【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
画期的だと思う「コブの教え方を教えます」
ウチ門をたたく方の多くから聞かれる声として圧倒的に多いのが

コブレッスンを受けるものの、周りは結構上手い人が多い

ということが挙げられます。

昨今、スキースクールは二極化が進んでいるように思われます。

第一グループ= 初心、初級者
第二グループ= 結構上手いスキーマニア

中間層があまり存在しないように感じられるのは私だけでしょうか?

第一グループに関しては、主導権は完全にイントラです。上達させるための方向はだいたい一つに決まっています。
講習内容についても、至極基本にのっとり、パラレルをマスターさせるべく講習を進めていけば良いと思われます。

しかし第二グループは少々やっかいです。

あまりに上手なので、何を教えたらいいのかよくわからないというケースが実は少なくはないのではという気がします。
もちろんプライドの高いイントラですので、自信たっぷり堂々とレッスンを施すわけですが、突き詰めて問うていくと、

「難しい」

ということを吐露するイントラは決して少なくはありません。

しかし講習を受ける側にも問題があります。

これを読んでいるスクール好きのスキーマニアの皆さん。
受講の際、自分が目指しているもの、直したい欠点を明確にイントラに伝えていますか?

昨日述べたように、黙りこくっている人がいるのではないですか?
言われるがままに受け身な受講に終始していませんか?

それではイケマセン。

もし黙っていると、昨年までならひたすら「谷周りの洗練」のための練習に終始させられたというケースが頻発していたかもしれません。
もし受講者本人がそれを望んだのならOKですが、もしそうでないとすれば問題ありです。それはイントラではなく、むしろ受講者側の問題といえるでしょう。

何も言わず黙ってレッスンを受けておきながら、ハイブリッドは駄目だの、谷回りオンリーだなんてあり得ないだの、後になってから文句を言うのは良くありません。

技術レベルが上であればあるほど、受講する際は何を習いにきたのか?どこを矯正したいのか?それをハッキリと伝えるべきです。

それこそが受講者とイントラの信頼関係を築く第一歩にもなり得るのです。



当研究所にもかなり上手な方がお越しになります。
指導員クラスの方もたくさんお見えでした。

教えることなどほとんどない

そんな上手な方もお越しになりました。

基本的にウチ狙いは2つ


コブが全くできない人を自己練習できるレベルに引き上げること

連続ターンができない人をできるようにさせること


この二つです。


冒頭に触れました、「結構上手な人が多い」のケースは、自己練習を繰り返せば自然と上手くなる人です。私の感覚で申し上げるならば、講習など受ける必要はありません。

もし、どうしても受講したいというのであれば、次の段階として

コブの滑り方の教え方

を学んでいただきたいと思います。
コブが全くできない人を次々に覚醒させるその面白さは、痛快そのものですから(^-^)


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク