【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ターンの左右不均衡について ~コブが苦手な(できない)人が多い理由は簡単 ①
左右ターンの得手不得手について、人気ブロガー「ニセ外人さん」がリサーチの結果について書いていらっしゃいました。

個人差はあると思うのですが、右利きのワタクシ、苦手な向きは「左ソトアシ右旋回」なのです。
ワタシ的には苦手な向き、それはイコールブレーキが弱い方だと考えます。

たとえば急に進路上に誰かが飛び出してきて非常停止を余儀なくされたとき、とっさにブレーキを掛けようとする足が得意なアシです。

私は長らく左ソトアシ右向きが超苦手でした。

まだ2級前後の頃、たとえば木島平の超急斜面、パイオニアコースを下るときはいつも左に向いて、ひたすら右荷重を使ってブレーキを掛け降りてきました。なので左に向いて突き当たったあと、右に向きなおらなくてはならない時のイヤなことといったら言葉もありません。

私が初めて木島平でスキースクールを受講したとき、担当だったカモシカ先生は、一発で私の左右不均衡を見破り、

君は右にターンしようとするとき、荷重を掛ける前に内側へ倒れ抜重してしまっている。
それでは正しいターンはできない。

そう一刀両断したカモシカ先生は、私の両手をつかみ、いわゆるひねりの姿勢を作らせて谷側へグイグイ引っ張るのです。

もっと谷へ。
もっと谷へ。
まだまだ山側に倒れようとしている。
ダメだ。
もっと。
もっと。

カービングスキーを装着していれば、いわゆる荷重が不十分であっても、適当に内倒させれば勝手に曲がります。もちろんパラレルで。
しかし、寸胴スキー時代だと苦手な向きでは荷重が不十分でなかなかパラレルにはなりません。
どんなに頑張っても、シュテムが抜けきれず、イライラが蓄積したものです。

整地では超ウマイ人がコブに入ると別人に変身してしまうその理由。
未熟な技術に気付きにくい、実はカービングスキーという道具によるところが非常に大きいのです。

今こそブレーキの重要性。
曲がるのは誰にでもできます。
スキーがやってくれます。

しかし、コブを含め、安全かつ自由なスキー操作を手に入れるため、ブレーキを自由自在に操れることこそ大いなるレベルアップにつながるということを今一度確認いただきたいと思うのです。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク