【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
これまでの人生でスキースクールに入校した通算回数
数あるスポーツの中でも、スキーほどスクール依存スタイルのレジャースポーツもないのではないかと思われます。

登山スクール
ありますが、さほど需要はありません。

スイミングスクール
ありますが、単発のレッスンなどほとんど存在しません。

ゴルフスクール
これまた単発のレッスンはごく少数派。

野球スクール
聞いたことがありません

テニススクール
かなりメジャーですが、スイミング同様メンバーになって長期間の通うスタイルです。

スキースクールがかなり特殊な業態であることがわかります。


スキーに出かければ必ずスクールに入る人も少なくはないようですが、かくあるワタクシ。
自慢するわけではありませんが、これまで有料のスキースクールに入ったのは4回のみです。

1992年1月
草津高原ユースホステル主催週末2日間コース

2007年2月
木島平スキー学校 担当:カモシカ先生

2008年2月(2級検定直前)
木島平スキー学校 担当:ツボネ先生

2009年2月
木島平スキー学校 担当:芳次郎先生

よく

「自己流はイケナイ」
「自己流では限界がある」

などといわれます。
しかし、私思うに、決してそんなことはないと思います。
2009年の1級取得後はひたすら自己流で練習しコブを攻略しました。コブを教えられるだけの指導技術も身に付けました。

スキーにおける技能アップとは、どうすれば難しい斜面に対して自由が得られるかということに尽きるわけでして、自己探求によってそれを体得できるのであれば、必要以上に人様の教えを乞う必要はないという考え方です。

コブでコケまくる。
どうしたらコケないのか。

ひたすら考えて研究し、試行錯誤を繰り返すのです。

そして現代においてはビデオ撮影という強力なツールが存在します。
人に教わらなくとも、滑走姿を撮影すれば、何処がいけないのか、どう修正すればいいのか、それなりのヒントが掴めます。

基礎スキーと呼ばれるジャンルにおいては、上を目指せば目指すほど非常に繊細で感覚的な側面もあり、修正するには相当な労力と時間が必要です。特に重箱の隅を突くかのごとくダメ出しを連発されるプライズテストにおいてはなおさらです。

しかし、イントラによって言うことはまちまちで、スクールのウケすぎは時として上達の機会をも摘み取られる可能性もあります。

上達のためには何よりも自己練習。そしてビデオ撮影。

そして時々、自分の信頼できる決まった人に、的確な指示を仰ぐというスタイルがいいのではないでしょうか。

コブ滑走研究所では、「手も足も出ない」という方を、たった一日で自分で練習できるレベルに引き上げることを最低限のミッションとしてレッスンを展開させていただいています。

気に入らなければお金は全額キャッシュバック。

昨シーズンも来シーズンも。

全く同じコンセプトで、悩めるコブ不能スキーヤーの救世主となってみせましょう。(^~^)

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク