【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「ハンデ」はやっぱり失礼にあたると思いますネ
ウチのコブ講習。

シニア層の受講も少なくありません。

いや、かなり多いです。

そこでよく耳にするのが、
何度もレッスンに入ったが、なかなかコブには連れて行ってもらえない。
少しでもいいから教えて欲しいと頼むが、やんわり断られる。

そんな声です。

無理もありません。コブには大変な危険が伴います。
一般レジャースキーヤーにとって、コブでターンすることほど難易度の高いすべりはありません。
いつも言うように、コブがピンチの連続、襲い掛かる波状攻撃なのです。

残念ながら普通のイントラは、

コブは怖いぞとか
コブは雪面からの波状攻撃だとか
ピンチの連続だとか
受身の大切さとか
コブはつまるところブレーキの連続だとか

そんなことは一切触れようとはしません。

なぜなら彼らは普通のコブを怖いとは思っていないからです。
淡々と、シレーっと連続ターンをクールに決めてくれます。

そんな手本を見せ付けられた暁には、これからコブをやってみたいという中級スキーヤーは猛烈なネガティブ思考に陥ることになります。

教えを乞われた側としても、連続ターンなど出来るはずもないのは分かっていますから、断るしか術がないといえるでしょう。

しかし

シニアだからといって極甘採点(^^)で2級を通してしまった検定員には責任があります。

2級を持っていれば1級の受験資格を得ます。当然2級ホルダーは1級を目指したくなるのが人の常であります。
ならば、1級を受検できるだけの指導を行う責任が生じるのです。

ところがコブは危ないとお茶を濁す。
整地トレーニングが大事だとコブには入らない。
単なる駄目だし、癖の指摘に終わって、的確な指南が行われない。

そんな悪循環の繰り返しがスキー指導界を支配しているように思えます。

そもそも、シニア世代は自分を年寄り扱いされるのを当然のごとく好みません。
若い人には負けたくない。そう思っている人も当然のごとく多数存在します。

あんなに一般レッスンでは褒め称えてくれたのに、検定ではことごとくアウト。
駄目なのになんで褒めるんだ?

そう考える人も少なくないに違いありません。

取り組んでいる側は本気です。必死です。
一定の基準(検定)をクリアするべく、一生懸命なのです。

昨日のIさまのお言葉が印象的でした。

「甘い採点で1級をもらっても結局後々苦労するのよね」

その一生懸命さを「シニアだから」といって、ゴルフのごとくハンデを与えて対応を甘くするのは、やはりワタシは失礼にあたるのではないかと常々考えています。

一生懸命さを正面から受け止め、的確に指針を与え、「シニア」としでではなく、ひとりのオトナとして等しく目標に導いて差し上げる。

そうしたスタンスを私は大切にしています。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡最新予約状況

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト

プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク