FC2ブログ
【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキーがはじめての人への指導法はほぼ共通。ならばコブ不能スキーヤーへの指導法は?
どうやったら上手くいくのか、方法論について語られることが何かと多いスキー業界。
こうやったら上手くいく。と主張した人に対し、そうした考えも一理あるが、人それぞれであり、正解は一つではないということをいう人も多数存在します。

コブの滑り方についても同じことが起こります。

しかし。

コブが出来ずに困り果てている人。または上手くない人。

そうした人に共通する「できない原因」は大方共通しているものです。

何事もそうですが、目指す運動を正しく、上手く体現するためには、出来ない原因の突き止めとその解消作業ことが肝要なのです。

したがってその出来ない原因が明らかであれば、それを消し去る方法を採択すればいいのです。

雑誌に書かれている微に入り細に入り展開される技術論は、ある程度できる人向けのハウツーであることが多いので、あまりに複雑に入り組んだ手法に頭がパンクしてしまいがちですが、コブ不能スキーヤーさんにとって、まずやるべきことは一つか二つ。多くても三つです。

その限られた運動ができないから、コブでの連続ターンが出来ないのであり、そこを徹底して鍛錬することによって必ずや明るい未来が開けるのです。

考えてみてください。

スキーが初めての人に対して何を教えますか?

ハノ字にして、ブレーキをかける練習から始めますよね?
それ以外にいい方法、ありますか?

たぶんありません。それしかありません。
引き出し方は様々ですが、基本的な指導法はほぼ共通しています。

コブとて同じです。

コブ不能スキーヤーがまず着手すべきは木島平コブ滑走訓練所が唱えるきわめてシンプルな、でも絶対不可欠かつ普遍的運動を体得することにあります。

世間で語られるような踏むとか、ズラすとか、足に偏った「xxすべき」ではどうにもならない、脊椎によって上下が一体化&連動している人間の体の仕組みを活用した方法を徹底的に繰り返すのが一番の早道なのです。



気になる(?)木島平コブ滑走訓練所のただいまのランキングは・・・・


にほんブログ村



=======================
木島平コブ滑走訓練所1泊2日キャンプ申し込み受付中
=======================

お問い合わせ、お申込みは
0269-82-4551(8:00~9:00/16:00~22:00の間にお願いいたします)
またはメール
miyukinoyh@nifty.com
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
中村英孝まで

2月1日21時現在のご予約実数(各回ともに定員6名)
*赤字は週末コース

*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

【2月】
3日~4日 3名*男女ともに空きあり
5日~6日 0名
7日 休講
8日~9日 2名
10日~11日 3名 *宿泊満員
12日 休講
13日 休講
14日 休講
15日~16日 プライベート先約あり
17日~18日 2名
19日~20日 2名
21日 休講
22~23日 0名
24~25日 3名
26~27日 プライベート先約あり
28日 休講

【3月】
1日 休講
2日 休講
3~4日 1名
5~6日 プライベート先約あり
7日 休講

以降十分な空きがあります

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


スポンサーサイト
「ライン取り」という言葉に隠された罠
コブ斜面を攻略するうえで必ず語られる「ライン取り」。


バンクターン
ポーパスターン


などと呼ばれることもありますが、一つ注意しなくてはならないことがあります。

どこを通るかということばかりが強調されてしまい、そのラインをどのような姿勢を保って通過するのかということについてあまりにも語られなさすぎだということです。

私の首尾一貫した教えは、ターン中はしっかりと演歌歌手ポーズをとり、腕を前に構えることで、断続的に迎え角が発生し続けた状態でターンが行われるという普遍原理を実践することにあります。

ズラすラインだからといって、スキーを横に向けて後退するように削る動きをしてしまってはそれはターンとは言えません。
バンクラインだからと言って、外壁をめがけて一直線に突っ込んでしまっては、たんなる暴走カービング小回りに陥ってしまいます。

どこを通ろうとも、必ず腕を前に構えて、コブからの波状攻撃に備え、力み、外圧と外乱から影響を受けない確固たるセンター~前寄りのポジションをキープすることにあります。
そしてコブの溝に落ちるまでその姿勢を維持し続けることで、自動的にテールが振られ雪削り運動を維持することにあります。

ライン取りの種類を紹介するのはいいのですが、どの方法が一番確実で手っ取り早いのかということについても多くの誉れ高き有名スキーヤーは語ろうとしません。
縦溝コブにおいてはバンク滑りなどできるはずもありません。
ましてや硬いアイスバーンではそんな滑りはあり得ません。
コブの形状や雪質によって滑り方(ライン取り)は変わるはずなのですが、そうしたことには一切触れずじまいです。

コブ解説書のは多くは、春の深コブでの実践が前提となっています。
それゆえに、雪質による滑走難易度についてはほとんど考慮されていないのです。

あれこれテクニックを披露することに躍起になるばかりで、結局コブが出来ずに困っている、ユーザー目線を忘れてしまっているのが実に残念でもあります。

気になる(?)木島平コブ滑走訓練所のただいまのランキングは・・・・


にほんブログ村



=======================
木島平コブ滑走訓練所1泊2日キャンプ申し込み受付中
=======================

お問い合わせ、お申込みは
0269-82-4551(8:00~9:00/16:00~22:00の間にお願いいたします)
またはメール
miyukinoyh@nifty.com
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
中村英孝まで

2月1日21時現在のご予約実数(各回ともに定員6名)
*赤字は週末コース

*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

【2月】
3日~4日 3名*男女ともに空きあり
5日~6日 0名
7日 休講
8日~9日 2名
10日~11日 3名 *宿泊満員
12日 休講
13日 休講
14日 休講
15日~16日 プライベート先約あり
17日~18日 2名
19日~20日 2名
21日 休講
22~23日 0名
24~25日 3名
26~27日 プライベート先約あり
28日 休講

【3月】
1日 休講
2日 休講
3~4日 1名
5~6日 プライベート先約あり
7日 休講

以降十分な空きがあります

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


整地大回りや整地小回りは微に入り細に入り世話を焼くのに、なぜ不整地小回りはあっさりスルーするのか
整地の大回りのやり方は誰でも知っています。

整地の小回りのやり方もおそらく知っています。

少なくとも2級程度以上の人ならば見た目のばらつきはあれど、多くの人がその方法を知っています。
検定に受かるかどうかは別として、誰もがその技を自ら繰り出すことができるでしょう。

しかしスクールに入ると、黙っていてもそれらの滑りにダメ出しが行われ、修正を勧められます。
なるほどと思いつつ、少しずつ力の掛け方を変えたり、タイミングを変えたり、足を伸ばしたり、はたまた曲げたり。さまざまな試行錯誤を経て考えながら修正作業を行います。

そして実際に滑りの感覚が変わります。指導力のあるまっとうなイントラに当たれば、大抵は「よくなったかも」という自覚が得られるものです。

ところが、不整地小回りの指導に関して、整地と同じように時間を割いて世話を焼いてくれる人は圧倒的に少ないといえます。

それは限られた講習時間の中では受講している人に対して明確な気づきや技術向上を感じてもらえない可能性を危惧しているからだと思われます。
要するに顧客満足度を与えることへの一種の不安ではないかと考えられます。

整地は自己都合の滑りで何とでもなるのですが、コブ滑りはあくまで地形都合です。
地形に合わせた瞬時の動作が求められるゆえに、コブでの連続ターンが出来るか否かは、「瞬時の操作」の障壁となる自己流をいかに修正できるかにかかっています。

実際、自己流をわずか2時間や4時間の講習時間内で修正しようと思えば、それは相当な労力と集中力と、忍耐力が必要になります。習う側も教える側もです。

おそらく、整地でのインストラクション以上に、しつこく、ねちっこく、反復を行わなくてはなりません。想像以上に時間と体力と気力が要求されます。

整地滑りのように、滑りながら修正を加えることが非常に難しい種目ゆえに、イントラが下まで滑って行ってはいどうぞ!とはいかないのがコブ滑走でもあります。
それゆえに、一定の効果を上げようと思えば、整地とは異なり、連続ターンではない、細切れで地道に、地味に、ひたすら同じことを繰り返し鍛錬するスタイルを採択せざるを得ません。

整地練習ではあくまで現状出来ることに手を加え改良を目指します。
しかし、コブは違います。なんせ出来ないことを出来るようにしなくてはならないのですから。

時にはできない自分にやきもきするかもしれません。
でも、出来ないことがすぐにできるようであれば、練習など必要はありません。

最初は上手くいかなくても、出来そうなことから少しずつ、成功率を上げていくことこそがコブの練習なのです。
そうやって私はこれまで600人ものスキーヤーに光明を与え続けてきました。

これからも粘り強く、熱血漢で進めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします

気になる(?)木島平コブ滑走訓練所のただいまのランキングは・・・・


にほんブログ村



=======================
木島平コブ滑走訓練所1泊2日キャンプ申し込み受付中
=======================

お問い合わせ、お申込みは
0269-82-4551(8:00~9:00/16:00~22:00の間にお願いいたします)
またはメール
miyukinoyh@nifty.com
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
中村英孝まで

2月1日21時現在のご予約実数(各回ともに定員6名)
*赤字は週末コース

*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

【2月】
3日~4日 3名*男女ともに空きあり
5日~6日 0名
7日 休講
8日~9日 2名
10日~11日 3名 *宿泊満員
12日 休講
13日 休講
14日 休講
15日~16日 プライベート先約あり
17日~18日 2名
19日~20日 2名
21日 休講
22~23日 0名
24~25日 3名
26~27日 プライベート先約あり
28日 休講

【3月】
1日 休講
2日 休講
3~4日 1名
5~6日 プライベート先約あり
7日 休講

以降十分な空きがあります

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


どうしてストックを前に突くのか?何のために先落としをするのか?どんな良いことがあるのか?そこが重要です
コブ滑走におけるさまざまなハウツー。
それらは全てがスキーを地面に張り付け、常時摩擦抵抗ならびに除雪抵抗を生み出すための方法であるといっても過言ではありません。

先落としをする
ストックを前に突く
五木ひろしになる
曲げ伸ばしを行う

20世紀初頭、ジェームスアレン氏により著された「原因結果の法則」という名著があります。

1. あらゆる「結果」は「原因」によってつくられる。
人生に偶然という要素はまったく存在せず、すべて「原因と結果の法則」に従って創られているという真実。
人格や環境、成功といった外側にあらわれる「結果」は、すべて内側にある「原因」によってつくられているというのが「原因と結果の法則」であり、この法則は「つねに絶対であり、ゆらぐことがない」と著者は説きます。植物が種から芽生えるように、私たちの行いも、内側で密かにめぐらされる「思い」という種から芽生えるものなのです。
つまり自分をとりまく環境を変えるためには、内側にある「種(=原因)」を改善しなければなりません。具体的には、あなたの内面にある「思い」が種となります。にもかかわらず、多くの人は「良い結果を望みながらも、その結果と調和しない思いをめぐらすことによって、その達成をみずから妨害しつづける傾向にある」とアレンは指摘します。

コブ滑りほど原因結果が明確な種目は存在しません。

コブにおいて目指すべき全ての運動はコブでの連続ターンの成功という「結果」を導くための方法であり、もしそこにネガティブな「原因」が存在すればそれはコブでの連続ターンを阻害するものとなるのです。

整地の滑りは、枝葉末節な枝葉の追求に陥りがちで、だからどうした?的技術指南が意外と少なくはありません。(例=ストックは軽く突く、ブーツの横に突く)
しかし、コブでは全ての技術指南はスキーヤーへ直接利益をもたらすものだということです。

本日ご参加のIさま。

コブはほぼ不能。


しかし一定の法則を整地で体感いただいたのち、細切れで訓練を重ね、「原因」を徹底追求した結果、このような結果が現れました。

 
気になる(?)木島平コブ滑走訓練所のただいまのランキングは・・・・


にほんブログ村



=======================
木島平コブ滑走訓練所1泊2日キャンプ申し込み受付中
=======================

お問い合わせ、お申込みは
0269-82-4551(8:00~9:00/16:00~22:00の間にお願いいたします)
またはメール
miyukinoyh@nifty.com
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
中村英孝まで

2月4日0時現在のご予約実数(各回ともに定員6名)
*赤字は週末コース

*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

【2月】

5日~6日 プライベート先約がキャンセルとなりましたので休講とし、12日~13日を開講日といたします。
7日 休講
8日~9日 2名
10日~11日 3名 *宿泊満員
12日~13日 空きあり
14日 休講
15日~16日 プライベート先約あり
17日~18日 2名
19日~20日 2名
21日 休講
22~23日 空きあり
24~25日 3名
26~27日 プライベート先約あり
28日 休講

【3月】
1日 休講
2日 休講
3~4日 2名*宿泊満員
5~6日 プライベート先約あり
7日 休講
8~9日 プライベート先約あり
10~11日 2名

以降十分な空きがあります

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル




手っ取り早い先落としの方法
コブ斜面の滑り方を語るうえで必ず出てくる「先落とし」

なんだか、高等で、難解で、ちょっと近づきがたいテクニックであるかのようなイメージをお持ちではありませんか?

確かに、テクとか、クラウンとか、受けても合格しそうにもないような雲の上の資格を目指す、超コアなスキーマニアにしか体現できない難しいテクニックだと私も以前は思っていました。

コブを乗り越えたら、すかさずトップを下げて、次の落ち込みを捉えるのだ!


などととてつもなく難しいことをさらりと言ってのける、デモのdvdにうんざりさせられた経験をお持ちのスキーヤーさんは数知れずでしょう。

トップを下げるって、どうやるんですか?
足首ががんじがらめにされているので、下がりっこないんですけれど。。。。
そんなことを考えている間にスキーが発射してしまうんですが。。。。

ごもっともな話であります。

先落としという概念を強要する前に、何故その動きが必要なのかをしっかりと説かなくてはなりません。


円いターン弧を描くとか、
スキーを止めない、流れるようなターンとか
太いシュプールを描くとか

dvdの演者はあくまで格好をつけようとします。

しかし原理原則はあくまで

コブはあくまで、止めてナンボの世界です。

止めるとは、つまるところ、減速操作を行うということになります。

止める方法にはいろいろあります。

1.まず第一に、摩擦抵抗です。
これはたとえスキーが直進していても働く原理です。

2.次に除雪抵抗です。
いわゆる「ズレ」というやつです。真横になれば最大抵抗が発生して最大制動となります。
0度から90度までの間で、いわゆる迎え角を操ることでブレーキ力を調節します。

3.さらに衝突抵抗です。
コブに落っこちる衝撃で働くブレーキです。

4.もう一つ付け加えるならば、たわみによる圧力(?)抵抗です。


これらの原理を活用し、4本の手足をつかって雪面に力を加えてブレーキを掛け続けるのですが、先落としがどれに相当するのかということについて補足しておきますと、おそらく1.に相当します。

コブ滑走におけるあらゆるテクニックはスキーを常に地面に張り付けさせておくための動きにつながっています。スキーが地面に張り付いていないことには、ブレーキの掛けようがありませんからそれは当然のことといえます。

では先落としがとてつもなく難解なテクニックかといえば決してそうではありません。

コブの中で簡単にその現象を体感できる方法をご紹介します。

一言


ストックを思い切り前に強く寄りかかるように突き刺す


ということにつきます。

これは岩渕隆二氏が唱える手法でもあるのですが、この手法を用いると、実に効果的に先落とし現象が現れることがわかります。


コブが上手いとされるスキーヤーのdvdを見てみましょう。

佐藤麻子
丸山貴雄
渡部浩二
渡部三郎

いずれも共通しているのは溝への着地の瞬間、しっかりスキートップ横に強く打ち込んでいるということです。
ただ打ち込むだけではなく、垂直の状態を保ち、腕全体で力を加え続けていることにあります。

え!?マジで?

とお思いの貴方。

マジです。

しかし本人はそうした感覚はあまりないと思われます。
何故なら反射的に自動的に行われているからです。

私たちがなぜ二本足で歩いているのか、その原理を正しく説明できる人がいないのと同義でもあります。


このような強い力の働きかけで何が起こるかというと、単刀直入、落っこちていく体を止める効果があります。
コブを乗り越えるときに減速が行われると、次の落ち込みに対しても、スキーが離陸することなく、すんなりと、なめるように下を向き張り付いたままになります。
自動的に先落としが行われ、摩擦を稼ぐことができ、次の落ち込みでの除雪抵抗、または衝突抵抗へとつなげることが可能になるのです。

特段、トップを下げるとか、お尻をブーツに近づけてくるとか、余分な動きをする必要はありません。
ただひたすら前に突き、寄りかかり、押さえつけ、まるで潰れた状態を上腕で引き起こしていくかのような力ずくの動作です。

前述の通りそうした動きはスキーヤーの中では無意識に行われているものですが、細切れで行うことで、その原理現象が、明確に結果となって表れてきます。

原因結果の法則。

コブではその法則がより明確に表れるので練習のし甲斐もあるというものです。

是非お試しください。(^^)

気になる(?)木島平コブ滑走訓練所のただいまのランキングは・・・・


にほんブログ村



=======================
木島平コブ滑走訓練所1泊2日キャンプ申し込み受付中
=======================

お問い合わせ、お申込みは
0269-82-4551(8:00~9:00/16:00~22:00の間にお願いいたします)
またはメール
miyukinoyh@nifty.com
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
中村英孝まで

2月4日0時現在のご予約実数(各回ともに定員6名)
*赤字は週末コース

*宿泊が満員の場合、通い受講も可能です。

【2月】

5日~6日 プライベート先約がキャンセルとなりましたので休講とし、12日~13日を開講日といたします。
7日 休講
8日~9日 2名
10日~11日 3名 *宿泊満員
12日~13日 空きあり
14日 休講
15日~16日 プライベート先約あり
17日~18日 2名
19日~20日 2名
21日 休講
22~23日 空きあり
24~25日 3名
26~27日 プライベート先約あり
28日 休講

【3月】
1日 休講
2日 休講
3~4日 2名*宿泊満員
5~6日 プライベート先約あり
7日 休講
8~9日 プライベート先約あり
10~11日 2名

以降十分な空きがあります

➡2018シーズン講習予定一覧

➡木島平コブ滑走訓練所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

別館ログハウスご予約受付中 *木島平スキー場徒歩3分
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル



プロフィール











コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク