【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキー雑誌のコブ解説は本当に「ちょっと滑れる人」向けか?
木島平のヘタクソ(^_^)が主宰するコブスクールは完全初心者向け

スキー雑誌のコブ解説はちょっと滑れる人向け


対象が違うのにやみくもに雑誌を批判するのは如何なものか?


そんなご指摘を受けました。

しかし本当にそうでしょうか?


私思うに違うと思います。

コブが苦手な人とは
1.自ら進んでコブに突っ込んでいこうとしない人
2.あえて突っ込んでみるものの、全くブレーキがかからず1-3回で即脱線する人

を意味すると考えます。

「苦手」と「上手でない」は違います。
上手ではなくとも、ガンガンコブに入っていく人はたくさんいます。

そうした方はある程度はブレーキの掛け方を心得ている人です。
掛け方がわかるので、さほどコブを怖いとは思いません。

ただ、タイミングが微妙に遅れてしまっているので、急な斜面だと完走するまでには鍛錬が必要な人です。

しかし、そうした人はきっと「コブが苦手だ」とは言いません。きっと

全然上手くはないけれど好きですよ

と答えるでしょう。


ではスキー雑誌のコブ技術解説。

確かに少し滑れる人向けの者も少なくはありません。

でも、「苦手な人」向けの記事もたくさんあります。

たとえば特集記事の表題にこんな文字が並ぶことがあります。

もうコブを避けない!

コブは怖くない!


コブを避ける人はコブでのブレーキがかけられない人です。つまりほとんどターンのできない人です。
コブを怖いと思う人は、コブに入ると転んで怪我をすると感じる人です。つまりブレーキが掛けられずコースアウトする人です。

以前から何度も触れていますが、コブにおける恐怖心とは、単にコブの地形が怖いのではなく、歪な地形によって身に危険がおよび、転倒して怪我することを予見した大脳の防衛反応です。

なのでこうした表題のコブ攻略記事は「コブ不能者」つまり私の講習対象となるスキーヤーと同じであるということがわかります。

スキー雑誌のコブ解説記事が、初心者を対象としているものも決して少なくはないということがお分かりいただけたでしょうか。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク