【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
何故コブでは傾いてはいけないのか。その理由を的確に説明いたしましょう
コブでは傾かない

よく聞かれる指導文句です。

まさにその通りです。

でもその理由を物理的かつ合理的に説明している媒体をあまり目にしたことがありません。

ではワタクシが説明申し上げましょう。

コブで傾かないことが何故いいのか。

傾くと角が立ちます。つまりエッジが雪面に突き刺さります。突き刺さるとスキーは前方に向かって進もうとする動きになります。つまりカービング的な挙動を示します。

自分はコブではブレーキを掛けたいのに、スキーは前に向かって進む。

具合が悪いですよね?

この点については以前にも述べたことがあります。

でももう一つ忘れてはいけないことがあります。

傾かない、つまり垂直状態を保つ一番の狙いは、力のかかる向きが鉛直方向となることで、自分の体重を最大限に雪面に押し当てることができること。
つまり、いざというときには、足の踏ん張りによる荷重だけでなく、鉛直方向への重力を活用した(ヤナ表現だな~^_^)最大限のブレーキングが可能となるからなのです。

傾いてしまえば、力のかかる方向がどうしても分散してしまいます。
足でどんなに踏ん張ったとしても、垂直方向への荷重に比べればどうしても脆弱なものになってしまいます。

結果ブレーキが弱くなってしまうのです。

そうした傾き姿勢を防止し、よりブレーキを強めるために活用するのがストックです。
思いきりストックを突き刺し、寄りかかり、ラッカ運動を阻止する。コブ滑走研究所の基本理念でもあります。

上手いスキーヤー(指導者)は、あれこれと複雑な技術論を展開しがちです。
しかし、コブを克服したいスキーヤーにとって忘れではならないのは、

コブにおけるすべての操作、心構えは効率的なブレーキのため

ということ。


どうぞお忘れなく。。。。。。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク