FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
SG誌はやっぱり検定攻略特集に走るのか
SG誌10月号

すでに手に取ってお読みになった方も多いことでしょう。

オフシーズンでも検定特集は相変わらずです。
こんなことでもしなければ発売部数が稼げないのはなんとも切ない限り。

テククラ検定
1級検定

いわゆるスキーマニアが集う一番の層であることは間違いがありません。


ジャッジは此処を見ている!

とのタイトルですが、2級取得後、ハイブリッドスキーレッスンを受け過ぎた人は一から技術を見直さなくてはならないという実に悩ましい壁が存在しています。

過去の誤った指導には一切触れず、何事もなかったかのように淡々と解説を繰り出す技術解説。
しかし、表面だけを捉えた雑誌の記事にフムフムうなづく前に、

内倒
ヤジロベエ
紙相撲滑り

この三つを徹底的に矯正しなくてはならない1級未満スキーヤーがなんと多いことか。

SG誌の

こうしろ
ああしろ
ここをこう動かせ

という以前に、沁みついてしまった内スキー癖を徹底的に治療するところからはじめましょう。

検定を受けるのはそのあとです。

ハイブリッドスキーヤーはコブが全くもってダメなので、コブを徹底的に訓練するところからです。
コブを滑るためには基本的に100%バインシュビール技法に頼らなくてはなりません。
ハイブリッド要素はゼロです。

染みついてしまった悪癖を根本から治すためにコブ練習は非常に効果大です。
コブ練習を積み重ねることで、スキーの乗り位置が改善され、結果的に整地の滑りもレベルアップします。

振り付け指導にばかり走っていたハイブリッドレッスンとは全く違う次元での「スキーの根本」を見直すきっかけにもなるでしょう。

1級に合格したければまずコブ。

ワタシの理念です。

コブを徹底的に練習すれば細かい理屈なしに1級に合格が近づきます。
改定されたアンチハイブリッド教程下においてはなおさらです。

逆にいうなら、コブでの連続ターンができないのなら絶対に1級を受けてはいけません。
金をどぶに捨てるも同然です。

慣習的にコブ斜面を使用しない1級検定を常としているスキー学校も存在するのかもしれませんが、そんな似非不整地で合格しても、きっと後々負い目になるだけなのでやめておきましょう。

1級は1級

という向きもありますが、そんな1級じゃ正々堂々と「私は1級だ」とは公言できません。おそらく自己満足にもなりません。

検定を模擬テスト感覚で受ける人も少なくありませんが、模擬試験に10000円も出すのは愚の骨頂です。
スキーに詳しい誰かに滑りを見てもらって、合格できるかも?と太鼓判を押されて初めて受験するべきです。

まぐれは起きません。

検定は1年に一回だけ、

シーズン終盤に受けるのが王道です。


白馬の重鎮・TOKUさんもかつてそれに似たことをおっしゃったそうです。
八方尾根スキー学校の検定部長が言うのだから間違いありません。

検定は合格することに意義があります。TOEIC英検とは違います。
合格する見込みのない検定受ける金があるなら、信頼できるスキー学校で1日講習を受けたほうが100倍有意義です。

全然イケてないのにもかかわらず、69をチラつかせて射幸心を煽り、シーズンに何度も検定を受験させようとするスキースクールもどうかと思いますが、くれぐれも雑誌や映像媒体に惑わされてはなりません。
少なくとも68が出てしまったら、年度内合格は絶対に無理です。

スキー検定のスコアは私の感覚では小数点以下切り捨てです。
69でも69.90と69.00では雲泥の差です。

69.90なら少しの改善で70に到達する可能性は高いといえるかもしれません。でも69.0では相当な時間をかけて根本を鍛錬しなければ道半ばといえます。

せっかく汗水たらして稼いだお金。大切に使いましょう。(笑)

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク