【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックの構えクセを直すためにとにかく反復練習を
コブを滑るとフォームが悪くなります。

防御反応がもっとも顕著に出る姿勢です。

お尻が落ち
ストックが後ろに引け

全てが後ろへ後ろへと消極さが全面的に露になります。

特にストックの突き方については、連続ターンをすればするほど悪化します。
普段ストックを突かないクセが出来上がっている人はスピードが出れば出るほど突けなくなります。

しかし

ストックは回転のための必須アイテム。

ストックによる舵取りの自動化を目指していただくためには、やはり積極的に突き刺す動きを目指していただく必要があります。

デモのコブDVDで確認するとよく分るのですが、

コブの底に着地した瞬間に強く突き刺し
ストックがしなるほどに押し
押した力で上体を引き起こす

そんな動きが顕著に現れています。

着地と同時に突き刺す動作は、デモにとっては至極当たり前の行為のようですが、末端のスキーヤーはそれができません。

コブの頂点に突く

と習ったスキーヤーは往々にして突き刺すのが遅れます。突くのを待つ間にスキーは前進し加速してしまいます。

ワタシ的には突き刺す場所はあまり重要ではありません。

曲がりたいと思った時に
瞬時に
スキー先端の真横に


強く突き刺すのです。

コブ攻略の第一条件である
可能な限りスキーが直進している時間をゼロにする

という概念を体現するにはやはりこれが重要です。

間延びしてしまったコブでは瞬時に突き刺す事で軌道を内側にそれてしまう挙動が見られますが、そんな場合は突き刺すタイミングを調節できるよう鍛錬すればいいだけの話。

瞬時に突き刺すクセをまず身につけて、難攻不落のコブに立ち向かいましょう。


コブの底に着地した瞬間に突き刺すことが最も重要であるということを申し述べたいと思います。


土日に講習を受けられた和歌山県のスキーヤーさん。


ストックは前に強く突き刺すクセをつけて行きましょう!







=====

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●3月20日6時現在の講習予約状況●
*各回ともに定員は5~7名となります。

3月21日 5名*宿泊満員
3月22日 6名*宿泊満員
3月23日 満員
3月24日  2名 
3月25日  2名
3月26日  2名
3月27日 休講
3月28日 コブ指導者育成講習会 1名
3月29日 1名
3月30日 2名
3月31日~4月4日 休講
4月05日 余裕あり*タングラム斑尾にて実施
4月06日 余裕あり*タングラム斑尾にて実施

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク