ= 初心、初級者
第二グループ= 結構上手いスキーマニア

中間層があまり存在しないように感じられるのは私だけでしょうか?

第一グループに関しては、主導権は完全にイントラです。上達させるための方向はだいたい一つに決まっています。
講習内容についても、至極基本にのっとり、パラレルをマスターさせるべく講習を進めていけば良いと思われます。

しかし第二グループは少々やっかいです。

あまりに上手なので、何を教えたらいいのかよくわからないというケースが実は少なくはないのではという気がします。
もちろんプライドの高いイントラですので、自信たっぷり堂々とレッスンを施すわけですが、突き詰めて問うていくと、

「難しい」

ということを吐露するイントラは決して少なくはありません。

しかし講習を受ける側にも問題があります。

これを読んでいるスクール好きのスキーマニアの皆さん。
受講の際、自分が目指しているもの、直したい欠点を明確にイントラに伝えていますか?

昨日述べたように、黙りこくっている人がいるのではないですか?
言われるがままに受け身な受講に終始していませんか?

それではイケマセン。

もし黙っていると、昨年までならひたすら「谷周りの洗練」のための練習に終始させられたというケースが頻発していたかもしれません。
もし受講者本人がそれを望んだのならOKですが、もしそうでないとすれば問題ありです。それはイントラではなく、むしろ受講者側の問題といえるでしょう。

何も言わず黙ってレッスンを受けておきながら、ハイブリッドは駄目だの、谷回りオンリーだなんてあり得ないだの、後になってから文句を言うのは良くありません。

技術レベルが上であればあるほど、受講する際は何を習いにきたのか?どこを矯正したいのか?それをハッキリと伝えるべきです。

それこそが受講者とイントラの信頼関係を築く第一歩にもなり得るのです。



当研究所にもかなり上手な方がお越しになります。
指導員クラスの方もたくさんお見えでした。

教えることなどほとんどない

そんな上手な方もお越しになりました。

基本的にウチ狙いは2つ


コブが全くできない人を自己練習できるレベルに引き上げること

連続ターンができない人をできるようにさせること


この二つです。


冒頭に触れました、「結構上手な人が多い」のケースは、自己練習を繰り返せば自然と上手くなる人です。私の感覚で申し上げるならば、講習など受ける必要はありません。

もし、どうしても受講したいというのであれば、次の段階として

コブの滑り方の教え方

を学んでいただきたいと思います。
コブが全くできない人を次々に覚醒させるその面白さは、痛快そのものですから(^-^)


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



皆川賢太郎選手が技術選参戦!!
驚きました。

皆川賢太郎選手が技術選に参戦
スクリーンショット (12)


40歳までやりたいとか。
どうかいい影響を与えてくれることを祈念しています。

権威に弱い基礎スキー業界ですから、彼が一定のスタンダードを形成する可能性もあります。


注目ですね!!


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



すでに来年のプログラムを公開しています
季節はやがて7月。

心はスキーモードから完全に離脱してしまった方も多いのではないかとお察しします。

そんな完全OFFシーズンですが、当研究所ではすでに2015シーズンのプログラムを公開、受付中です。

コブ滑走研究所2015

数パターンに分けられた志向別講習に加えて、コブ指導者向けの「コブ指導法講習」もワタシ的にはかなり画期的と自負しています。


11月中の入金で割引になる「早割」も実施中です。
必ずや貴方にピッタリの講座が見つかるはず。

ぜひお越しください。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

できるだけゆっくりやることが重要ですとおっしゃいますがネ~(^^;)
コブのレッスンでのよくある例その1。

先生が見本を見せる。

こんな感じでやてみてください。

ダー。。。。

講習を受けている本人はそんな連続ターンできるはずがありません。1ターンで破たん。真似しろって言われても不可能です。


よくある例その2

見本となる滑りを示して見せながら

「できるだけゆっくりやることが重要です」

非常に多く耳にしますよね。

でもね。

ゆっくりできるなら誰も苦労しないんですよ。
ゆっくりできる人はすでにコブの出来る人。初心者向けコブレッスンなど受ける必要はありません。

ゆっくりやるということは、ブレーキを掛けるということを意味します。
しかしスキー業界の人の95%はブレーキという言葉を使いません。「ブレーキがダサい」という概念を上層部から刷り込まれてしまった、ある意味洗脳でもあります。
なので、コブをゆっくり滑りながらも、イントラはかなり強いブレーキをかけています。
しかし、自分がブレーキをかけているという意識は極めて希薄なのでそこで大きな誤解と伝達ミスが起こります。

99%のイントラは、コブにおけるブレーキ操作を

コントロールとか
ズラシとか

いう言葉に置き換えて口にします。

講習を受けている人は決して惑わされてはいけません。自分でそれらの言葉を「ブレーキ」に「停止させる」という言葉に置き換え解釈する必要があります。

コブの上達でもっとも必要な要素は

自由なブレーキ操作

先落とし
抱え込み
ブロッキング

そんな専門用語によって表現される様々な運動は、ブレーキをかけるための補助動作だということを実は多くの人が気付いていません。

悩めるコブ不能スキーヤーを救済できない原因はまさにそこにあるのです。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:miyukinod










コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走研究所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
レッスンプログラムをはじめ豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

カテゴリー

リンク