【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックがどれだけターンのために活用されているかはデモのDVDを見ればよくわかります
ストックが使えないスキーヤーが多いのには、なんとも嘆かわしいばかりです。
ストックはセンサーだと意味不明なことを発したことを発端に、多くのスキーヤーがストックを単なるバランスポールの如く脇役に追いやってしまいました。

確かに整地の滑りにおいてはストックは突く必要もなく、ただぶら下げているだけでOKです。

しかしコブにおいてはそうもいきません。

コブにおけるストックは回転を導くものと言うだけではありません。
コブにおいてより明確な「雪面コンタクト」を実現するために必要とされる「先落とし」を実現させるためには必要不可欠な道具なのです。

このスチル画像をご覧ください。



時折引き合いに出す佐藤麻子サンのものです。
板が半分以上飛び出していますが、ストックはしっかりと地面に刺さったままです。
1級レベルでこれほどに明確な強いストックワークを行っている一般スキーヤーは皆無ですが、実はこれは非常に重要な運動であることを強調しておきたいと思います。

しかも、ストックを突くタイミングと場所は、皆さんが普段適当に突き刺している地点よりもはるか前方です。



思い切り手を伸ばし、スキーの先端横に突きさしています。
突き方も「ひっかく」のではなく、あくまでシャフトの向きと同じ方向に向けて差し込んでいく感覚です。
ストックは長めがイイと言う所以です。

そしてストックを突きさした次の瞬間、スキーが体の下に戻ってくるような挙動を示します。


これこそが先落としであり、高度なコブ攻略のための必須要件として挙げられる技術要素となります。

もちろんストックなしてコブを練習するのもかまいませんが、ストックなしでは単に削る運動にばかり終始してしまいがちです。先落としはほとんど不可能です。


どうせやるならストックを使って削り運動+先落としのダブル効果。

是非お試しください( ^ω^ )


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
間延びした溝コブでどうやってブレーキを掛けるのか?
間延びした溝コブでどうやってブレーキを掛けるのか?

そんな悩みを抱えるコブ不能スキーヤーはかなり多いと思われます。

しかしどんなコブであっても、ブレーキの掛けどころが必ず存在します。何故なら「溝」や「コブ」はブレーキを掛けて雪が掘られた結果の産物だからです。

細くて間延びした溝コブには「バンク」削り出来る部分はほとんど存在しません。そもそもバンクでのターン(ブレーキ)は遠心力を活用するために相当な左右のスペースが必要です。

しかし、間延びした溝にはその内側に削ることのできるスペースが必ず存在します。決して目立ちませんが、わずかなブレーキングゾーンです。私は「内削り」と呼んでいます。

「ズルズルドン」するほどの横スペースではありませんが、スキーを斜めにした状態で削っていく運動が実現可能な溝の内側です。

しかしここを削るのが難しいのは、スキーを真横に向けることができないので、上手くやらないと、スキーが先走ってしまうのです。(そうだ!そうだ!という声が聞こえてきそうですが。。。。。笑)

しかし先走らない(正対)しなければ、脆弱なるも確実な削り運動によるブレーキング操作に結び付けることが可能です。
それは


逆ひねり

です。

口酸っぱく申しています通り、逆ひねりはブレーキ力アップの動作ですので、個の溝コブでも確実に逆ひねりを入れていただく必要があります。

ただしあまり大袈裟にやると、滑りそのものがヘンテコになってしまう可能性があります。
そこで私がお勧めするのが、下を見る方法。

削った結果、向かうべき溝の底を見るのです。

この時、首を外向に傾げてブーツ付近を見るような姿勢になるかとは思うのですが、この首を傾げた姿勢がまさに逆ひねりの動作となります。

故意に腰をひねって捻るのとは違い、捻られているのは頭だけ。
しかし間違いなく迎え角が増大してブレーキが強まっています。

その証拠動画がこちらです。



下を見ることでスキーは正しく溝の底をめざし、そして確実に着地するのです。

ぜひお試しください。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

すぐに出来る(かもしれない)先落としの実体験方法
コブの上級テクニックともいえる先落とし。

プライズクラスのスキーヤーであってもそれを正確に行うことができない人もいます。
「先落としなど意識していない」と公言しておきながら、バッチリ先が落ちているスキーヤーもたくさんいます。

しかし、先落としをやれと言う前に、なぜこの技がハイレベルなコブ滑走における必須テクニックなのかの説明が求められます。

コブは超急斜面、緩斜面、平坦地、上り勾配の複合斜面です。それが細かいピッチでめまぐるしく変化し、スキーヤーを翻弄します。

特に手こずるのが上り坂の先に待ち受ける突然の絶壁です。

コブではスキーが浮かんで発射してしまうことが最大の敵であることは誰もが経験しているのですが、その発射を抑え込む技こそが先落としです。

常にスキーを地面にこすりつけておくための運動です。
状況がめまぐるしく変化する中で、時には後傾きになってしまう瞬間、強引に姿勢を立て直すときにも必要なテクニックです。

ナゼこすりつけるのか?

もちろんそれはつまるところいつでもブレーキが掛けられる体制を維持するということになります。
コブでの最重要課題は何はなくともブレーキです。

丸いターンコを描けなど、ハッキリ言ってどうでもいいのです。

昨今主流の溝コブは、コブが多くのスキーヤーが雪を掘った結果出来上がった、不規則な曲線U字溝。
完全に滑走ラインが規制された溝を正しいブレーキ操作で降りられれば勝手に丸い奇跡になります。

ブレーキが自由に調節できた結果、自然と丸くなるだけの話であり、ブレーキが掛けられないのにターンコなどなぞることなど不可能なのです。



そこでやってみましょう。先落としの練習。

昨日の受講生の方はなかなか調子よく課題をこなしていただいていましたので、一部の方には先落とし体験をしていただきました。

やりかた

1.斜度の緩い、間延びしたコブを探す
2.溝にそって適当に小回りする
3.速くスキーを回すとか、削るとか、ソトアシを踏むとかあまり考えない
4.あくまでストックを軽くついて回転操作を行う
5.溝の落差を乗り越える瞬間に、斜め前方に向かって少し背伸びする
6.同時にほんの少しスキーを瞬間的に引き戻す
7.スキーが溝の落差を這うようにして下に向く
8.その瞬間トップで地面を捉えている感覚を体感する

見た目的には体が一瞬ピーンと伸びたようなシルエットになります。こんな感じで。


岩渕隆二氏のコブDVDの直どり画像ですが、岩渕氏は一流モーグラーでありながら、コブ指導に関しても自らの高等な運動の原理を初心者レベルにまでかみ砕いて解説することのできる類まれなテクニシャンですネ。


先落としが出来ているか否かは、溝の落差を越えていく瞬間、頭を下に向けて足元を見てみてください。
自分のブーツが真下に見えれば、足が伸びてスキーが引き戻されている証拠です。同時に先落とし動作も行われていることになります。

とにかくコツは超緩い溝コブでやること。暴走しても安全が確保される易しい斜面であることが条件です。

上手くいくとちょっとした新感覚に襲われることと思います。

オモシロイナ。

きっとそんな風にお感じになれることと思います。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

2月14日(土)、15日(日)の「はじめてのコブ」 日帰り受講承ります
2月の週末コースはすでに多くが満席となっていますが、唯一2月14日、15日につきましては空きが3名様分あります。

しかし

宿泊が満員となってしまいましたので、日帰りでの参加をお受けしております。

料金は

1日講習+1日リフト券付で8500円
2日講習+2日リフト券付で15200円

となります。

近隣の方でも他所にお泊りの方でも、どなたでもOK。

ご希望の方はお早目に!

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
学校法による高校教諭か予備校講師か
ワタシはただの1級スキーヤーです。
SIAやSAJに定める指導員資格はありません。
しかし問題なくコブを教えられているというそれなりの自負があります。

指導するなら、せめて指導員資格を取得されては?とのご助言も聞こえてこなくはありませんが、そのつもりはありません。
もしその資格を取得するにあたって、スキーマニア向けの「指導技能研修会」が存在するのであれば食指も湧くというものですが、そんなものは存在しません。

あったとしてもそれは初めてスキーをする子供をパラレルに導くかという「概論」に終始しています。

なので私にとってはあまり用をなすものではありません。
主として宿泊ゲスト向けの講習である現在の環境において、肩書は全く必要ありません。
名より実であります。

実際スキー指導員資格を持たない現場指導者もたくさんいます。
そんな中にも名物講師は存在します。中信地区の某人気スキースクールの人気講師の中にはそんな人が存在します。

理由は簡単。資格の有無は講習による上達効能を保証するものではないからです。

もし仮に資格上位者が有能な指導技能を持っているのであればこんな表示があってしかるべきです。


====

木島平コブ滑走研究所
担当講師資格別料金表(1日料金)

無資格 4000円
SAJ準指導員 5000円
SAJ指導員 6000円
SAJデモンストレータ 8000円
ナショナルデモンストレータ 12000円

====

しかしこんな料金表は見たことがありません。
ただし、デモンストレータは非常に希少価値ゆえに肩書を堂々表示して特別料金を設定しているスキースクールは数多く存在します。

ですが、肩書の格付けは指導効能とは全くと言っていいほど比例しません。

たとえば私設スキースクールと公認スクールの違い、それは学校法による高校教諭か、塾&予備校の講師の違いと似ています。

個性的キャラクターと独自の指導能力を持つ「今でしょ?」先生と、高校の先生。
似て非なるものです。

予備校講師は実績が第一故に、教員免許の有無は関係ありません。そんなことを気にして講師選択する予備校生もいません。重要なのはあくまで合格実績なのです。

ですから私はスキー指導員資格に関しては関心がありません。

あまり現場で役に立たない「理論」を丸暗記する時間を費やすくらいなら、たくさんのコブ指導経験を積んで、より多くの試行錯誤する時間を作りたいと思うのです。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク