【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「ハンデ」はやっぱり失礼にあたると思いますネ
ウチのコブ講習。

シニア層の受講も少なくありません。

いや、かなり多いです。

そこでよく耳にするのが、
何度もレッスンに入ったが、なかなかコブには連れて行ってもらえない。
少しでもいいから教えて欲しいと頼むが、やんわり断られる。

そんな声です。

無理もありません。コブには大変な危険が伴います。
一般レジャースキーヤーにとって、コブでターンすることほど難易度の高いすべりはありません。
いつも言うように、コブがピンチの連続、襲い掛かる波状攻撃なのです。

残念ながら普通のイントラは、

コブは怖いぞとか
コブは雪面からの波状攻撃だとか
ピンチの連続だとか
受身の大切さとか
コブはつまるところブレーキの連続だとか

そんなことは一切触れようとはしません。

なぜなら彼らは普通のコブを怖いとは思っていないからです。
淡々と、シレーっと連続ターンをクールに決めてくれます。

そんな手本を見せ付けられた暁には、これからコブをやってみたいという中級スキーヤーは猛烈なネガティブ思考に陥ることになります。

教えを乞われた側としても、連続ターンなど出来るはずもないのは分かっていますから、断るしか術がないといえるでしょう。

しかし

シニアだからといって極甘採点(^^)で2級を通してしまった検定員には責任があります。

2級を持っていれば1級の受験資格を得ます。当然2級ホルダーは1級を目指したくなるのが人の常であります。
ならば、1級を受検できるだけの指導を行う責任が生じるのです。

ところがコブは危ないとお茶を濁す。
整地トレーニングが大事だとコブには入らない。
単なる駄目だし、癖の指摘に終わって、的確な指南が行われない。

そんな悪循環の繰り返しがスキー指導界を支配しているように思えます。

そもそも、シニア世代は自分を年寄り扱いされるのを当然のごとく好みません。
若い人には負けたくない。そう思っている人も当然のごとく多数存在します。

あんなに一般レッスンでは褒め称えてくれたのに、検定ではことごとくアウト。
駄目なのになんで褒めるんだ?

そう考える人も少なくないに違いありません。

取り組んでいる側は本気です。必死です。
一定の基準(検定)をクリアするべく、一生懸命なのです。

昨日のIさまのお言葉が印象的でした。

「甘い採点で1級をもらっても結局後々苦労するのよね」

その一生懸命さを「シニアだから」といって、ゴルフのごとくハンデを与えて対応を甘くするのは、やはりワタシは失礼にあたるのではないかと常々考えています。

一生懸命さを正面から受け止め、的確に指針を与え、「シニア」としでではなく、ひとりのオトナとして等しく目標に導いて差し上げる。

そうしたスタンスを私は大切にしています。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト
没個性化を推し進める悪魔のささやき ~ダメとは言わないがやらないほうがイイ
コブをスムーズにターンするためには、切り替え時のいわゆる「吸収動作」が必要になります。
ただ、それが何故必要なのか、その重要性を明確に説く人が少ないのが気になります。

それは大まかに言って二つあります。

1.スキーを先走らせないため
2.ターンしやすくするため

2についてですが、原理はこうです。
コブの底に着地して衝撃を受けると、必然的に接地圧が強くなります。接地圧が強いままだと、どうしてもスキーを回しづらくなります。
でも何が何でもすぐさま回したいので、足をまげて押し付ける力を弱め、回転運動につなげるのです。

整地で出来ないことはコブで出来ない。

とよく言います。

なので、その曲げる動作を癖として身に着けるために、ウチでは整地で曲げ伸ばしの練習もやります。

ところが、今シーズンお迎えしたゲストの中にこんなことをおっしゃる方が何人かお見えでした。

曲げ伸ばしはあんまりやっちゃいけないと習いました。

ヤレヤレ。。(x_x)

基礎スキーシーンでは度々やり玉にあがる「上下動はいいのか悪いのか?」。

ハッキリ言って、上下動がイケナイと主張する人は何をもって駄目というのでしょうか?

デモがそういうから?
検定に合格しないから?
研修会でそう習ったから?
教程に反するから?

ハッキリ言って上記の何れも理由にはなっていません。

でも上下動が駄目と吹聴された健気なスキーヤーは頑なにそれを守ろうとします。
結果、腕だけを無駄に広げ、躍動感のない紙相撲滑りへとなり下がります。
悲しいかな、駄目出し指導を受けすぎた結果、妙にこわばった滑りが癖として身に着いてしまうのです。

テールを振りまくるウェーデルン。
コブでは小さい回転弧でブレーキを掛けながらターンするという性格上、絶対に必要な動きではあるのですが、整地でこれをやると、SAJ指導員からはNGを食らうことはスキーマニアなら誰でも知っています。

駄目とは言わないけれど、やらないほうがいい。

整地での滑りばかりに傾注する、御上に洗脳された(^^)指導員は、明確な理由を示すことなくそう言うのでしょう。

しかし検定を目的にスクールに入っている人にならそうした指導文句もアリですが、必ずしもそうした検定マニアばかりではありません。

何が何でも型にはめたがる日本式の教育スタイルが、いまだにスキー界では幅を利かせていて、閉そく感を強めているようにも思えます。


大学生の就職活動もまたしかり。
先日新聞に掲載された記事です。
1G5565.jpg

ノックは3回とか、お辞儀は30度とか。

どうでもイイ枝葉な「マナーもどき」を流布しそれに染めたがる世論はどうかしています。

まるで制服のごとく同じデザインのリクルートスーツ、気品のかけらもない女子学生の後ろで束ねただけの髪型。
ネイビーのスーツに青か赤の決まりきったネクタイ。

私が就職活動をした26年前はここまでの没個性化はありませんでした。

駄目というわけではないけれど、やらないほうがいい。

本当にそうなんでしょうかネ?

基礎スキーも就職活動も。

日本はもっと自由な国だと思うんですが。

ちょっと話がそれてしましましたが、歪んだ基礎スキーシーンを目の当たりにするにつけ、そんなことをふと思うのでした。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


権力を抑制するのが憲法。憲法の存在しない基礎スキー界(笑)
先日車を運転しながら聴いていたNHKラジオ。日本式と欧米式の教育方法について論じているコーナーが非常に印象的でした。

かなりのボリュームで多くのことが語られていましたが、おおむねこんな感じだったのではないかと記憶しています。

日本
上意下達
質問は先生の説明が終わってから
受け身

欧米
自由
個性
考えさせる
説明の途中でも自由に質問させる


なるほどと思いました。

自由で民主的な社会をつくりあげるために、日本国憲法が作られ、それが権力を抑制する大事な役割を担っているという識者の説明もなるほどと思わず頷かされるものがありました。

しかしながら、教育方法については上記のような違いを鑑みるにつけ、かつての権力社会からの完全な脱却がなされていないようにも感じます。
日本は自由な国ではありますが、いまだに日本はどこか見えない権力によって抑圧されているのかもしれません(^^)。

スキーの世界も同じでといえます。

ひたすら上手い人が手本を見せて威圧(^^;)し、生徒に真似させる。
有無を言わせぬ雰囲気が周囲を支配し、生徒はひたすら黙り込む。
指導の中心はダメ出し。受け手はダメと言われないためにひたすら物まねに走る。
大人数のグループレッスンが中心ゆえに結局誰も質問できずにタイムオーバー。
質問されることに慣れていないイントラは、質問されることを嫌う。
結局黙って俺のことを聞け的雰囲気が形成される。

もちろんそうでない人も沢山存在しますが、当てはまる人が無数に存在するのもまたスキー界といえます。

スキー界には権力を抑制する憲法が存在しないのです。
技術選(=権力)で点数を稼ぐために、ひたすら自分の信念を抑圧し、その通りに演じて見せる。
そんな権力がスキー技術の根幹として君臨しているので、下部たちはこぞってその方向へ向いてしまうのでしょう。

イケマセンね(^^)

そんな現実を紹介してる面白いブログ記事をお馴染みのSさまよりお知らせいただきました。

スキーヤーGAK様のブログ

gak.png

上下動、大いに結構。
抜重、大いに結構。

フリースキーヤーにとって、既存の「権力」は時として上達への障壁となることに疑いの余地はありません。

何故?どうして?
そうした姿勢をもっともっとスキーヤーは正面からぶつけてもいいと思います。
スクールに頻繁に入校を繰り返す人こそ、そうした厳しい質問を浴びせかけ、指導者を困らせる(?)べきでしょう。

先生、話が長すぎですよ。寒いですけど。
専門用語ばかり使わないでください。わかりません。
ダメ出しはもういいから、どうやったらその欠点を治せるのか、練習方法をもっと教えてください。

そして。

ネット上で陰口をつぶやくのではなく、現場でもっとはっきり言いましょう。
スキー界も欧米式の自由闊達な雰囲気があってもイイと思うのです。


ちなみに私はそんな真っ向からの質問、大歓迎です。
全て自分の経験でしかものを言いませんので(^^)

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声








プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク