【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ニーズと供給側の微妙なミスマッチ!?
当研究所の講習を受講される方の多くは、スキースクールの入校経験が豊富です。

にもかかわらず、思うような「気づき」を見出すことが出来ず、拙者のような素人に、「ひょっとしてコイツなら・・・・・」と、一縷の望みを抱いて入校されるケースが非常に多いようです。

いろいろなお話を伺うのですが、先々週の隣県にお住まいで、普段スキー場のリフト係に従事されているIさまのお話は考えさせられるものでした。


いわく



ウチでは少なくとも需要と供給のミスマッチが起きている。
うちのイントラは上から目線のヤツが多くて嫌いだ。


これは数年前から私が頻繁に紹介していた「危惧」にも似ています。


最初に申し上げておきますが、これは決して全てのスキースクールに当てはまるものではなく、また特定のスクールを名指しするものでもありません。
あくまでお客様の声に耳を傾けるにつけ、「そういうことが少なくはないのだな」ということを少し感じたに過ぎません。為念。  

例えば2年前にビデオレッスンを受けた方。
普段はナショナルデモが所属する北信越地区のスクールに頻繁に通っていらっしゃるとのこと。しかも毎回そのナショナルデモのレッスンを受けていたとそうです。

「そこでどんなことを教わるのですか?」

とお尋ねすると

「谷回を洗練させるために云々。。。。」とのお答え。

果たしてそのスキーヤーは谷回りを習いたかったのでしょうか?わかりません。

すき家に「牛丼」を食べに行ったのに、店員から猛烈に「カレー牛丼」を勧められ、結局そっちを注文してしまった。

まあそんなことは実際にはないのでしょうが、谷回り一辺倒現象はさしずめそんな風に例えられるのではないでしょうか?(笑)


私の話を黙って聞いていらっしゃる講習生の方へ



「みなさん、黙ってますが質問はありませんか?何故かスキースクールって先生に物言わない人が多いですが。。。。」

「どこも結構そうですよ。」


とお客様


先生の威厳に圧倒されるのか、上手い人には物言えない雰囲気がそうさせるのか。
スキースクールに入校しさえすれば何とかなるだろうと、先生に言われるがままの講習生が本当に多い気がします。

今年教程が変わり、おそらく多くの方が横滑りの練習を体験するケースが多いと思います。もちろんそれはそれでレベルアップのために重要なひとつの要素ではあります。

でも、皆が皆横滑りの練習をしたいわけではありません。初心者は別として、自分なりの欠点を認識していてそれを補うべく指針が欲しいと入校する中上級者は、別の部分にニーズを見出している可能性もあります。

グループレッスンなら難しいところもあろうかと思いますが、基本的には教程が変わったからどうだこうだというのはスキー教習にはあまり関係のないことです。

少なくとも、冒頭で有無を言わせず

今年は教程が変わりまして外足主導の云々、よって横滑りの練習をしましょう

などと講習をはじめてしまうイントラさんはチョット考え物です。


重要なのは、個々人の欠点を的確に見出して、それを矯正乃至、他の技術で補える部分がないかを検証し、結果そのスキーヤーの斜面対応能力を身につけていただくか。
それだけを念頭に、しっかりと気持ちに寄り添い教えて差し上げるのが一番大切なことだと思うのです。


=====

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村




●2月26日 9時現在の講習予約状況●

2月26日 1名
2月27日 日帰りプライベート 1名
2月28日 休講
3月01日~02日 満員
3月03日 休講
3月05日 1名
3月06日 1名
3月07日~12日 コブキャンプ5日コース 2名
3月15日~16日 週末スペシャル 受付中
3月21日~23日 3連休スペシャルは、21日のみ満員 *残席3 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
う~ん!?頂点かも?
普通のおっさんが極めて単純な技術論を簡単に教えて差し上げるだけなのですが、幸い(?)誰もそのことに触れないので、皆さん大変喜んでくだいます。

コブ仙人?
コブ博士?
コブドクター?
コブのキリスト?

滑る技術はまだまだ発展途上ですが、この2年間、ひたすらコブばかり、60名様&総講習時間280時間の指導経験で、ノウハウに関してはそこそこ自信を持てるようになりました。

お客様に成長させてもらったと思っています。(^_^)
【2014/02/28 07:55】 URL | miyukinod #- [ 編集]

何処にでもある話!!
栃木のたかさま

いつもありがとうございます。
昔からスキーが出来る人は出来ない人の気持ちに寄り添うことが出来ないのはある程度仕方のないことかもしれませんね~。
コブに関しては、子供の頃から出来る人はそうそうおらず、成人してから練習して技術をマスターしているケースも多いですが、かなりの割合で「スパルタ」練習により体得しているので、初心者に対しての合理的かつ理論的講習が展開できないのだと考えています。
【2014/02/28 07:17】 URL | miyukinod #- [ 編集]

う~ん!?頂点かも?
受講生が5~10名、1班と言うのが一般的なスクールです。
滑りのアドバイスを頂き、更に各自質問するとなると時間的にどうでしょうか?
(仮)所長の1~5名と言うのは少ない人数設定です。

(略)

先生の人格、経験値、指導力、受講人数、時間 、、、、etc
組み合わせにより、問題解決にはとても時間が掛かる難しい問題です。


どれを取っても所長はコブ講習指導に関しては、既に頂点に立ってしまったのかもしれません。 ^^

所長・コブ=ガンのスパードクター的な(瘤)
(コブつながり、うまっ、自画自賛^^)

既にスキー界のマイナス要素を唱える、必要がなくなったように思います。
さて、どうしますか?


※私にはキリストには見えませんでした、期待を裏切った、超普通のおっさん ^^
(テレビ出演感想、、、表現の事由 ♪♪  あっ!!ドクターになってるこぶの、、、)
【2014/02/26 22:05】 URL | 栃木のたか #- [ 編集]

何処にでもある話!!
指導員、更にデモとなりますと、生まれながらにスキーの出来る環境を経たか、運動神経が抜群で、苦労せずにその位置たどり着いたと想像できます。


(略)


努力せずに高い位置にたどり着いた人間、最短コースを通ると引き出しが少ないものです。

(想像におまかせ)

ゆる~く、行きましょう!!
慌てない、慌てない!

(仮)所長もニセ外国人様も人我も良く、優しいから多くの方が指示してくださるのですから^^

必ず大きな華が咲くでしょう♪♪
【2014/02/26 17:12】 URL | 栃木のたか #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク