【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブは本数を稼いで慣れるしかないのか!?
コブはとにかく出来なくても数をこなして慣れるしかない。


多くの「出来る人」がそう言います。

しかし私はその論にはあまり感心しません。


スキーをはじめて履く修学旅行生に

スキーは慣れるしかない。

とにかく暴走しても、コロンでも、

立ち上がり、また滑れ。

いつか滑れるようになる!


なーんて指導は絶対にしませんよね?

はの字にして、ブレーキを掛けて、停まるところからはじめます。


その考え方がコブ滑走にも100%当てはまると私は考えます。

特に溝コブの厄介なことといったら、初心者にとってはもう、言葉もありません。(x_x)
整地で小回りパラレルが出来るのに、ただひたすら溝に突っ込んでいって、一切のターンが出来ないまま外に追い出されます。やってもやっても。何度試しても弾かれます。
つまるところ、止まり方が全くわかっていないのです。

これでは、超緩斜面ではの字が保てずブレーキが掛けられない修学旅行の中学生と全くおなじです。

スキーグラフィック2012年3月号53ページにこんな記事があります。


ガーラ湯沢所属の技術選上位常連女子スキーヤーMKさん

===

女性はスピードに対して恐怖感を抱く方が多く、コブの中ではいかにスピードを抑えられえるかが重要です。そのためには斜面に対して以下にスキーを横に向けるかが重要になります。コブの頂点でスキーを切り替えると同時に、足元をひねりスキーを横に向ける。これを早いタイミングで行えば横ズレが利用でき、結果コントロールの幅が広がります。それでもコブの中で止まれない!という方はまずは1ターンずつコブを削りながら止まることを繰り返す練習をしてみましょう。

===

コブが怖いのは別に女性に限ったことではないので、かなり誤解されているようです(^_^)
しかし、「止まれ」と明言しているだけでもかなり優秀な(!)指導者と評価したいところではあります。
ただ惜しむらくは、溝コブの対応方法が記されてはいません。

溝コブでどうやってブレーキを掛けるのか。

コブ初心者が一番知りたい情報は実はそれです。


でもなかなかスキー雑誌では紹介してくれません。

頼まれれば、タダでも寄稿しますが、いかがでしょう?SJさん。(笑)



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
★ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
出し惜しみはいたしませぬ(^_^)
hockarmさま
いつもごらん頂きありがとうございます。
良いと思ったことはどんどんこのブログで紹介したいと思います。わたしは決して出し惜しみはいたしません。ご期待下さい(^_^)
【2014/01/27 15:42】 URL | miyukinod #- [ 編集]


他の方もおっしゃってるように近ければすぐにでも教えを乞いに行きたいです。まったくコブが滑れず60過ぎてスキーを始め2年前に2級がどうにか受かったオジンより。
【2014/01/27 08:11】 URL | hockarm #- [ 編集]

テク
テクを受けると表明してレッスンを受けると、とにかく整地での「型」について非常に細かい指導を受けるのですが、コブについては結局は自助努力ですよネ。
コブは練習すればするほど明確に上達を味わうことのできる唯一の種目と考えています。自己練習のみで確実な上達と正しい運動が体得できるのが、コブ滑りのやりがいともいえます。



  
【2014/01/25 23:36】 URL | miyukinod #- [ 編集]


わたしもテクに挑戦してる身ですがコブが一番のネックです(´;ω;`)
整地小回りは合格点なのに…
やはりだんだん体が遅れてまわせなくなっていくんですよね
近場ならすぐにでも教わりにいきたいです
【2014/01/25 20:42】 URL | ばう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク