【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
【コブの滑り方】 バンクも縦ラインもストックのタイミングには大差なし ~バンク滑りの勘違い
バンクでどうやってブレーキを掛けるのですかという質問が多いことは以前にもご紹介しました。

最近でこそ、深く掘れてきて、あえてバンクを狙わなくともブレーキの掛けられる斜面が広い範囲で現れてきました。
しかし、そんな今こそあえてバンクを狙ってブレーキを掛けることにトライしてみましょう。

多くのスキーヤーが誤解している概念に「バンクを通る」「回しこむ」という言葉があります。

しかしこれらの操作では残念ながらブレーキは掛かりません。単に縁に沿って直滑降するだけのすべりになってしまい、遠心力によるブレーキのみが辛うじて暴走を食い止めているような状態です。

しかし多くの暴走スキーヤーはそんなすべりです。

そうした人のストックのタイミングを注視していますと、多くの場合、

相当遅れている

ということが断言できます。

バンクの縁は思った以上に遠くに存在します。
なので、滑っている本人も、最初からその遠くのバンクを目指そうとするので、結果ストックが遅れてしまうのです。

しかし、バンクを通るにしても縦目のラインを通るにしても、理想のストックのタイミングにはほとんど違いがありません。

回転を始めるタイミングは一緒ですが、溝への入射角度の違いによってバンク寄りなのか、縦目のラインなのかが決まります。


深くえぐれたコブでは、やはり手っ取り早いのは縦目のラインです。スキーを横に向けるだけで瞬間的な強いブレーキが掛けられるので、歪な地形下にあっても大きな安心感が得られます。

それに対してバンクラインは縦目のラインに比べて回転弧が大きくなり、どうしてもブレーキ力が最大になるまでには若干のタイムラグが生じます。しかも、積極的にテールで押し出す操作が必要になりますので、ブレーキを掛けているという実感が得られないままのスキーヤーが多いのだと考えられます。

でも言えるのは、バンクを行く場合もストックのタイミングは同じということ。

ストックを突き刺し向きを変えて

1.内側を削り落ちるか
2.外に向かって横ずれしながら押し出すか

その違いなのです。

=====

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●3月9日 9時現在の講習予約状況●
*各回ともに定員は5~7名となります。

3月10日 5名
3月11日 3名
3月12日 3名
3月13日 休講
3月14日 休講
3月15日~16日 4名
3月17日 2名
3月18日 休講
3月19日 休講
3月20日 休講
3月21日 3名
3月22日 3名
3月23日 3名
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク