【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
BM-P と KO-BXを比較する
購入からまもなく丸3年が経過するKO-BX。

片足重量2500g程度と非常に軽く、コブでの取り回しの良さは抜群であります。それでいて整地のカービングもそこそこ楽しく、ほとんど不満な部分のないスキー板となっています。

しかしビンディングのブレーキ位置が歪みつつあって、そろそろ寿命な感じもしなくもありません。

新しいスキーが欲しくなるこの頃ですが、昨日御馴染みゲストHさまの「BM-P」を試乗させてもらいましたよ。

以前よそ様のブログで

縦に落としまくるモーグル的滑りには無敵の反応を見せる

と書かれているのを見て、KO-BXとの挙動の違いに興味津々ではあったのですが、この日までBM-Pの姿はベールに包まれたままでした。

でもようやくその性能を確かめるに至りました。




単刀直入その挙動の違いを表現してみます。

BM-Pは

走る 少し重い、キレる(引っかかる)

KO-BX

ズレル 軽い 回る

ぶんぶん回しまくるコブの滑り方ならば、 間違いなくKO-BXに分があります。
逆にモーグル的に縦に落としてヒールキック&たわみ抵抗を使った滑りならばBM-Pに分があります。
もちろんBM-Pでも振り回す滑りは可能ですが、一般スキーヤーには間違いなくKOーBXが扱いやすいと断言します。
何よりも軽さが光ります。

軽さは生命

という訳で、次買い換える時期が来たら、おそらく同じKO-BXを買うと思いますネ。
次はブラックで。(笑)

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
熱心なスキーヤーHさま、ついに開花!!
昨年何度かお越しいただいた滋賀県のシニアスキーヤーHさま。

なかなかうまくいかないものの、とにかく熱心で貪欲に練習に励んでいらっしゃいます。


今季は2週間前に一度お越しいただきましたが、今回、スキーをブリザードのオールラウンド系スキーからReismに心機一転しての3度目の正直であります。

昨日はまだストックワークがあいまいで、自由な回転操作が出来ずにいらっしゃいましたが、昨夜のビデオ講習&イメトレのおかげもありまして、今日午前中にここまで進化を遂げられました。



動画検証とイメトレの重要性を再確認しました。

本当にお疲れ様でした。そしておめでとうございました。
拍手!!!
★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



停電中
長野北部で停電中です。
木島平も当然のごとく運転見合わせ中。
本日のコブ講習は2名様ですが、さてどうなりますか。。。。


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

先週のビフォーアフター2例目
先週末の模様その2です。

多くの方が、回し込む滑りが染みついており、クイックなターンが出来ずにいらっしゃいます。
リフトの上でも何人かのゲストとお話をさせていただきましたが、

この10年間の後遺症が抜けずに困っている

と漏らしている方も少なくありません。

ストックは突くな
ブレーキかけるな

スキーのRがきつくなったことで、身体を傾けさえすれば簡単に曲がれるようになりました。
多くのスキーヤーがターンの快感を簡単に味わえるようになった半面、

ターン=傾けてカービングさせよ

の教えが幅を利かせすぎたことによって、オーソドックステクニックそのものを否定する論調になってしまったことが諸悪の根源となりました。

ストックを突くなと簡単に言いますが、突かないよりも突いた方がより鋭く曲がることが出来ます。
突く必要がないのなら、手ぶらで滑ればイイのです。

小回りとは、もともと急斜面を安全に滑り降りるためのテクニックだったにもかかわらず、いつのまにか「ブレーキ要素はNG」との教えが多くのスキーヤーを洗脳してしまいました。

35度の急斜面をブレーキ要素を排除した「回し込みショートターン」をすることに何の意義があるのでしょう?

超エキスパートにしかできない「曲芸」でしょうか?

世に流布された現代の小回りは、中緩斜面限定の「SAJ検定専用テクニック」になり下がった感がなくもありません。








コブを攻略するためには、ブレーキ感満点のクイック小回り(ウェーデルン)の体得が先決です。
そのためにストックワークの精度を上げることが重要です。

スピードコントロール

などとカッコ付けず、「ブレーキを掛けよ」とハッキリ言いましょう。

余計な見栄は要りません。

よろしくお願いいたします。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


3月に入り予約が急増しています
3月に入りお問い合わせが増えています。
ご希望の方、お早目にご予約ください。

最新予約状況です。*定員は各回とも6名様となります

3月05日(木)4名様
3月06日(金)2名様
3月07日(土)6名様
3月08日(日)6名様
3月09日(月)1名様
3月10日(火)4名様
3月11日(水)2名様
3月12日(木)2名様
3月13日(金)1名様
3月14日(土)2名様
3月15日(日)2名様
3月16日(月)休講
3月17日(火)休講


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:miyukinod










コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走研究所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
レッスンプログラムをはじめ豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

カテゴリー

リンク