【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
【コブの滑り方】 小刻みターンのコツ
コブを攻略するためには、やみくもにターンしてばかりいてもあまり上達が望めません。
コブは昔から

習うより慣れよ

の定説に従い、とにかく

頑張って
踏ん張って
気合で
根性で

どんなにスピードが上がっても連続ターンを続けることが重要とされてきました。

でも、そんな練習は2-3本やったら後が続かなくなってしまいます。
練習に耐えうる脚力を温存することもまたコブのトーレニングにおいては重要です。

そこで大切なのが

1ターン
3ターン

の練習。

お尻が落ちた特に後傾の人の姿勢改善にもまた非常に役に立つ練習です。

しかし、単に細切れターンをすればいいというものでもありません。

例えば3ターンで完結させる細切れターンを練習しようとした場合、1ターン目を右外足(ミギガイソク??)で行うのか、左外足(ヒダリガイソク?)のかによっても練習の成果はかなり異なるものになってきます。

例えば右利きの人の多くが不得意とする右ターンを1ターン目に持ってきた場合、

1ターン目は停止状態から動き出しますので、あらゆる動きが比較的楽かつ正確に実行可能です。
2ターン目は得意な向きですから無意識のまま上手くいきます。
3ターン目は不得意な足ですが、そのまま外に出て行くだけなので、ターンの仕上げが雑になりがちです。

しかし、右外足を1ターン目とした場合、

1ターン目は得意な向きですから当然楽に決まります。
2ターン目は苦手な向きですから、ブレーキが弱く十分な接地圧が感じられません
3ターン目に入るときに2ターン目のブレーキの弱さにより、飛び上がるよな挙動を示しがちです。

右外足を1ターン目にしたときのほうが、結果的に難しい局面に遭遇する可能性が高く、よりスキー操作に気を遣う必要があるわけです。
間違いなく後者の方が練習のし甲斐があるということになります。

苦手な向きになると、ついつい次のターンへの切り替えを早めようとするあまりに十分な減速操作を怠ってしまいがちです。往々にして底に着地する前に次のターンへ向かおうとして、足が開いてしまいがちです。

足を伸ばした状態で常に底にしっかりと着地し

エッジングを最後まで緩めないこと


ジャーナル的用語で言うなら

ニュートラルポジションを作る

という意味に相当します。

昨日の講習でそんなお話をさせて頂いたところ、皆さん唸っていらっしゃいました。
結局、一方的かつ独りよがりの専門用語を多用した解説が、誰にも理解されていなかったということでしょう。

心当たりのあるスキー業界人は大いに反省すべきですね(^_^)


まあ用語の使い方は別として、やはり上記の意識はコブを攻めるときに非常に重要な要素であることには間違いありません。

特に苦手な向きでのこの動きを正確に行えるようになると、コブ滑走そのものが格段に楽なものになります。

是非お試し下さい。

●2月24日 9時現在の講習予約状況●

2月24日 休講
2月27日 日帰りプライベート 1名
3月01日~02日 満員
3月03日 休講
3月05日 1名
3月06日 1名
3月07日~12日 コブキャンプ5日コース 2名
3月15日~16日 週末スペシャル 受付中
3月21日~23日 3連休スペシャルは、21日のみ満員 *残席3 



=======

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク