【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
基礎スキーは宗教に似ているかもしれない。でもこれだけはお願いしたいのですが・・・・・
先シーズン、延べ100名以上のスキーヤーさんに受講いただきました。

整地小回りさえ怪しい方から、何を教わりに来たのかなという驚くほど上手な方、はたまた指導員の資格をお持ちのエキスパートまで。

指導員クラスの方はコブを滑り方を習うというよりも、コブテクニックの教え方について多くを学ばれたケースが多かったのではないかと思います。

もちろん当研究所はそうしたニーズにも喜んで対応しています。
なにしろ、世の指導員研修会では「コブの教え方」については全く教えてくれませんものネ。(^_^)

そんな中、身分を隠して第三者からの依頼による「偵察」目的で参加されたのではないかと思われる方が数名おいででした。
根掘り葉掘りお尋ねするわけではありませんが、一端のスキーマニアのワタシには何となくわかります。

もちろんそんな方も大歓迎です。

ただ、そうしたかたは自らの意志で参加されている訳ではないので、どちらかというと斜に構えていらっしゃることが多いように感じます。

ストックを長くして
ひたすら強く突き刺し
ストックに寄りかかり
ブレーキをかけまくれ

そんな聞いたこともない違和感たっぷりの指導法。普段習っている師匠の教えとは全っていたのでしょう。

ある方の場合、どうも私の論が受け入れられないような感じを受けたこともありました。

スキーマニア(レッスンマニア)は先生の講釈に対していちいち質問するという習性は持ち合わせておらず、ひたすらダンマリを貫き通す人が多いということを以前ここで述べたことがあります。

しかしそれではこちらとしては困るので、「わかりますか?質問ありますか?わからなければ遠慮なく遮ってください」とお願いするのが常となっている私の講習です。

しかしその方。

理解していなさそうなお顔をしていらっしゃったので、「お分かりですか?」と尋ねたのですが、ただひたすら首をかしげるばかり。分かったとも、分からないともおっしゃいません。

最後には「理解できているのか、出来ていないのか、それさえも分からない」そんなことをおっしゃいました。

動くとか
コントロールとか
骨盤とか
ターンコとか
バランスが云々とか

SAJで頻繁に使われる業界用語の一切を封印し、可能な限り抽象的かつ観念的表現を排除してお話しているつもりなので、これ以上分かりやすく話せといわれても正直不可能です。
残念ながらそれ以上の対処のしようがなく、非常に困ってしまったというのが正直な気持ちでした。

その時私は思いました。

基礎スキーとは一種の宗教のようなものではないかと。

自分の信じる師匠が絶対的存在であり、尊師でもあります。
右向け右的体質をもつ基礎スキー業界。
以前有名ブロガーさんが「基礎スキーは洗脳されやすい」という記事を書いていらっしゃいましたが、まさにこのケースは「洗脳」がもたらした拒絶反応ではないかと思うのです。

尊師から「偵察に行け」と命じられ講習を受けたものの、やっぱり違和感たっぷりで拒絶反応が起こってしまった。

そんな事件だったのではないかと思うのです。

受講の目的は何でもOKです。偵察でも勉強でも、純粋に技術の向上目的でも。

しかし

理解できたか、できないか。
どこがどう理解できないか。

それについてはしつこい位お尋ねしますので、どうか包み隠さず正直にお話しいただきたいと思うのです。
受講されるスキーヤーと講習を提供する側の信頼関係こそが一番重要だと考えているワタシからの切なるお願いです。

よろしくお願いいたします。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク