【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
検定が上達の芽を摘む恐れあり
検定攻略記事を見ていると、整地種目はもちろんですが、コブ種目でさえ、本質とは無関係な重箱の隅を突くような駄目出しに辟易するばかりです。

ストックの突きすぎはいけない等と、ワザとコブ攻略を困難にさせてしまう方法論を指南したり。

密脚はコブ攻略の大前提であるにもかかわらず、狭すぎるスタンスが欠点だと一刀両断したり。

コブでは皆ストックを強く突いているではありませんか。
ナショナルでものK木氏は数あるデモ中でも、スタンスの狭さでは1-2位を争います。

ナショナルデモは閉脚OKで、一般人はNG?

閉脚が内旋の妨げになっているだなんて、そんなこと安易に断言してしまって良いのですかね?

検定の過剰な外見偏重主義が、基本を逸脱させる可能性をはらんでいます。

閉脚はそれはそれで個性の範疇です。

無意味(?)な駄目出しが上達の芽を摘む可能性が見え隠れする検定攻略記事。

指導を乞う相手が、いくら上手なスキーヤーだからといって、くれぐれもアドバイスを鵜呑みにするのはイケマセン。

あと

悪い見本を示して見せようと演ずるデモ。

上手い人がどんなに悪く見せようと頑張ったところで、悪例を再現するなど不可能です。
ハッキリ申しまして、大袈裟すぎて説得力を持たない例が多すぎます。

未熟なスキーヤーをバカにしているように感じてしまうのは私だけでしょうか?

こんな人居ないよね?


こんな人も


大体、「ミス」という表現がおかしいですよね?
ミスってのは、本来できるところを、何らかの要因で出来なかった、「ミステイク、失敗」したってことでしょう。

しかし、基礎スキーにおいて引き合いに出される「ミス」は、実は失敗などではなく、、明らかに技術不足によるもの。
したがって、こうすべきだ。ああすべきだ。という指導は、根本的解決策には触れずじまいであり、結局のところ指導になっていないのであります。

なので、こういう場合、「ミスケース」と表現するのではなく「良くない例」と表現すべきなのです。

コブでこんな格好して滑っている人います?


居ないよネ?


こんな人も。

こうした大袈裟な「ミスケース」再現を見るにつけ、この指導者は出来ない理由を勘違いしているのでは? と感じてしまうのです。
結局上手い人はできない人の気持ちを理解するのは難しいのでしょう。
昔の記憶を呼び起こせと言ったところで、小学校低学年かそれ以下の少年時に経験したであろう、「できない自分」の記憶など残っている訳ないか。。。。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク