【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
レンタル用コブスキー第一弾
未だ積雪ない木島平ですが、準備だけは着々です。


今年の新機軸は何と言っても「コブスキーレンタル」。

その第1号にリズムのKOBXが届きました。おなじみ様の愛知県一宮のS様よりご提供いただきました。


ありがとうございます( ^ω^ )
コブでは何といっても軽さが命です。ぜひこの軽快な操作性をご体感いただきたいと思います。

なおレンタルは講習を受けた方限定でのサービスとなります。レンタル料金等は思いっきり( ^ω^ )安くする予定ですが、貸し出しの仕組みや、料金体系についてはまた近日中にお知らせいたします。

今の予定では、これ以外にも同じくReismのDOG、そしてiDoneのSRMを導入予定です。

どうぞお楽しみに(^_^)

★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長


➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
検定攻略専門雑誌を買ってみた
今日のスキー場オープンは叶いませんでしたが、気分は着々盛り上がりを見せています。

遅ればせながら検定攻略専門雑誌を買ってきました。何?検定攻略専門?

スキーグラフィックのことですよ。


タイトルだけは大袈裟で東スポ的(^_^)

例によって、合格者と不合格者の連続写真を並べてあーだこーだと不合格の理由を書き並べていますが、多くの場合、枝葉末節の上辺の「振り付け」でしかなく、アドバイスにはなっていません。

少なくとも、ココには挙げるケースには不合格の原因などは存在せず、単に時期尚早。ブライズ受験の資格はありません。

例えるなら、パラレル小回りが未熟でターンの度にテールが開くスキーヤーに向かって1級不合格の理由をゴチャゴチャ語るのと同様です。

もっと練習をしてから受験しましょう

とアドバイスを送るべきですが、受験を拒むことが出来ない現状では、受験者の機嫌を損ねないよう、適当に言葉を選んでアドバイスせざるを得ないのです。

歯切れとスピード感以前の問題なのは、スキーマニアなら誰でも分かるはずですよね?




73のケースに至っては、場所によっては一級さえも危ういケースです。
誰かにそそのかされ、一発発起して受験を試みたのでしょうが、このケースならばあと1シーズン30日滑っても合格は無理でしょう。
小手先の振り付け指導ではどうにもならないレベルなのです。

そもそも、スキー雑誌の技術解説は言葉のみで展開されるので、簡単に読書には伝わりません。

しかも指導の世界で常用される抽象語が多用されるので 余計に理解されにくいものになっています。
動かす

バランスが悪い

動きが止まっている
分かりませんよね~?(^_^)
あと、良い例、悪い例を示して解説するやり方も雑誌の常套手段ですが、これまたカナリ無理があります。BADケースが極端過ぎて 、非現実的なのです。

こんな変な格好で滑るプライズ受検者がそうそう居るとは思えません。


コレじゃあ1級も確実にアウトですわ。

プライズ受検を目指す位の人は、余計な技術論でアタマでっかちになっている可能性もあります。

が。

プライズ合格のためには、小手先の振り付け訓練だけでは何の改善にもならないと言うことを肝に命じ、スクール入校はほどほどに、ひたすら滑り込み、雪上での不自由感を徹底的に排除することが先決といえるでしょう。


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長



➡必見★当研究所の受講成果一例



➡参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村




本当にコブ攻略に効くのか不明なバリトレが多い印象
SG1月号の特集

スタイリッシュスキー
大人のための今風コブレッスン


について語らせてもらいますね(^^)

昨今のメディアにおいて、「大人の云々」という言い回しが激増していますが、いわずもがなこれは「シニア」を意味するものであります。

しかしコブの攻略にシニア向けメソッドなど存在しません。今風も昔風もヘッタクリもありません。

コブができない原因は万人に共通するものがある以上、指導方法に根本的違いはないのです。
それをいかにもシニア向けにとっておきの方法があるかのような誤解を招く表題は相変わらずのSG的手法。

実際手にとって読んでみても、取るに足らないものであることが殆どであることは経験済みです。

女性スキーヤーと登壇させて対談させる手法もまた、シニアへのいたわり?やさしさ?を強調しているのでしょうが、それは裏を返せばコレまでの特集が、いかに肩書きを振りかざすかのごとく、シロートには実践不能な、上から目線的な、理解不能な技術解説が横行していたかを物語っています。

コブに光明!チャンピオンが語る「俺の秘策」!  *タイトルはフィクションです

こんな東スポ的見出しに、無数のスキーヤーがだまされ続けてきました。(笑)



それに変わってコブ攻略記事に最近よく見られるのが

ワタシも昔はコブが苦手だった

的記述。

しかしこれは誤解を生みます。苦手なのではなく、コブだけを意識して滑ったことがないので、周囲の技術選選手同様のレベルに達するまでに時間がかかったというだけの話。

苦手のレベルが違いすぎて話になりません。

なのでそんな記事に惑わされてはなりません。なので彼ら(彼女ら)の技術解説は、必ずしも、真の意味でコブが苦手な人に適してものではないということです。

今号ではコブ攻略のために、大回りの練習から始めていますが、そんなことよりも、なぜコブができないのか、その原因の解明こそが先決なはずです。世に存在するすべての事象の改善、解決、向上のためには何はなくとも「根本原因の追究」が重要であり、成功を導くための方法論はそのあとに出てくるものなのです。

それをイキナリ意味不明?な大回りの練習とはなんともトホホな話。

決して駄目とは言いませんが、世のコブ攻略記事のバリエーショントレーニングには、コブ上達のためにいかにリンクしているのか、十分に説明がなされていないものが多すぎるのです。

バリエーショントレーニングも決して否定しません。でもコブに攻略のためには何はなくとも

できない原因の究明

が大前提なのです



★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長



➡必見★当研究所の受講成果一例



➡参加者の喜びの声

スキー雑誌に垣間見る封建社会の構図
スキー界が封建精度に満ちていることは周知の事実ですが、それは表沙汰にするべきではないと思います。
特に多くのデモを輩出する長野県、新潟県の雰囲気は特別なものがあるように思われます。(あくまで想像ですが)

実はそんな上下関係はスキー雑誌の記事にも見て取れます。

たとえば今号のSG誌。新潟の佐藤栄一と藤井守之が対談する記事。

対談など読まされても、正直、我々しもべのスキーヤーにはなんのこっちゃほとんど理解不能、ないし自分の滑り改善にどのように役立つか、正直ワカリマセン。(X_X)
よって内容はスルーするとしても、少々気になることがあります。

1975年生まれの藤井氏と、1982年生まれの佐藤氏。

佐藤氏はここ数年彗星のごとく現れた、新潟県の新星ともいえる存在。片や弱冠40歳のベテラン藤井氏。コブの上手さには定評のあるところです。

気になるのは終始藤井のコメントに出てくる一人称



俺の場合
俺の感覚では
俺のめざすところ


後輩である佐藤氏が終始へりくだったような体裁の文章となっているのは若干の演出はあるにしても、マスメディアという公の場において藤井氏が一人称に「俺」を常用するのはいかながものかと(^^)

どんなに偉くとも、公の場においては相手をリスペクトする姿勢を見せるのが社会の常であり、常識というものでしょう。
たとえば飛行機に乗って先輩CAが新人に偉そうにしていて快く思う乗客はいませんよね?

職場では下の名前ではなくXXさんと呼ぶのが普通ですし、学校の先生だって、新人教諭に対してもXX先生と呼びます。
新人がなめられたような呼ばれ方をしていては児童にいい影響があるはずもありません。

ところがスキー界ではどうやらマスメディアも含めて肩書きと年功が偉ぶる姿勢を容認している模様。いや。絶対そうに決まっています(笑)

上手い人が偉ぶるという点で、ゴルフも同じかとは思いますが、ゴルフはあくまで紳士のスポーツ。そこまで露骨に封建的雰囲気を醸してはいないと思うのです。

ここ信州の田舎でも、ごく普通に一人称を「オレ」と呼ぶことが少なくはありません。
学校のPTAの会合でもお父さんは普通にオレオレと連発しますし。

しかし、スキーは紳士のスポーツではないにしても、デモンストレータは「人格も重視」されるはずです。ましてや雑誌の誌上での対談。せめて公人にふさわしい言葉遣いには気をつけていただきたいものです。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長



➡必見★当研究所の受講成果一例



➡参加者の喜びの声



遅ればせながら引っ張り出してきました
26日ごろに寒波が襲来する予報が出ていますが果たしてどうなることやら。

そんなわけでいつもの年よりも若干スロースタート意味なのですが、今日ようやくスキー道具を一式引っ張り出してきました。


今年の目玉はなんといってもコブ用スキーレンタルサービス開始。

昨シーズンS様よりご提供いただいたディナスター 6th SENSE TWISTER 2012


ビンディングを可変タイプに換装すべく手配しております(^_^)

5年間使っていたツインチップ桜田紋も耐用年数を過ぎた模様で、ソールのひび割れが散見。

本日、超軽量な某社ツインチップスキーをオーダーしました。


わかんないよね~。(^_^)

もちろんこちらも可変タイプビンディング装着。

先日紹介しましたKOBXと併せまして、コレで3台。
あとはID-ONEのSRM、REISMのDOGが揃えば鬼に金棒でしょうか(^_^)

ご期待下さい!

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長



➡必見★当研究所の受講成果一例



➡参加者の喜びの声



プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク