【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
新潟市まで行ってきました
昨日は日帰りで新潟市まで行ってきました。

往きはクルマで、帰りは18きっぷでという変則パターン。

お客さんの朝食を出したあと、7:20にYHを出発、ジョモで給油してから富倉街道、新井、柿崎へ。

R8号を海沿いに走り、柏崎からシーサイドラインに入ります。実は新潟市へ向かうルートの最短時間はこの海沿いの絶景路なんです。

出雲崎、寺泊などの名勝を通過、ほとんど信号のない快走路である上に、空気の透明度が抜群のこの日、佐渡島が手に取るように望めました。

新潟市に入り、高山ICから新新バイパスを通ります。ご存知のとおり、超お得な無料ハイウェイ。
結局目的地まで180km、時間は3時間45分という快調なペースでした。

用事を済ませたら、新沢駅からJRに乗って、北上。 9月に某氏と出かける米坂線録音&撮影乗りつぶし旅の予行演習へ。
yDSC_7861.jpg

乗車区間はほんのわずかの越後片貝まででしたが、非冷房車の古きよき汽車旅を少しだけ味わってきました。
yDSC_7872R.jpg
越後片貝にて *草の生え具合が堪りません!

新潟に戻り、乗り換え時間を利用して駅そばを食べます。
y20080826521.jpg

冷やし山菜そばを選びました。
y20080826520.jpg

y20080826519.jpg

が、たかが駅そばと侮ってはいけません。冷凍麺なるも、驚くべきコシがあるんですヨ。しかも大盛りは+100円で麺は2玉!

新潟駅で乗り換える時は、ホームの立ち食いそばをお試しください。ホント、お勧めですよ~。

新潟駅からは快速くびき野に乗ります。快速とはいえ、停車駅は特急とほとんど一緒、しかも485系特急車両。

1976年製の古い車両なるも、私個人的には電車特急の中では一番乗り心地が良いのではないかと思っています。 
y20080826523.jpg

新型車両(あずさ、しなの、はくたか、雷鳥など)は足回りは確かに良好ですが、軽量化によって、遮音材がかなり省略されている印象なんです。うるさいわけではないのですが、レールの継ぎ目の「ガタンゴトン」という音がよく聞こえます。

それに比べ、485系の乗り味はずっしりと重く、分厚い遮音材がふんだんに使われている感じでして、落ち着きがあるんですね。継ぎ目の音についても遮音材効果によって、特に高い周波数の音が完全にカットされています。 ICレコーダで音を拾ってみても、列車の走行音であることがまったくわかりません(X_X)

夕暮れの越後平野
y20080826522.jpg

直江津には19:00に到着、すぐに折り返して隣の黒井駅へ。

え!?何故黒井駅に?

続きはこちら
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク