【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
【コブの滑り方】 ~整地と同じ感覚ではない滑り方
コブは整地と同じ感覚で滑れると公言するテクニシャンは、おそらく初心者にコブを教えることは出来ません。
コブのテクニックとは直接的には関係ない「基本練習」ばかりを課して、結局受講者を満足させることができずに終わる可能性が大です。

テクニシャンは「同じ感覚」なのでしょうが、滑れない人は「違う感覚」だからゆえに手も足も出ないということをまず念頭に置く必要があります。

何故違うのか。

それは、いくつか理由があります。

超小回りをしなくてはならない
滑る場所が完全に決められてしまっている
斜度変化がめまぐるしい


SAJの推奨する整地の小回りは、昔のウェーデルンと違い、大回りの運動をそのままピッチを早くしたものです。
コブで必要とされる、捻り押し出しによる急ブレーキ的な小回りとはかなり運動要素が違っています。

なので、整地の小回りの感覚でコブを滑ることは不可能といえます。
少なくともSAJのレッスン頻繁に受講しているスキーヤーには大変な困難が待ち受けています。
少なくとも、昔スタイルのウェーデルンテクニック同等のものを駆使しなくてはなりません。

滑る場所が決められてしまっているのもまた整地とは全く違う感覚です。

整地のように、イチ、ニノ、さん!と自分の呼吸で滑ることは許されません。
整地ではたとえ後傾であっても、ブーツのふくらはぎ部分の硬いシェルが一定の姿勢規制をしてくれます。
ブーツの性能によってスキーを制御することが容易です。
しかし、後傾のスキーヤーにはコブの中での素早いターンの切り替えを行うことが難しいといえます。

引き合いに出してすみません。
本日受講のTさまの整地でのすべりです。



コブをより効率的に攻略するには、より前方へのポジションキープ、そして高いポジションからのスキーへの加圧が必要です。

モーグラーの西信幸は

ブーツのべろにすねを押し当てる感覚を重視している

と述べています。

直滑降で
スキーの反発抵抗と
衝突抵抗を駆使して

コブを滑り降りるモーグラーは、自分たちの感覚とはかけ離れたものかと思いきや、実はそうではなく、スキーを常に体軸の真下で操ることを求めている感覚は、私たちにとっても共感できる部分ではあるのです。

斜度変化がめまぐるしいのもコブならではの特殊環境といえます。
「登り」さえ存在するのですから、たちの悪いことといったらありゃしません。

多くのコブ初心者はそのような細かな斜度変化に姿勢が乱され、加速し、往々にして後傾となって、転倒することになります。
これをどうして「整地と同じ感覚」と言えましょうか。

そんな中でも、滑走時に求められるポジションにのシビアさについては整地の比ではありません。

多くの基礎スキーヤーは

後傾で
足が曲がり
猫背

のすべりをします。

頻繁にスキースクールを受講しているのに、意外とそうした滑走姿については駄目出しを食らうことが少ないように私は感じるのですが、如何でしょうか?
その理由のひとつに、イントラの多くが、レッスン中、受講生を下からしか見ていないという事実は無視できません。
つまり、お尻が下がっていることについてはあまり気にならないのです。


スキー雑誌においても、

二軸だの
ハイブリッドだの
ローテーションだの

コブのみならず、スキー技術向上の上で最も重要となるはずの「センターポジション」の重要性についてはあまり記述がありません。

やっぱりコブは整地とは違うんです。
違うのですが、考え方を少し変えるだけで、まずはコブを降りられるようになるための即席技術、そしてそれを自らの鍛錬によってより確実なものに変えていく方法が存在します。

だからコブ滑走研究所の講習を受けた方は、みなさんもれなく「変身」を遂げられ、自己練習の方法を体得されるのです。

そしてコブが上達すると、間違いなく整地のすべりも確実にレベルアップします。
安定的ポジションで、気持ちのいいターンを決められるようになります。

整地がうまくなりたいのなら、まずコブ。経験上それは間違いありませんネ。


【3日9時現在のコブ講習予約状況】
2月05日 1名
2月09日 1名
2月10日 2名
2月15日~16日 週末スペシャル3名(残席2)
2月20日 2名
2月21日 日帰りプライベート1名
3月07日~コブキャンプ5日コース 2名


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
★ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク