【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
手足の動きが連動しにくいズルドン滑り
いよいよ明日、今季第一回の講習です。ただ今のところ5名様のお申込みです。

さて

皆さんからお寄せいただく悩みの中で群を抜いて多いのが


ズルドンは出来てもターンにならない



です。

おそらく世の多くのイントラさんはコブに対して手も足も出ないスキーヤーさんに手を焼き、まずは以下の二点セットの練習を課すのではないと思われます。

1.整地小回り
2.ズルドン

それをふまえてコブでのターンをトライさせる、そんな流れになるのではないでしょうか。

しかしながら、残念ながら多くのコブ不能スキーヤーにとって、その流れに乗ることができません。

整地小回りは出来ているのに。
ズルドンはとりあえずできるのに。

でも、ターンになると手も足も出ない。

心当たりありますよね?

それも無理もありません。

その理由はズバリ

整地小回りと、ズルドンは連動しない



からです。

基本的にズルドンはターンではなく、雪を削るという単体の動きです。

動きが完全に断片化していて、ターンにはほとんどく結びつくことがありません。

ズルドンをやるとき、足元にばかり集中します。腰から下に力を入れてスキーを振り回そうとしがちです。外向傾はキープしようと努力するとは思いますが、手の動きはほとんど無視。

しかも超低速ゆえに、実践的なターン運動にはなかなか連動しにくいのです。

かねてから私はコブは腕で滑ると申し上げています。

それは

腕の構え
胸の向き
ストックの突き刺し運動によるコンパス原理


そうした動きこそが、コブで必要となる、ズレの継続、そして連続ターンという一連の運動をもたらすのであります。


ズルドンはやるけれど、全く光明が見えない。



それはいわば当然の結果といえるでしょう。

そんな悩みをお持ちの方はまず当訓練所にお越しください。
コブが上手なスキーヤーの全てが無意識のうちに行っている、でもそれに気づいていない、そして誰も教えてくれないコブの滑走原理について単純明快にご指導申し上げます。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡【早割でお得に!】2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声




スポンサーサイト

プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク