【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブの滑り方 項目別詳細解説 3
コブの滑り方項目別詳細解説 第3回です。

整地では「プロ」並みなのに、なぜかコブに入った途端別人になる。
そんな方は意外に少なくありません。

整地ではすべての運動操作を自分のタイミングで、考えながら行っています。
カッコよくかつ気持ちよくなる滑りかたをスキーを滑らせながら、試行錯誤しながら探っているものです。
前寄りに荷重してみようとか、外脚をしっかり踏んでみようとか、かかと寄りに乗ってみたら意外とスキーが走る気がしたとか。

大きく回る過程で、トライ&エラーを行いながらもっとも気持ちの良くなる滑りを探り、修正しているので知らないうちにレベルアップが図られます。
レベルアップがSAJの教え(?)に忠実であるかどうかは別として、確実にその人にとって、気持ちのいい滑りへと進化しているものです。

しかしコブではそうはいきません。
あらゆる局面が極めて短いスパンで変遷し、忙しいスキー操作を強いられます。
自分では忙しく操作しているつもりでも、実はすべてが後手に回ってしまっているので、コブ斜面に弄ばれ、普段の自分の姿を見失ってしまいます。

連続ターンの数が多くなればなるほどその激しく翻弄され、危険にさらされることになります。
ほどなくして体は反射的に防御姿勢を形作り、本来行うべき操作とは程遠いものとなってしまうのです。

自己都合ではどうにもならないのがコブ滑りです。

コブ不能スキーヤーがまず練習するうえで重視しなくてはならないのは、

危険を感じない範囲で行うこと。
考えながらできる範囲を超えないこと。


この2点を守って練習に取り掛かるべきだと考えます。

女性はコブに対して恐怖心を持つ人が多い

などという人がいますが、コブが怖いのは男も女も関係ありません。
コブが苦手な人はみんなコブが怖いのです。

怖いというのは単にコブの中での安全確保に自信がないからであり、駆け抜けるだけの技術が身についていないだけのハナシであります。

そんな人がいきなり急な抉れたコブに連れていかれようものなら、練習する気力そのものをそがれてしまうことになります。

気を付けましょう。

=======

2018年予約先取り情報

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日、2月1日~2日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト
新機軸
うちの母ちゃん。 かの有名なスキーショップ飯山のSキューブ店舗内に今月オープンする女性オンリースポーツクラブ「カーブス」に入会する気マンマンです。

ご存知の通り、女性専用のかつ一回30分以内のお気楽フィットネスクラブでして、中高年を主たるターゲットにしたニッチ市場を見事に射止めた話題の施設。

運動しているところを男性には見られるのが恥ずかしい

とお考えの女性の心理をうまくつかんでいるようです。

スキースクールも基本的にはグループレッスンが主体ですので、当然他人の視線を少なからず気にしながら時間を共有するものです。


うまい人ばっかりだったらどうしよう
初心者クラスだとおもって入校したら明らかに違っていた
人に迷惑かけるのが嫌だ


多少なりともそんな不安を抱えて入校するのがスキースクールだったりします。

年齢差や男女差でも当然のごとく運動能力は違いますが、ウチの場合は基本的には細切れトレーニングが圧倒的ボリュームですので、実はレベル差についてはあまり関係がありません。

しかし、コブが苦手な女性の心理を鑑みるならば、カーブス同様、周りが同じ女性ばかりだと安心感が高まるのではないかなとも察せられます。


そこで試験的に実施することにいたしました。


=====

●女子限定★コブが怖くなくなる秘訣教えます


女性はコブに対して特に恐怖心を持つ人が多いなどと語られることもあります。
しかし女性ならではの攻略方法が特別存在するわけはありません。コブの滑走原理はきわめて単純なものなのですが、その原理を自分のものとして体得することに時間を要してしまうのです。
コブは根気が必要です。ちょっと体力に自信のない、本当にコブが苦手な女性に限定した初心者コースで、きっとあなたを開眼させて差し上げます。 お任せください。(^^)

【開催日】
02.2月10日(土)~12日(日) 

=======

好感触をつかんだら、もう少し回数を増やすかもしれません。

お申込みお待ちしております。



2018年予約先取り情報

●満員の日(プライベート講習先約を含む)
1月18日~19日、2月1日~2日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声



コブの滑り方 項目別詳細解説 4
コブの滑り方詳細解説続きです。


7.すぐにコースアウトしてしまうのは、切り替え後、必要以上に直進してしまっているからである。
8.その直進距離を可能な限りゼロにすることがコブ克服のための第一歩である。
9.直進させないためには、ターンをし続けている状態をキープすることで常に迎え角を維持することが肝要である。
10 それこそがスキー専門用語である「スピードコントロール」、つまり断続的ブレーキの大元となるのである。


大前提として、コブでは加速しないということが上手くいくための条件です。

バンクマジックではせたあの有名スキーヤーをはじめとして、多くのエキスパートは、とにかく切れとか、走りとか、加速とか、しなりとか、かっこいい言葉で技術を誇示しがちなのですが、そもそも「コブで加速する」などという概念は、一般スキーヤーには全く不必要なものです。

「コントロールすることが消極的」などと、いわゆる除雪抵抗に対して大変なアレルギー反応を示す人も少なくはなく、そうした概念が時として


あのイントラ、やっていることと言っていることが違うよな



などという苦情をもたらすことになります。

上記で示している

切り替え時に必要以上に直進してしまっている

という現象は、多くのスキーヤーが意外と気づいていないコブが上手くいかない原因です。

スキーがまっすぐ走るという局面はすなわち最も除雪抵抗の少ない状態であり、多少なりとも斜度があればそれは加速を意味するものだからです。

もちろん減速ばかりではスキーはやがて止まってしまいます。
しかし加速はあくまで落下による重力加速であり、その加速度を除雪抵抗によって的確にブレーキを掛け、「制御」しなくてはなりません。

特に切り替えの局面は多くのスキーヤーが無駄に直進しているものです。

私は講習中、口酸っぱく言います。

可能な限り直進している距離をゼロに近づけるべく努力してください。

それによって、常に左右どちらかにターンしている状態を作り出すことができ、常時除雪抵抗を発生させることが可能になるのです。

コブ攻略の第一歩がここにあります。


===

2018年予約先取り情報

●満員の日(プライベート講習先約を含む)
1月18日~19日、2月1日~2日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

ログハウス兼営&ラウンジ拡張
ウチに隣接するログハウス2棟。
8月に経営権を引き受けまして、現在おもに「AIR B&B」にて貸し出しを行っています。
冬の予約もはじめました。

こ3連休も実は1棟空いています(^^)

DISCOVERY CABIN Mt KOSHA

プロジェクトにはまだ続きがあります。

それはラウンジ拡張。



食堂部分を八畳分北側へ広げて、正面に大窓を設けた上で、全面コンセント付のカウンターテーブルを。
ダルマストーブを設置し、レトロな雰囲気を醸しつつ、今どきの「カフェ」的な空間を目指します。

月曜日に着工しまして、現在基礎工事の型枠取り付けが完了。
今日にでもコンクリを注入し、完成は11月中旬頃となる見込みです。






ログハウスは自炊専用設備となりますので、コブレッスンの方は原則的にユースホステルの宿泊棟ご利用ですが、木島平をベースにのんびりスキーを楽しみたいという方にはお勧めしたいところです。

よろしくお願いいたします。

===

2018年予約先取り情報

●満員の日(プライベート講習先約を含む)
1月18日~19日、2月1日~2日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

カメムシが大発生すると大雪になる??
ここ数日の暖かさでカメムシが勢いを増しています(x~x)

子供の頃住んでいた大阪では、カメムシといえば緑色の体長5~6mmのヤツ。
しかし、信州のカメムシは体調12mmほどの大きな奴。

ほんとかどうかわかりませんが、カメムシが乱舞する秋は、その年の冬大雪になるとか。

数日前、槍ヶ岳で例年よりもかなり早く初冠雪を記録しました。

このまま順調に冬が近づいてくれればいいのですが。。。。。。

早くも満席近い日が出てきました。

1月6日(土)は宿泊残席が男性1名様のみ


となっています。

ということは、コブ講習会も残席あと1名様(男性ドミトリ)のみ。
(*現在のところ3名様のご予約があります。)

参加をご検討中の方、一刻も早いお申し込みをお勧めします。(^^)
前泊とセットでお申し込みになりますと、リフト券を無料で提供させていただきます。

ただし、相部屋ですので、前日金曜日の遅い到着はできませんのでご了承ください。
チェックイン可能時間=21時30分迄


今日の工事現場




===

2018年予約先取り情報

●満員の日(プライベート講習先約を含む)
1月18日~19日、2月1日~2日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、22日~23日、25~26日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月6日~7日、13日~14日、20日~21日、27日~28日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク