【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
誰に教わるのがいいのか
一般のスキースクールでコブを教わる機会はめったにありません。
グループレッスンになればなおさらです。

もし、運良くプライベートになれば思い切って「コブを教えてください」と切り出すのも手です。

しかし、前述の通り、コブを教えられないイントラも少なくありません。
準指導員レベルだとコブ滑走技術がかなり怪しい人もいますので、断られる可能性も大です。

コブ専門のスキースクールも私の知る限りでは2-3軒存在します。
かくある当研究所もそのひとつと自負しているのですが(笑)、もし近くにここ数年の間に1級乃至テクニカルに合格したという人が居れば、その人について回るのも手っ取り早い方法です。


ここ数年で1級以上を手にした人は、少なからずコブ克服のための苦悩を味わっていることが多いようです(コブなし1級検定で運良く合格した人は別ですが^_^)

自分がどういう過程でコブ技術をマスターしたのか、記憶が新鮮な人が実は一番頼りになる指導の出来る人だったりするものです。

有名スクールに所属するデモンストレータのプライベートレッスンを志願するのも手ですが、たとえナショナルデモであっても、コブを教えるのが上手い人とそうでない人がハッキリしていますので要注意です。

この数年、雑誌を見聞きした限りにおいて、ナショナルデモの中でコブ滑走理論を初心者目線で正しく解説できるのは目ぼしいところで

1. 渡部浩二氏
2. 宮下征樹氏

このあたりでしょうか。

誰に教わるかで、上達の度合いは天と地ほどの差が出るのがコブ滑走といえます。




にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
★ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
Re: タイトルなし
ばうさま
その通りでございます。(^_^)
あの頃のSG誌はよかったのですが、最近は専ら検定攻略誌面が大半を占めるようになってしまい、わたくし的には少々残念に思いますね~。
【2014/01/17 07:57】 URL | miyukinod #- [ 編集]


グラフィックの2011の3月号ですかね? (゚∀゚)ノいつもお風呂入りながら愛読してます。緩斜面と急斜面で滑りをかえていく点がわかりやすあです。またブログでポイントを教えていただければと思います
【2014/01/16 22:41】 URL | ばう #- [ 編集]

Re: はじめまして
ばうさま
いつもごらん頂きありがとうございます。
コブ滑走というのは、技術的に未熟な部分を自覚することが比較的容易であり、それゆえに、唯一自己鍛錬のみで、テククラレベルに到達可能な種目だと考えています。
もちろん私もまだまだ発展途上ではあるのですが、どこをどうすればいいのかが明確なので、練習のし甲斐もあるわけです。
スキーグラフィックに数年前に掲載された、渡部デモの記事は、私も全面的に支持しています。当時このブログ内の記事でも絶賛しておりますよ(^_^)おヒマでしたら探してみてください。
【2014/01/16 20:24】 URL | miyukinod #- [ 編集]

はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいてます。

わたしも決してコブが得意なほうではなく、昨年準指検定で滑り続けてようやく、とりあえず降りれるようになったしだいです。
近場でしたら、ぜひわたしも教わりたいところです…
わたしも渡部デモの教え方は、以前グラフィックで読んでかなり参考にもさせてもらいました
【2014/01/16 16:20】 URL | ばう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク