FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
イベント告知です
いよいよ今シーズンの講習会が1月6日から始まります。

第一回はあいにくの満員ですが、第二回(7~8日)開催にはまだ余裕があります。
ご希望の方、お早めにお知らせください。

そこで今シーズンの開校に先駆けまして、突然ですが


1月5日(金)に無料体験講習会


を開催いたします。
もちろん会場は木島平スキー場。

講師ナカムラの教習法の段取り確認も兼ねまして、ご希望の方には半日(約2時間)ほど、無料でお供させていただきたいと思います。
お手すきの方、木島平コブ滑走訓練所とはどんなところなのかと興味津々の方。
コブが出来ずに困り果ててる方、実際にスキー指導員としてご活躍の方も含めまして、ご希望の方はどなた様もお気軽においでください。

同日にお泊りであれば講習中に撮影しましたビデオ講習会も開催いたしますのでそちらもどうぞ。

エントリーはメールアドレス
miyukinoyh@nifty.com

までお知らせください。


【開催要綱】


開催日時
====
1月5日(金) 13:00~15:00

集合場所
====
木島平スキーセンター前

目印
====
木島平コブ滑走訓練所のバックプリントジャケットを探してみてください。
上着=黒 ボトムス=橙


=====
1月1日現在の空き状況


●満員の日程
1月6~7日

●プライベート講習のためお申込みいただけない日程
1月29日~30日、2月1日~2日、2月5日~6日、2月19日~20日、2月22日~23日、3月18日~19日

●リフト券無料提供上限人員に達した日程
1月8日~9日、20~21日、22~23日、25~26日、27~28日

●リフト無料提供残り1名さまの日程
1月13日~14日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


スポンサーサイト
滑走原理の理解→滑走原理誘発の方法 これこそが重要です
コブの滑り方を語る人は腐るほど存在します。

しかし多くの場合テクニック論に偏っています。

こうすべき。こういう意識で。

結局は「べき論」でしかありません。
スキー雑誌のコブテクニックを読んで頭に叩き込んでゲレンデに出ても、まったくと言っていいほど役に立たず実践できないのはこのためです。

先日弊宿にSIAデモのM氏がお見えになりまして、スキー談議に花が咲きました。
デモという立場であるにもかかわらず、弊ブログをお読みになり、フムフムとうなづいていらっしゃったとの由。

ご自身は競技スキー出身で、一通りなんでもできて、速く滑ることもできる。
でもその仕組みについて、どうやったらこうなるのかはなかなか説明ができない。

なかなか正直でいらっしゃいます。

でも、多くのトップスキーヤーは同じなのだと思います。

物心ついた時にはすでに何でもできる域に達してしまっていて、その原理をかみ砕いて第三者に教えることは一筋縄でいかない。そんな人がとても多いのでしょう。

それゆえにスキー指導者研修会が頻繁に開催され、そこで一通りの教習法を習う。
そんな仕組みが出来上がっているのです。

しかしコブの教え方について教えられる人は極めて少数です。
連盟のお上たちもほとんどそのすべを知らないのだと思われます。

SAJの赤本を手に取ってみても、コブの滑り方に関してはあまりに内容が希薄なのです。
整地の滑り方についてはあれこれ世話を焼き、ダメ出しばかりするのに。(^^)

重要なのは

運動原理の理解→運動原理の誘発方法の理解→手段の習得

この部分があまりにも欠けているので、世のスキーヤーはコブ滑走技術習得には特に時間がかかってしまっているのだと私は考えています。

=====
1月2日現在の空き状況


●満員の日程
1月6~7日

●プライベート講習のためグループ講習をお申込みいただけない日程
1月29日~30日、2月1日~2日、2月5日~6日、2月19日~20日、2月22日~23日、3月18日~19日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声





今季のスキーはやはりKO-BX黄
いよいよ明後日からコブ三昧の日々が始まります。

使用するスキーはやはりKO-BXです。

レンタル用スライドビンディングが装着された黒170cm。
そして6シーズン使っている黄色170cm。

おととい黒のKO-BXをはいてみたのですが、スライドプレートの厚み分、雪面からの距離が1cmほど遠く、ダイレクトマウントビンディング仕様の黄色よりもレスポンスに劣る印象です。



少し滑り込めば慣れるとは思うのですが、やはり今期もKO-BX黄でいくことにします。

ランチにはベーカリーレストラン「パーニス」で。



パン&スープセットで1200円。オススメです。
 


=====
1月2日現在の空き状況


●満員の日程
1月6~7日

●プライベート講習のためグループ講習をお申込みいただけない日程
1月29日~30日、2月1日~2日、2月5日~6日、2月19日~20日、2月22日~23日、3月18日~19日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声


すべては上半身が導くコブ滑り
いよいよ2018年コブ講習はじまりました。

今回は宿泊が満員となった関係で、4名様のご参集をいただきました。
リピータさん1名、お初の方3名。

いつもの通り以下の段取りで順調に一日目が経過しました。


1.大回り拝見

2.小回り拝見

3.講義
コブを滑るにはどうすればいいのか?整地滑りと何が違うのか?
→整地は自己都合でターンすればいいがコブはすべて地形都合。だから上手くいかない。

4.ストックを突き刺すことで自動的に回転がもたらされることの体感
●はの字でぷるーく
●斜滑降→ストック突き刺し→ターンが自動ではじまる。

5.腕を連続して前に運び逆ひねり姿勢を左右交互に作ることでスキーが連続してズレて自動的な小回りが行われることを体感。

6.整地での小回りトレイン滑走→制限滑降への習熟

7.実際にコブを掘りながら連続して4本滑走。→ある程度溝コブが成長したところで細切れ練習を行い運動精度をあげてゆく。


5月の月山出張講習会以来の中村節を炸裂させまして、ワタクシ本人もメラメラと「教える快感」が蘇ってまいりました(^^)


結局は上半身の正しい身のこなしこそが足の運動を適切な運動(左右連続のズレ継続)を実現できるということを再確認。

明日は9:30から3時間、ひたすらコブ堀に没頭しましてできるだけ深くえぐれた状態での実践ができればいいなと思っています。

あすもどうぞよろしくお願いいたします。


=====
1月2日現在の空き状況


●満員の日程
1月6~7日

●プライベート講習のためグループ講習をお申込みいただけない日程
1月29日~30日、2月1日~2日、2月5日~6日、2月19日~20日、2月22日~23日、3月18日~19日

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声





[READ MORE...]
コブに適したゴーグル オークリー プリズム
コブに適したスキー
コブに適したストック
コブに適したブーツ

コブをこれから始めたいと思う人ならば、それぞれの道具ごとに、コブが簡単になる道具が間違いなく存在します。

スキーならとにかく軽くて振り回しやすいもの。
そしてレスポンス向上のためにはプレートは絶対にNGです。
レンタル用のスライドビンディングもまた無駄に「厚底」なので操作性をスポイルしてしまいます。

ストックなら軽いもの。そしてガンガン突き刺しても壊れない、曲がらない、強度のあるものが必要です。
伸縮ポールよりも、モノコック一体型のほうが好都合です。
アルミよりも、曲げに強いカーボンコンポジットシャフトのものがより適しています。
素早いストックワーク実現のためにはできるだけ軽いものがいいのですが、シャフト径が細すぎては少々こころもとありません。
細い10.7㎜のものは見てくれがカッコいいのですが、やはりそれよりも少し太い12mm台のものが強度的には安心できます。

ブーツならばトップ荷重が容易に実現できる、前傾角の大きいものがコブ内での恩恵を実感できます。
かくある私は、インソールとアウターシェルのかかと部をかさ上げし合計20mmほどヒールアップしています。

ではゴーグルはどうでしょうか?

コブに適したゴーグルが存在します。
それはオークリー(プリズムレンズ)

買っちゃいました(^^)


オークリーのテクノロジーを集結した(とされる)、雪の凹凸が見えやすいこれまた優れものです。
特に曇天時にその本領を発揮し、滑るひとにこの上ない安心感を与えてくれます。


コブは結局のところピンチの連続、危険の連続。
自分の体の安全を担保するために、目先の地形の読みがきわめて重要なのですです。

基本は「次に削る場所に視線を移動させる」

その時に溝の深さや長さ、抉れかたの度合いを瞬時に判断しスキーの適切な運びを心がけなくてはなりません。
そのためには装着されるゴーグルがいかに明瞭な視界を提供してくれるか、実は非常に重要な部分でもあるのです。


1月7日現在の予約状況


【1月】
8日~9日 3名
10日 休講
11日~12日 2名
13日~14日 2名 女性限定講座
15日 休講
16日 休講
17日 休講
18日~19日 2名
20日~21日 4名
22日~23日 2名
24日 休講
25日~26日 2名
27日~28日 3名


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声




プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク