【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックの長さの目安
カービングが主流になって以降、

ストックは短く
ストックは強く突かない

という教えが幅を利かせるようになりました。

ストックの概念はもちろんですが、そもそもあらゆる技術的概念やワザを開発(?)提言するのは、あくまでスキーが超上手い人です。

実はそこに大きな落とし穴があると考えています。

上手い人は多少道具にハンデを負っても、素人に比べるとそのハンデが大きなものとして実感する事はありません。
上手い人は多少のスキーの挙動の差があったとしても、自らの技術と適応力で如何様にもアレンジする事が可能です。

本当に上手い人は「スキーなんて何だっていいんだ」といいます。

短いストックを持たされても、すぐに慣れてしまって、違和感がやがて消えていくのだと思われます。
ストックを突くことなく滑っても、最初は違和感を感じつつもやがて自らのテクニックによって見事に適応します。
コブでは長いストックが有用なのですが、上手い人は短くても、そこまで違和感を感じないのでしょう(と推察される)。
足元操作に長けているので、多少窮屈感を感じながらもストック無しでもコブを滑る事ができます。

それ故にスキー雑誌等で登場するデモ解説において平気で、ストック無しトレーニングを課したりします。

コブに限らず、あらゆる斜面において、多くの末端のスキーヤーが外足の踏み込みが不十分なのですが、そんなことを顧みることなく、コブ攻略の秘訣はプルークでのコブ滑走等と、初心者には却って困難な練習法を唱えたりします。

上手い人が提言する技術の変化(?)は、実は末端のスキーヤーにとっては、思った以上に違和感と窮屈感、不快感をもたらす可能性があるのです。

ストックを突かないという概念。

一般大衆スキーヤーにとってどれほどすべりに重要で、かつすべりを快適にさせるものなのか。
検証した人はおそらくいません。あくまで上手い人が机上の理論だけで勝手に提唱しているだけの話です。

「ブレーキ要素が強い」などという概念も単なる机上での話。

足元操作に長けた上手い人は、ストックが多くのスキーヤーにとって自転車の補助輪の役割を果たすということに気づいていないと思われます。

ストックは短いほうがいいという概念。

短くした事で多くのスキーヤーのお尻が落ちてしまい、窮屈な姿勢を生んでしまった事をお上は何とも感じないようです。

スキーヤーは素直です。真面目です。
指導員の言うことを基本的には忠実に守ろうとします。

提言されるさまざまな技術概念に根拠があるかどうか、特別省みることなく忠実に守ろうとします。

どうか技術革新(変更)の際は、末端のスキーヤーの気持ちに立って十分な吟味を重ねて公式なものとして頂きたいと思います。

というわけで私流ストック長さのご提案です。

身長150~160cm未満 = 110cm以上
身長160cm以上170cm未満=115cm以上
身長170cm以上180cm未満=120cm以上

コブが相当楽になります。

本当です。世界が変わります。
だまされたと思ってお試し下さい。

 =====

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●3月20日19時現在の講習予約状況●
*各回ともに定員は5~7名となります。

3月21日 残席3
3月22日 残席3
3月23日 満員
3月24日  2名 
3月25日  2名
3月26日  2名
3月27日 休講
3月28日 コブ指導者育成講習会 1名
3月29日 1名
3月30日 2名
3月31日~4月4日 休講
4月05日 1名 
4月06日 1名

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク