【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
洗脳って本当にコワイですね(^~^)
基礎スキーという呼び方。
これはどうも古い呼称らしいのですが、他に適当な単語がないので、あえて使い続けています。
しかし、基礎とはどういうことなのでしょうか。

おそらく、SAJで言うところの「一般大衆」スキーということになるのでしょう。

仮にそうだとすると、それは余暇としてのスキー、レジャースポーツとしてのスキーということになります。

ところが、現状においては、いわゆる教程と申しますか、スクールでの指導内容が「ターンの質」と「ターン時の格好」に集中しすぎ、とてもレジャースポーツの基礎となる「教程」とは言えなくなっている気がしています。

ほんの数年前までは、捻り押し出しを駄目といい、ストックを突くと減速の元となるからイケナイとまじめな顔をして言い放っていた公認指導員は数知れずです。

レーサーが、減速要素を排除するための鍛錬を重ねるのは当然ですが、一般大衆スキーヤーは、不特定多数の人が入り乱れるゲレンデを滑るわけですから、常に減速体制を整え、いつでも止まれるように安全には最大限の注意を払うべきです。
レースコースには不測の障害物はまず有り得ませんが、ゲレンデには障害物だらけなのです。

そのためには、スキーヤーはいつでも必要に応じ、思い切り捻り、力いっぱい外足に体重を掛けてスキーを押し出し、除雪抵抗を最大限に利かせて停止、乃至急旋回する必要があります。

安全回避のための基本です。

それなのに、捻り押し出し技術は過去のもの。古いノスタルジーに浸るものは暗黒の谷間へ落ちていくとまで言い放ってしまった「一般大衆スキー本部」のお役人には呆れてものも言えません。

人間が作り出した高速で前進する、乃至落下するあらゆる構造物には高速性能はもちろん、それを上回る強力なブレーキシステムが備わっています。

新幹線には常用ブレーキとして電気ブレーキ(エンブレ)が使われるほか停止時にはディスクブレーキが、
F1マシンにはカーボン製ベンチレーテッドディスクブレーキが
航空機にはスポイラとエンジン逆噴射モード
EF63電気機関車には電磁吸着ブレーキ


なのに、一般大衆スキーヤーへは、ブレーキはそこそこ、とにかく加速命!といわんばかりのおかしな教えが蔓延していました。
そこまで加速したいのなら、ターンなどしなければいいではないですか。(笑)

何のための大回りで、何のための小回りなのか。

ターンの回転半径の差は、単に格好だけの問題ではありません。

信じられませんが、つい3-4年前までは、技術選の選手はこんな不恰好なターンに終始していました。

11041003_20121224165318_201512312108208f4.jpg

11041001_20121224163743_20151231210819992.jpg

ツルの一声に対しては何も言えずただ言われるがままの滑りを強要され、ジャッジに媚を売らなければならない選手たち。
駄目なすべりとは自覚しつつも結局のところ某国のごとく、楯突けば粛清?されかねず、ただひたすら押し黙っていたと察せられ、とにかく気の毒としか言いようがありません。

それとも単に洗脳されていただけなのか??

そしてその洗脳が完全に解けた今季、強調されているのはただひたすら「くの字」。

しかしくの字の重要性を説く前に、どうやったらスキーの楽しさを伝えられるか、もっともっと根底の部分を追求してみるべきではないかと思うのです。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声





スポンサーサイト
ストックは短いのがいいのか、長いのがいいのか、いったいどっちなんだ!!???
先日、昨シーズンに講習を受講された方から電話相談を受けました。

習ったことを確認すべくスキー場であれこれ試しているうちに分からなくなってきたとのこと。
ウチはお電話でのアフターフォローにも喜んで応じております。

おおむね夜8時前から9時まででしたら、お電話いただければ納得いただけるまでしっかりと説明申し上げます。
どうぞご遠慮なく。

さて、そのとき伺ったご相談なのですが

とあるスキーショップでストックのことを相談したら、コブでは短めがいいといわれた。
でもお宅では絶対長いのがイイといわれた。どっちが正しい?

これ、非常に良くある質問です。

ハッキリ申しましょう。長いほうが絶対にイイに決まっています。
スキー指導の業界というのは往々にして既成概念に縛られている雰囲気がなきにしもあらずです。

しかも多くの場合、上級者から見た感覚でものをいうケースが少なくなく、TPOにあわせた的確なアドバイスが圧倒的に不足しています。

SJ誌の技術解説やYAHOO知恵袋の「コブの滑り方を教えてくれ」の回答を見ても、多くの場合「出来ないよ」と一蹴されそうな内容が圧倒的多数を占めているのがその証拠でもあります。

コブは短めのストックがいい

というのはあくまで「モーグル滑り」が出来るようになってきた人への選択肢の一つとして考えるべきです。

大前提としてレジャースキーヤーがコブを滑る原理とモーグルスキーヤーのその原理はまったく違っています。

レジャースキーヤーはあくまで雪面を削ることによるブレーキが主体
モーグルスキーヤーは雪面への「衝突抵抗」によるブレーキが主体

となります。

衝突抵抗を生むためには、前もって足を屈曲させた状態をつくり、クルマのショックアブソーバ状態を用意する必要があります。それゆえに、肩から地面までの距離は必然的に短くなりますので、ストックは短めでなければクイックな動作が実現できなくなります。

しかしレジャースキーヤーは伸ばしと屈曲がめまぐるしく交互に訪れます。モーグラーのように最初から足を曲げたままコブに突っ込んで行く必要はありません。

伸ばしで削り、着地で屈曲

が基本です。

しかし着地でもたらされる屈曲状態は、着地後の衝突によるものであり、最初から曲がっているものではありません。
しかもコブという落ち込み部分での「超急斜面」に対応するには、それなりに長いほうが好都合です。

何よりも、ストックはコブを攻める上で重要な役割をなす「舵取り装置」です。

短いストックでは、突くたびに体を不自然にかぶせながら手を伸ばすような運動を強いられることになります。

170cmの人なら最低115cmは必要だと私は思います。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声





2時間で1本しかリフトに乗らないレッスンで果たして上達が期待できるのか
スキーレッスンが体育と化していることを問題視しました。
型を追求する「茶道」のごとく「スキー道」的ノリもまた、スキーファンを増やせない大きな原因であるとお話しました。

世の中くの字が大流行のようですが、実際のスキースクールの様子はどんな感じなのでしょう。

伝言ゲームのごとく、指導の上意下達方式はスキー界の独特のやり方で、それが時として審査委員会?を不問とするような暴挙に出てくることは過去のさまざまな事例が実証済みではあります。

地位の高いスキーヤーをやたらめったら崇め、神格化し、実際に「大先生」と呼ばれるケースも少なくありません。
有名スキーヤーに遠慮して「もっと上手くなったらXXデモのレッスンを受けてみたい」とへりくだる人もまた数多しです。

しかしそうした権威主義がさまざまな弊害をもたらしてきたことはもはや明らかで、上記の例のごとくスキーマニアの間で根強くはびこる目上に対する「遠慮」や「崇拝」は、誰に対しても一切の利益をもたらさないのは自明の理であります。

黙って俺の話を聞け!的雰囲気に満ちているイントラもまた少なくないようですが、その原因は彼らが受講する「指導員研修会」にも大きな責任があると私は考えます。
2時間でリフトに1本しか乗らない研修。滑ることはほとんどなく、長話とチマチマした低速プルークの連続。

そんな研修を受けさせられたイントラは、結局それを真似します。
寒いのに、滑りたいのに、とにかく現場での長話が過ぎます。

世のスポーツにこれほどまでに講釈ばかり聞かされるものが存在するでしょうか?

たぶんないです。

水泳だって、水の中でイントラがひたすらしゃべっているなどということはありません。
一言二言しゃべって、ひたすら実践させるでしょう。練習させるでしょう。

スキースクールは話を聞くところではなく、もっと練習をさせてくれる場所であってもいいのではと思うのです。

受講者のレベルが上がるほど講釈割合は上がり、エキスパートレッスン等では、大袈裟でもなく、7:3~8:2の割合で話を聞く時間が滑る時間を圧倒しているのではないかと察せられます。

ハッキリ申しましょう。

どんなに話を聞いても上手くはなりません。

レッスンにおける話はあくまでその人に対しての「気づき」を与えるためのものだと私は思います。
気づきに結びつかない話は結局馬の耳に念仏。

説法ばかりで2時間で1本しかリフトに乗らないレッスンなど、ハッキリ言ってクレームものです。

ウチでは疲れ果てるまで滑らせる。そんなレッスンを目指したいと私は思います。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声






明後日からの初講習につきまして
それにしても今朝の気温の高いことといったら、本当に驚かされました。
木島平スキー場も引き続き第8リフト、第6リフト、第11リフトが運転中ですが、今後の天候しだいでは開放バーンの縮小も予想されます。

ですが、明後日からの講習は予定通り実施いたします。(5名さまのエントリーがあります)
ただし、1月5日の時点でバーンコンディションが著しく不良となる場合に備えまして、明日、付近のスキー場を回りまして、代替会場の下見をして参ります。

野沢温泉、戸狩、斑尾、タングラムなど等。。。。。


どうぞよろしくお願いいたします。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声






ホンネで向き合うべき
スポーツ指導界の常識でもある、「褒めて伸ばす」。

私思うに、いわゆる基礎スキーの世界ではこれは当てはまらないような気がしています。

寸分違わぬ型が求められるこの世界において、安易に褒めたところで検定に合格しなければ何の意味も持たないのは、経験者なら誰もが思うことでしょう。

スキースクールも客商売ですから、やたらめったら褒める人もいます。

ゲストをリスペクトするその姿勢は決して間違ってはいないと思うのですが、検定を目指す人に対しての安易なおだてや褒め言葉は厳禁です。

レッスン生側からすれば、褒められたのになんで俺はいつまでたっても74なんだ?

そう思うに違いありません。

ダメならダメとはっきり言えばいいものを安易に69や74を出して、「あと一息で合格!」などとやたらと射幸心を煽る「検定の聖地」と呼ばれるスキー学校のやり方にはあまり感心できません。

検定の世界に褒め言葉は厳禁だと改めて実感するところです。

だって、ダメだから落ちるんでしょう( ^ω^ )

純粋に技術向上を目指すコアなスキーファンに対しては。やはりもっともっと本音でものを言うべきだと思いますし、それが誠意と言うものです。

ちなみに私の場合。

コブの滑走は、単純に連続ターンができるかできないか。

指標は極めて単純明快故に、目指す動きが出来ていれば容赦なく褒めます。

逆にできなければひたすら小牧で練習をやっていただきます。余計な講釈はありませんのでご安心ください。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声







プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク