FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
教程は絶対ではない。あくまで「推奨」である  なのだそうですよ
自然で楽なハイブリッドスキー

コレのせいで人間関係がギクシャクし、口論になり、喧嘩になり、殴り合いにまでエスカレートしたかは定かではありませんが、多くの人たちにストレスを与え続けたことには間違いがありません。

しかしですよ。

それをそのまま100%マジメに受け入れようとしたから不具合が起こってしまったのではないでしょうか。

2年前、木島平スキー学校の主任「ヒゲマスター」氏とこのことで語り合ったことがあります。

氏いわく

みんなあれこれ言うけれど、誤解しちゃいけないのは、教程はあくまで「推奨」であり、絶対ではないんだよね。
ところが世の中、ハイブリッドスキーに従わなきゃいけないみたいな雰囲気になってしまっている。
そうじゃないんっすよ。

ウチノ息子がはじめてスキーを履いた時に教わったシミズ先生。
同じく2シーズン前にこんな会話をしました。

この間レッスンした生徒さんがどこぞのスキー学校で、「ウチアシとソトアシの荷重比率は5:5だと習った」とボヤイテいたんだけれど、それは自然の道理で考えてもおかしいよって。
10:0はないけれど、無理にウチに乗せて云々ということは考える必要はないんですよね。


お二人とも至ってまっとうなお答えであります。

皆さん熱心な指導員ですから、きっちり指導員研修会には出席しています。

長野県には有名デモが沢山いるので、

技術員の担当講師はデモ
正指導員の担当講師は技術員

そんな仕組みになっているようです。

しかし、習ったことをすべて受け入れている訳ではなく、あくまで自分の指導の中で役に立つ論を参考にしながら研修会には臨んでいるようです。

辛口批評が日経新聞コラムに掲載された「面白すぎる解説」で一躍人気者になった三浦豪太氏の「ミウラドルフィンスクール」さんや、同じく北海道の「ばんけいスキー学校」さん。
実際のスキー指導を行うにあたり、おそらくハイブリッド教程など頭の隅にもなかったのではないでしょうか?

そうしたメディアや関係者のブログを読み漁る限り、あくまで経験から導かれた合理性に従って指導をおこなっていたということは想像に難くありません。

教程はあくまで「推奨」であり「絶対」ではなかったようですヨ。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

miyukinod

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク