【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
理論試験というよりも。。。。
指導実技が存在しない指導員検定試験も如何なものかと以前指摘しました。

そこで気になる学科テストの過去問題を調べてみました。

内容は大まかに


トレーニング概論
スキーヤー心得
指導員心得
気象知識
医学知識
スキー運動力学概論
自然で楽スキー論

の7分野に別れることがわかりました。

また、それらの設問分野ごとにならぶのではなく、バラバラに繰り出されます。

しかし、指導員心得に関する設問はあれど、肝心の指導技術論についての設問がありません。
自然で楽理論は指導技術ではなく、あくまで「概念」についての理論。
自らの指導実技には全くリンクしません。




問題&回答抜粋


11.トレーニングの計画立案の原則と条件を4つ記せ

1系統性と漸進性の原則
2科学性と創造性の原則
3適合性と反復の原則
4意志性の原則


→意味を理解して回答する人がいるのかな?


左図より身体の体幹部であるコアと呼ばれる筋肉を5つ記せ。

1多裂筋
2腹横筋
3横隔膜
4骨盤底筋群
5大腰筋

→指導員に医学用語は不要でしょう。


48.指導のあり方についての評価で、良いスキー指導とは何か4つ記せ。
1精一杯運動させてくれた
2技や力を伸ばしてくれた
3友人と仲良く学習させてくれた
4何か新しく発見させてくれた

→もしコレを真に受けるならば、2時間で2本しかリフトに乗せないエキスパートレッスンのイントラは良くない指導員ということになりますョ( ^ω^ )



自然で楽なスキーについて述べている。空欄をうめよ。 自然で楽な(スキー(HYBRID SKIING)の展開は、最初から(谷回り)の連続で行いま す。この(谷回り)の連続によるパラレルターンは、(粗野な(crud))ものから(精錬された(refined)ものへ発展していきます。

→「精錬」を「洗練」と回答したらアウトなんでしょうかね?


見渡してみての印象は

指導員心得は、どちらかというと「学校団体」向け。


自然で楽スキーについて、相当微に入り細に入り答えさせていますが、教程への執拗なまでの拘りが垣間見えます。


やっぱり指導には無関係な無駄な言葉遊びが過ぎるような。。。。

文法、英作文、発音、イントネーションの正確性を試すスピーチテストはあっても、会話コミュニケーション能力テストのない英語検定と似ているかもしれません。

あ。英検にもTOEICにも会話力テストはないか?( ^ω^ )


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク