【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
最初はゆっくりで、徐々にスピードを上げて? 逆でしょ?初心者にとっては
コブ指導によく見られる解説



最初はゆっくりとしたスピードで、一つ一つのこぶで正確にターンを描くようなイメージで行ってみましょう。
横ずれを使いながらスキーにしっかり重さを乗せて小さいスペースでスキーの向きを変えていきます。
この段階では一つ一つのコブでターンの流れを止めるイメージで構いません。
その中で、コブ斜面が教えてくれることをしっかりと理解することができれば徐々にスピードを高め、ターンとターンをスムーズにつなげて滑ることができるようになるはずです。


一言でいうなら

最初はゆっくり
慣れてきたらスピードを上げる


しかし

申し訳ありませんが、真面目な顔をしてこんな解説をするイントラさんは、根本的にコブ指導の修業が足りません。
初心者が何故コブが出来ずに困っているかを理解していないといえるでしょう。

ゆっくりできるなら誰も困りません。
切り替えの局面で停止が出来る位ならすでにコブ名人です。

ワタシならこう言い換えます。



最初はスピードが出てしまうかもしれませんが、できるだけブレーキを強める意識で
最初は1ターン
それを繰り返し、とにかく足裏の抵抗感を強めていく意識を持って何度かトライしましょう。
軽々1ターンで止まれるようになったら2ターン。3ターンとターン数を増やしていきます。
そして慣れるに従って、ターンの速度を限界まで落としていきましょう。
最終的には2-3ターンを続けたうえで、最後のコブ底で停止が出来れば文句なしです。
ワタシでも結構難しいですが。。。。



ご覧の通りアプローチの仕方が正反対です。

でもこちらが初心者に向けての指導としては自然です。

最初は誰でもブレーキがかかりません。すぐに破たんします。
破たんさせないためには、1ターンごとの強いブレーキングです。

削る場所はコブの向こう側の落ち込み部分
乃至
大外に出来たバンクの「すり鉢」状の斜面です。

そのどちらかにスキーを強く押し当て削り取るのです。


言っていることは至極単純ですが、それが難しいからひたすら練習を重ねなくてはならないのです。

今年こそコブ克服。

コブ滑走研究所は悩める貴方の味方です。

なんせ5年前までコブ滑走能力完全ゼロでしたから。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク