【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブでは谷周り局面が重要です。でも勘違いしてはなりませぬ。
久しぶりの晴れ間に心ウキウキなお正月2日目です。



さて。

すでに遠い昔の懐かしい戯言のようにも感じる「ハイブリッドスキーイング

できるだけ山周りブレーキを要素をなくし、その代わりに谷周りでズラセ。
重力を最大限に活用しろと吹聴しておきながら、加速局面である谷周りでブレーキを掛けなさい。
そんな上部のお達しを自らの言葉で説明し、実演できないイントラが多数存在したゆえ、スキーマニアの中には、

「そんなにブレーキが嫌なら直滑降すればいいじゃないですか。」

と楯突いた人もいた模様。

なんとも切ない話でありました。

谷周りでブレーキを掛けるという技がかなり難しいテクニックであることはコアなスキーファンならだれでも知っていることです。
実際、切り替えの直後、抜重状態から緩やかに板に荷重がかかり始める段階において、ブレーキを生じせしめるほどの雪面への加圧操作は、相当な芸達者でなければ実現困難なテクニックだったと言っても過言ではありません。

しかし

コブにおいては実は谷周り局面でのブレーキ操作が重要です。

でも勘違いなさいませぬよう。ハイブリッド的(?)ブレーキ操作ではありません。もっと単純なものです。


ブレーキを掛ける方法には二つあります。

一つはスキーを外に押し出して「えぐる」操作。
板をたわませてずらしながら強い荷重感を感じながらブレーキを掛ける方法です。

もう一つは単純にスキーに迎え角をつけることです。荷重する必要はありません。
ただ単に、進行方向に向かって板を斜めにするだけです。
ただ斜めにしさえすれば前に進む力(重力)が除雪抵抗を発生させてブレーキがかかります。

コブにおいてはこの後者の方法が必須です。

ハイブリッドスキー教程においてはしきりに「ニュートラルポジションを長くキープして加速局面を保て」のような指導が行われてきました。
すぐに切り替えてはイケナイということのようでした。

しかし

コブではそれが命取りです。ニュートラルポジションは一瞬で終わらせなくてはなりません。
常にブレーキを掛け続ける状態をキープしなくてはなりません。

そのためには進行方向に対して常時迎え角を発生させ続けること。
それこそが

コブ攻略の大原則


なのです。

========

*1月5日、6日は満員となりました
*1月17日からの「ワタシは1級だ!」コースは満員となりました。




★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コブが下手になるブーツ
今季新調したブーツです。

どうも馴染めません。残念ながら。。。

前傾角度がゆるすぎて常に棒立ち状態。それによって走り出しのスケーティング動作からいきなり後ろへつんのめるような挙動がしばしば見られます。

カントの調整は可能でも、前傾角度を強める調整ビス等は存在していない模様。

試しに新旧2つの物を並べて前傾角度がどれくらい違うかを比べてみました。

左がドロミテ、右がノルディカ

ドロミテは、シェルの後ろの部分がはっきりと見えています。それだけ前に傾いていると言うこと。
しかしノルディカはその後ろの部分が視界には入りません。

横から見たところ

手前がドロミテ、奥がノルディカ。
明らかにドロミテの方が角度が深くなっています。

わずかな違いのように見えますが、実際かなりの違いが感じられます。猛烈な違和感です。

パウダーではノルディカは自然と踵荷重になるので比較的操作がやりやすい印象です。
しかしターン前半においてトップを素早く食いつかせて小回りをしようとする場合、従来の操作方法では板が言うことを聞いてくれません。

ここでも頻繁にご紹介していますが、コブでは、切り替え時のスキーの引き戻しによる先落とし動作が非常に重要です。

その動作を容易にするため、1番上のバックルは、きつく締めてはいけないと、かの岩渕隆二氏も語っています。

私の場合バックルを緩めることはしませんが、ドロミテの場合、クイックスポイラーを1番奥に押し込むなど、角度が最も深くなるようなポジションで固定しています。

それによって、スムーズな先落とし、そしてトップの素早い接地が実現できるわけです。

もちろんこうした感覚はすべてのスキーヤーに当てはまるわけではありません。

かつて木島平スキー学校の竹内氏に、私のブーツセッティングの話をしたところ、それは俺にはない感覚だなどと話していたこともあります。

しかしこれからコブを克服したい、上達を目指したい発展途上のスキーヤーには、やはり前傾角度ができるだけ深く設定できる物をお勧めします。

スキー板だけでなく、ブーツ選びもコブ攻略の重要な要素なのです。

くれぐれもデザインで選んだりすることのないようご注意ください。


========

*1月5日、6日は満員となりました
*1月17日からの「ワタシは1級だ!」コースは満員となりました。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


無駄なお金を使わせるのではなく、贔屓目なしの無差別統一模擬検定をやるべき
年末年始は実に多くのスキーヤーさんがお越しになりました。
スキー談義にも花が咲きました。

ありがとうございます。


そんな中、感じたことがあります。

なぜクラブの先輩は後輩にやたらと検定を受けさせたがるのか

心当たりありませんか?


1級を持っているクラブ員後輩に「準指を受けろ」と迫る先輩。
1級を持ってる下級生に「テクを受けろ」と迫る大学基礎スキー部の先輩


しかしですよ。

スキーの検定などと言うものは、合格しなければほとんど価値がないのです。
英語のTOEIC検定とは全く次元が違います。

何度も言っていますが、1級検定で72を出す人は相当上手い人です。
すでにテク合格がかなり近いレベルです。
でも1級を70で合格したての人が、翌日違うスキー場に出かけていってテクを受けたとすれば、ほぼ間違いなく71か72が出ます。
それ位いい加減なものなのです。

にもかかわらず腕試しだとか言って暗示をかけて検定を受けまくる人、煽って受けさせようとする人。
問題ありです。

合格の可能性がないのに受けるのはやめましょう。

それではスキースクールの営業上問題ありというのならば、模擬検定を大々的にやればいいのです。受験料を大幅に安くして。

しかも贔屓目なしの無差別級統一模擬検定。

自分の持っている級を一切明かさず、尋ねず、いきなりの検定滑走です。

本当の意味でのレベルが明らかになります。

今日の午前は不整地だけの検定
午後は大回りだけ
翌週は小回り。

自分の滑走技術のレベルを知りたい種目だけを受験できるようにするのです。

一回滑らせて採点するだけですから、何度もリフトに乗せて時間をかける必要はありません。

1種目1000円でいかがでしょう?

レッスンの空き時間にやるとか、レッスンが終了した後の夕方にやるとか。
常設レッスンの収益も確保したうえで付帯収入も得られるまさに一石二鳥。

だめかな(^_^)

========

*1月5日、6日は満員となりました
*1月17日からの「ワタシは1級だ!」コースは満員となりました。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

コブ講習はじまりました ~今季最初のビフォーアフターとりあえず(^_^)
いよいよ始まりました。
いきなり6名様の満員御礼でのスタートです。

早速ですが、ご参加のSさまのビフォーアフターをアップしてみました。

コブでの連続ターンなどしたことがないという方でしたが、午後には楽々ターンが続くようになりました。

Sさまいわく

ストックワークがこれほどまでに劇的な変化をもたらすとは本当に驚きましたとの由。


ビフォー


アフター


あと5名様いらっしゃいいますが、準備出来次第随時掲載いたします

========

*1月5日、6日は満員となりました
*1月17日からの「ワタシは1級だ!」コースは満員となりました。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


ストックを突けないスキーヤーの原因は自然で楽なスキー
コブ講習二日目です。

昨日からの流れをまとめると、

1.こぶを滑れないのは、所定の位置で素早く板を回せないから
2.慌ててターンしようとしていてコブの底に到達する前に切り替えを行っている
3.その結果ブレーキ時間が短くなり加速を誘発してしまっている
4.とにかくしっかりストックを突きさす。
5.突き刺したストックを中心に回転をさせる

そんな流れで講習を進めました。

とにかく細切れ練習が重要ですので、1ターンのみ、乃至2ターンの反復を実践しました。

全くストックを活用することのできないスキーヤーさんは常時ローテーションでのターンが染みついてしまっていて、ターンの瞬間からすでに横に向かって進んでいってしまいます。
ご本人もそれが判っているので、コブに向かって進み始めた瞬間からハノ字になって無理やりブレーキを掛けようとされます。

そうした方は1ターン練習が必須です。
とにかくストックを突いてローテーションを防止するということを念頭に練習に取り組んでもらいました。

あと、ベテランSさんからのアドバイスもありまして、ストックを突きさす位置を枯れ枝で明示すると意外と上手くいった局面もありました。


整地の練習では、

1.横滑り
2.斜滑降~ひねり停止
3.棒立ちになって母指球荷重のパラレルターン
4.ストックを突きさしてのその場での急方向転換
5.斜滑降からのストック突き刺しでの自動ターン
6.直滑降しながら、ストックだけで超小回り

そんな練習を繰り返しました。

しかし旧教程「自然で楽なスキー」における「ストック突くな論」の弊害をあらためて垣間見た気がします。

ストックを突けなどと言われたことのないスキーヤーは足元操作に関してはうるさいほどダメ出しを受けてきたのに、ストックに関してはほとんどアドバイスなし。
その結果、自己流の「手振りが」染みついてしまってコブではかなり苦労されています。


コブ滑走は四輪駆動車によるオフロード走行と同じ。ストックはコブにおける前輪です。ストックなしでのコブ滑走はあり得ません。
少々つらいですが、ストックを活用する滑りをこの際徹底的にマスターしましょう。

========

*1月5日、6日は満員となりました
*1月17日からの「ワタシは1級だ!」コースは満員となりました。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク