【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
おしりが落ちた滑りが気になる今日この頃
1月9日以降、延べ120人ものスキーヤーにお供をしてきたわけですが、どうしても気になることがあります。

それは、妙に足が曲がってお尻が落ちた滑りになっているスキーヤーが驚くほど多いということです。

コブを滑るには、真上からの圧力が必須ですが、自ら足を曲げると、100%後傾になります。

ターン後半には、コブの底への着地により、自動的にあしを曲げられ、止むを得ず後傾になります。

しかし、その動きは、決して自ら積極的に行うものではありません。

整地で高速でもないのに、いつも足を曲げる滑りのひと。
スキー雑誌の読み過ぎ、デモのDVDの見過ぎの可能性大です。( ^ω^ )

残念ながら、一般のスクールでポジションについての駄目出しをされることはそう多くはありません。

整地では後傾でも大した問題にはならないからです。
あしを曲げてお尻を落として滑っても、下からしか滑りを見ていないイントラにはあまり気にならないからという可能性もあります。

当研究所の講習では、時々真横からの動画撮影をすることがありますが、あまりにお尻が落ちた滑りに驚愕する方も少なくありません。

また、技量に合っていないスキーを使用されているケースも多いように思われます。

コブ用スキーは必要ありませんが、少なくとも、1級程度のスキーヤーが、デモが使うようなトップ機種を使うことは、百害あって一利なしです。

見栄を張ったスキー選びにより、上達の芽を摘み取られてしまう可能性が、極めて大です。
スキー板は大は小を兼ねる事はありません。上手くなりたいなら、高額のスキーは不要です。

貴方なら此れ位のスキーも扱える

などと根拠もなくおだてようとする販売店も少なくありませんが、店員の口車にはくれぐれも乗せられませぬようお願いします。( ^ω^ )

コブ向きのハイパフォーマンスかつ、整地でのカービング性能の最大公約数を求めるなら、reismのKOBXがかなりオススメです。

かなりボロボロになってしまったワタシのKOBX。
次も同じスキーを買うカモです(^-^)


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


●3月31日6時現在の講習予約状況●

3月31日~4月4日 休講
4月05日 3名 *タングラム斑尾にての講習
4月06日 3名 *同上

*週末コースの最終回は4月5日、6日。
タングラム斑尾の比較的斜度のゆるいこぶ斜面が練習場となります。(上級コースコブ斜面は閉鎖)
初心者の方も安心してお越し下さい。



スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク