【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブを滑るための大原則を今一度
毎日新規のご予約を頂いています。
ありがとうございます。

申し込むべきかどうか、二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかとは思います。
誤解があってはイケませんので、コブを滑るための大原則について今一度おさらいをしておきたいと思います。

コブを滑るという行為は大前提として、ブレーキ力の調整によって行われるものだということです。
「コブで加速する」など自己陶酔したような技術解説を述べるデモンストレータも存在しますが、そのような戯言は一切無視しましょう。

そして「小回り」を自由に操れることが必須となります。

ここでいう小回りとはSAJ検定における「小回り=ショートリズムターン」ではありません。
旧来の「ウェーデルン」を指します。

私が言う「コブ滑りは別物」の核心はここにあります。
世のスキーヤーのスタンダードが「検定ショートリズムターン」一色であるがために、あえて「別物」と称しています。この点をお間違いなきようお願いいたします。

ウェーデルンはショートリズムターンよりも切り替えが急激です。テールを一瞬で横に向けるターンです。多くの人はこのようなターンが苦手です。
このターンの最大の特徴はショートリズムターンに比べると挙動変化が急激です。
そしてこの動きは「ストックを強く突く」ことによってより効果的に実現されるということを肝に銘じる必要があります。

何故急激な挙動変化が必要なのかというと、コブでは自分のタイミングでのんびりショートリズムターンをしている暇はないからです。
しかも、加速を防ぐために、常時左右どちらかにターンしている状態を維持しズレを継続させる必要があるのです。

多くのスキーヤーは切り替えが緩慢で、SJ的「ニュートラルポジション」が無駄に長い傾向にあります。

左右どちらにも曲がっていない状態が続くと自動的に加速しコースアウト目指して一直線となります。
これがあるからコブが上手くできずに困る人が多いのです。

ポイントは

直進状態を限りなくゼロにする


ことを目指していただきたいと思います。

そのためには、ストックでの瞬時の切り替え動作を行うのです。

ストックに寄りかかってブレーキを掛けるというよりも、ストックを突くことで自動的にターン(瞬時のズレ発生)をする動きが生み出されるということです。

そのために徹底した訓練を行うのが木島平コブ滑走訓練所なのであります。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声



スポンサーサイト
魔法の一言で滑りが変わる一例
伝えるということはつくづく難しいと思います。

ましてやスキー技術。

でも少なくともいえるのは小難しい言葉をこね回しカッコつけたところで受講する側には何の利益ももたらさないということです。

コブの滑り方を伝授するという、作業においても同じことが言えます。

これまで何百人もの方にお供する中で、いかにしてコブを滑る方法を単純に明快にお伝えするか、日々考え続け、試行錯誤を続けているわけですが、時々「魔法の一言」が見つかることがあります。

例えば

「五木ひろし」


は瞬時にズレを伴ったターンをもたらす方法として効果絶大であることを実証しています。

2年前に受講いただいたスキーヤーさんのひょんな一言から、


「ガツン!」


と声を発することで強いストックワークを生むことが可能になることが明らかになりました。


そして先日、ストックの構えを遅れることなく行うための魔法の一言を、これまた受講のスキーヤーさんがたまたま「発見」されました。

それは


「来いっ!」

迫りくる敵を迎え撃つようにストックを構えるという意味での

「来い!!」

であります。

今日即席で作った5ターンの溝コブで効果を実証しました。

普通にターンした場合


来い!と発した場合



見た目にはわずかかもしれません。しかし間違いなく「来い!」の一言で、構えるタイミングが素早く、そして突く操作に力強さが増しています。



小難しいことをカッコつけて語るよりも、はるかに簡単に明快に伝わる一言が必ず存在します。

難しいことをどんなに沢山語ったところで理解されなければそれは単なるイントラの自己満足であり、自己陶酔の域を脱することはありません。指導したことにはなりません。

スキーヤーさんにお供することで、日々発見があり、あらたな指導手法が見つかるのです。
スキーヤーさんとともに私も日々成長を続けているような気がしています。

ありがとうございます。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


ストックを突くこと 突かないこと 楽なのはどちらかを簡単実証
コブでストックを突く

コブ滑走の常識でもあります。

ではストックを突くことがどれほどスキーヤーに利益をもたらすのか、それを身を持て体験することも必要です。

単に「突くことが大事!」と刷り込まれたところで、その有益性の裏付けがあってこそはじめて説得力のある指導に成りうるものだと私は考えています。

それは極めて簡単な実験で体感することが可能になります。


今日作ったピッチの狭い溝コブ。とはいえ極めて浅く難易度も5段階で表すと「1」。


ストックを普通についた場合


ストックの真ん中を持ち、突けなくした場合



説明するまでもなくストックを突いたほうが明らかに曲がりやすいのです。
ストックがステアリングの役割をしていることがハッキリと体感できるのです。

ノーストックでコブを滑るというのは、大変な危険を伴うものだということが理解できます。

与えられた道具を最大限に活用し、出来るだけ簡単に、出来るだけ楽に目指す運動を達成したいですよね。
やっぱり。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2017シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声



プロフィール

Author:miyukinod










コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走研究所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
レッスンプログラムをはじめ豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木島平スキー場公式サイト

カテゴリー

リンク