【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
こぶの中のスイートスポットを探せ!
昨日紹介しました

バンクでのブレーキのかけ方

意外と難しいものです。

ブレーキをかける場所は思ったよりも狭く、少しのタイミングのズレで、うまくいかないことも多いかもしれません。

私はこの概念を

こぶの中のスイートスポットを探せ!

と名づけました。

「スイートスポット」にうまく合わせられると、

単なる横滑りでもなく
モロバンク滑りでもない

トップとテール両方が雪面に接触しながら
板がたわんだ状態で気持ちのいい削り感覚が得られます。

少し前にさかんに言われた

トップ&テールコントロール

という概念がそれに相当します。

しかしですね。

いまさらですが、スキー業界得意の(?)造語遊びの無意味さや、無用の誤解など、造語の存在がスキー技術伝達の障壁になっていることをあらためて実感します。

トップコントロールとは、

スキーの先端がターン始動時に真っ先に雪面を捉えていくさまを表していると思うのですが、一般的なスキー界の概念では、「コントロール」とはズレをともなったブレーキを意味するものです。
もしそうだとすれば、トップコントロールとは、スキーの先端をずらしながらブレーキを掛けるという意味にもなり得ますが、そんな動きが果たして可能なのかという疑問が浮かびます。

もしどうしても英語でカッコつけたいというのならば

トッププレッシャー
トップコンタクト

と表現すべきでしょう。

テールコントロールにしても、

テールスライド
サイドスリップ
テールスキッド

などと言う表現方法といったい何が違うのでしょうか?

何でもかんでもコントロール、コントロール、コントロール。
何でもかんでも 動かす、動かす、動かす。。。。

スキーを教える人は、お上が作り出したいい加減な造語は無視し、動きの違いに応じた、もっと適切な動詞を使っていただきたいものです。

ちょっと話がそれてしまいましたが、トップで雪面を捉える「コブのスイートスポット」探しに励んでいたら、ついついそんな愚痴を吐きたくなってしまいましたヨ。

本日の講習生さんは安曇野からお越しのKさま

講習前はバンクを飛びながら無理に回転していたのが。。。。。


講習後は「スイートスポット」を的確に捉えて気持ちのいいターンが決まるように変化しました。


イイネ!!(^_^)


=======

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



●2月26日 23時現在の講習予約状況●

2月27日 日帰りプライベート 1名
2月28日 休講
3月01日~02日 満員
3月03日 休講
3月05日 1名
3月06日 1名
3月07日~12日 コブキャンプ5日コース 2名
3月15日~16日 週末スペシャル 受付中
3月21日~23日 3連休スペシャルは、21日のみ満員 *残席3 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク