【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
【コブの滑り方】 ふと足元を見てみた。
パラレルになりたての頃、本当に自分のスキーが揃っているか、気になるあまりに、足元ばかり見て滑っていたという方も結構多いのではないでしょうか。
ある程度上達してからも、いわゆる「シェーレン」を気にして足元が気になることもありますよね?


コブでもやっぱり同じ。

ワタシも非常に気になります。


スキーが先落としされて、雪面を捉えているのか。捉えていないのならば、スキーの先端が、どの程度地面から離れているのか。

四六時中見ているわけではありませんが、やはり時々見てしまいます。ふと足元を。

でも

いつも足を曲げたまま滑ってカッ飛んでいる人は、きっと足元を見ることができないでしょう。
おそらく膝しか見えません。

でも

先落としのために


スキーを引き戻し
腰を突き出し
上体を引き起こす

そんな動作を実践しますと、ブーツの全体、そしてスキーの前半分が一瞬視界に入ってきます。
つまり、スキーが身体の真下にやってくるのです。これこそがコブの正しい姿勢といえます。

また

コブを滑るときは3つ先位を見ながら滑ると良い

といった解説を目にすることもありますが、これはちょっと難しいといいますか、初心者には少々無理があるのではないかと考えています。
いくら溝コブとはいえ、全てが規則正しく並んでいるわけではありません。
そんな先を見ていたら、突如やってくるピッチ変化についていけなくなる可能性があります。

ワタシは目前のコブを見ながら

強くブレーキを掛けるのか
バンクを行くのか
階段部分を削るのか

そんなことを瞬時に判断しながら、臨機応変に滑るようにしています。


それにしても今日のコブは降雨後のアイスバーン(x_x)
なかなか手強かったですよ。

でも天気が良かったので救われました。




【ただ今のコブ講習予約状況】

1月29日 *日帰りプライベート
1月31日 1名様
2月01日 *週末特訓4名様
2月02日 *週末特訓4名様
2月05日 *1名様
2月10日 *1名様
2月15日~16日 週末特訓2名様
2月21日 *日帰りプライベート

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
★ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク