【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
教程改定はコブ攻略の妙薬になるか??
長くスキーをやっているにもかかわらず、コブが出来ないスキーヤーがとても多い理由。
それは、コブを攻略するための基本が正しく伝わっていないからです。

スキー雑誌販売部数のテコ入れには必ず大々的に取り上げられる

コブ特集

しかし、どれもこれも初心者目線ではないものが多すぎます。

こらの特集はいったいどの程度のレベルのスキーヤーを対象にしたものなのかが非常にあいまいといえます。

コブが苦手な人
コブが出来ない人
コブが嫌いな人

さまざまなスキーヤーが存在します。

苦手の定義
出来ないの定義
なぜ嫌いなのか

まずはそのあたりを分析することが「マーケティング」になると思うのですが、実はその部分がかなりあいまいかついい加減と言わざるを得ません。

なので多くのデモンストレータ達がさまざまな技術論を持ち出し、あれこれ解説しています。

しかし、これほど多くの記述があふれていると、いったい自分がしなければいけないことは何なのか、出来ることは何なのか、全くわからなくなってしまいます。

客観的に分析してみましょう。

いま、最も基礎(?)スキーに熱中しているあろう日本のスキーヤー。それはおそらく2-1級あたりの人たちではないかと推察されます。
おそらくコブに突っ込むことが出来ない、乃至突っ込んでも暴走&脱線を繰り返してしまうというスキーヤー層です。

そうした人はまず自分から好んでコブを滑ることはしません。暴走をしまいとひたすら忙しいスキー操作を強いられ、はたまた転倒を繰り返すばかりで、疲労困憊に陥ってしまいます。
せっかくスキーに出かけてきたのに、わずか2-3本でヘトヘトになってしまうのであれば、あえて好んでコブに行くことはしませんよね。
コブを滑らなければ当然上達もしない。そんな悪循環に陥っています。

つまりこうしたスキーヤーの多くは

コブの中でブレーキをかけながら降りてくることが出来ない人

ということになります。

そうしたスキーヤーに対して

雑誌で多く見かける「コブ用語」である


先行動作
ひねり
ブロッキング
抱え込み
先落とし

などという高等なテクニック論は不要です。ほとんど無意味ともいえます。
しかし、残念ながら多くのデモンストレータが、そうした言葉を多用し、悩める中上級者を困らせています。

大原則はとにかく、コブの中で加速しないこと。つまり強いブレーキをかけながら降りてくる方法を的確に伝授することです。

例えば、コブ攻略のマニュアル本である

XXXXのスキー上達メソッド
バンクマジックファイナル

ハッキリ申しましょう。

つかっているボキャブラリーが乏しく、非常にわかりにくい解説です。やたらとスキー指導者向け専門用語が多く、その語句数が限定的です。
わざと難しく書いているのではないかと思うほどです。

文中には
体軸
横へのストローク
外力
弧を描く
推進力へ変える

といった言葉がやたらと登場。
バンクすべりのテクニックを十数ページにわたって解説している割には同じような表現と言葉が続きます。

その割に、コブ滑走で最も重要とされる

雪面を削る
ズラす
スキーを止める
ブレーキ

という言葉が一切出てきません。きっとXXXXはコブ滑走する際に「ズラして」「ブレーキ」する意識をあまり持っていないのでしょう。

でもそれを意識できないようでは、残念ながら、悩めるスキーヤーへの的確なコブ滑走指導などできません。


検定でのモデルケースを引き合いに出しての解説もまた怪しいものが少なくありません。


一昨年の「某誌」による1級不整地小回り攻略法


=====

合格に必要な要素

しっかりとスピードコントロール
安定したリズムと丸いターン弧を描く
正確なニュートラルポジションを意識
一つ一つのコブを確実に処理
横滑りの連続はマイナスポイント
狭目のスタンスをキープしてスキーの通るスペースを確保

=====

相変わらず独りよがりな抽象用語のオンパレードであります(^_^)

私流に意訳して単刀直入に言い換えるなら

縦のラインを削るのではなく
バンクラインを削りながらブレーキを掛け続けることで
余裕を持ってニュートラルポジションを通過し次のターンに備えましょう。
その際、足をぴたりと揃えてエッジングすることで、コブの落ち込み部分での左右の高低差が解消され、より強力かつ、安定した「削る」運動が達成できます。


と説明を付け加えます。

なぜブレーキを掛けるとか、雪を削るとか、コブでの制動操作が最重要課題であるにもかかわらず、それには全く触れていません。コブだけが苦手なまま取り残されてしまうのも無理はありません。


こんな記述もありました。


=====
コブ斜面だからといって操作の基本が変わるわけではありません。まずは切り替えで正確なニュートラルポジションを意識して安定した切り替えを行うようにしましょう
=====

ウチのお客さんが、とあるスキースクールで昨年、「コブでは整地とは逆のことをしなくてはならない」と言われたそうです。
にもかかわらず、雑誌の特集記事で取り上げられるような有名スキースクールが、真面目な顔して「スキー操作の基本が変わるわけではありません」だなんて、なんとも罪なことを言うものです。

簡単に「ニュートラルポジションを作ることを意識しよう」なんて言いますが、

滑っている本人は、ニュートラルポジションを作れないから困っているのです。
安定した切り替えができないから困っているのです。

それらを課題を達成するための指針を与えてやるのが、こうしたハウツー記事の役目のはずですが、それらの記述がどこにもありません。

答えはひとつ。ブレーキのみです。


=====

スピードを求めるあまりに、暴走気味になっているスキーヤーが多いのが気になる。

=====


勘違いも甚だしいですね(笑)
一級受検レベルにおいて、コブ斜面でスピードを求めているスキーヤー等存在するはずがなく、単に十分な減速ができずにバタバタコブを駆け下りているだけだということを、指導員が理解していないのは何とも痛々しい限りです。

不合格になったスキーヤーの写真のしたの一口解説記事についても、

ああすべきだった
こうすべきだ

そんな記述ばかりで、コブが出来ないスキーヤーの原因の核心を突くものではありません。

今季の教程改定をきっかけに、ぜひブレーキやポジショニングの重要性を熱く語って頂きたいと思います。

お願い致します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お褒めに預かり恐縮です
ひら様
お褒めに預かり恐縮です。一般人感覚であらわすとこういうことなのだろうというつもりで注釈してみました。微力ながら、スキー人口底辺拡大のため努力してまいりますので、今後ともご教示ご鞭撻をお願いいたします。
【2013/12/13 18:32】 URL | miyukinod #- [ 編集]


素晴らしい翻訳です。以前より、
拝見していましたが、おもわずコメントさせていただきました。今後も、素晴らしい記事期待しています。北海道在住の10年ほど前にクラ取得後、SAJとは、関わりのないフリースキーヤーです。
【2013/12/04 10:15】 URL | ひら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク